Category : ■未分類

闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

メルマガ「闇株新聞 プレミアム」のお知らせ

2017年06月25日

メルマガ「闇株新聞 プレミアム」のお知らせ


 予定通り6月26日(月曜日)の夕方に配信します。

 予定内容です。


メインテーマ 1 なぜ本誌はFRBの保有資産縮小に過剰反応しているのか? その2

 リーマンショック以降の世界経済が順調に回復しているわけではない中で株式市場だけが大幅に上昇している唯一の理由は、未曽有の金融緩和とりわけ量的緩和だったはずです。

 それをリードしたFRBの量的緩和が縮小される方向がはっきりと示された影響は「小さいはずがない」と考えて書き始めたシリーズの第2回です。

 その方向が示された6月13~14日のFOMC後も、世界の株式市場はとくに下落する兆候が出ているわけではありません。

 しかしここで世界の金融緩和・量的緩和が株式・為替・国債市場などに与えてきた影響を改めて検証することにより、それが「元に戻る過程」の影響を考えてみることは決して無駄ではないはずです。またそうすることにより改めて見えてくることもあるはずです。


メインテーマ 2 時価総額が史上最大となった世界の株式市場に死角は?  その3

 先週から中断していた「本来のメインテーマ 1」ですが、中国、資源国・発展途上国の部分だけが残っていましたので、完結させます。したがって今週だけメインテーマが2題とも「マクロ」になってしまいますが、ご了承ください。

 中国はもうとっくに金融を引き締めており、資本流出規制と合わせて為替政策を微調整しています。また最近になって資源価格は、原油だけでなく全般的に大きく下落しています。

 そんな中で中国や、資源国・発展途上国の株式市場も比較的落ち着いている「危うい均衡」などを解説します。


お勧め「書籍」「映画」「絵画」コーナー

 まだ決めていません。


今週の相場観

 今週の株式、為替、国債、商品市況などについて考えます。


質問コーナー

 できるだけすべてのご質問にお答えするつもりですが、類似のご質問は省略させて頂くことがあります。本日(6月25日)深夜まで受け付けています。


ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから
インフォカート版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから

どちらからお申し込みいただいても次の月曜日から同じ内容のプレミアムメルマガを配信いたします。
インフォカート版は、お申し込みの月のバックナンバーも配信されます。

それから「闇株新聞」を、定刻の午前零時以前に「できあがり次第」メール配信しております。
今週はダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」をご紹介いたします。

20日間の無料お試し購読期間があります。
(無料お試し購読期間等や詳細につきましては、DAIAMOND PREMIUM MAILMAGAZINEのよくある質問ページをご覧ください。)
ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」はこちらから

※ダイヤモンド版とインフォカート版はどちらをお申し込みいただいても配信する記事の内容は同じです。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:0 | TrackBack:0
■未分類 | 2017.06.25

メルマガ「闇株新聞 プレミアム」のお知らせ

2017年06月18日

メルマガ「闇株新聞 プレミアム」のお知らせ


 予定通り6月19日(月曜日)の夕方に配信します。

 予定内容です。


メインテーマ 1 なぜ本誌はFRBの保有資産縮小に過剰反応しているのか?

  「時価総額が史上最高となった世界の株式市場に死角は?」をシリーズで書いている途中ですが、実はこの「死角」とはFRBの保有資産縮小のことであり、先日のFOMCでその方向性がはっきりと示されたためシリーズを中断して、ここだけ取り上げて徹底的に解説します。

 また量的緩和の「真っ最中」である日銀とECBにおいても、その買入れペースが縮小となったときも、同じような「死角」になると考えています。

 リーマンショック以降の世界経済が順調に回復しているわけではない中で株式市場だけが大幅に上昇している唯一の理由は、未曽有の金融緩和とりわけ量的緩和であり、それが「元に戻る時」の影響は予測不能だからです。

 そもそもリーマンショック直後に世界中が金融緩和・量的緩和に踏み切ったとき、今日の姿(経済が回復せず株式市場が大きく上昇する)は予想できなかったはずです。

 そこでそれが「元に戻る時」の影響は、今からいろいろ考えておく必要があるわけです。


メインテーマ 2 株式市場における今後の「勝ち組」「負け組」2017年・春版 その9

 1週だけ延長します。予告していた富士フイルムは「闇株新聞」で取り上げたため、リクエスト頂いていた小野薬品、まだまだ迷走する東芝については「半導体事業をKKRでもベインでもファンドに売却した場合の誰も議論していない弊害」、旧村上ファンドが2年ぶりに株主提案している黒田電気などを予定しています。


お勧め「書籍」「映画」「絵画」コーナー

 たぶん「書籍」です。


今週の相場観

 今週の株式、為替、国債、商品市況などについて考えます。


質問コーナー

 できるだけすべてのご質問にお答えするつもりですが、類似のご質問は省略させて頂くことがあります。本日(6月18日)深夜まで受け付けています。


ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから
インフォカート版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから

どちらからお申し込みいただいても次の月曜日から同じ内容のプレミアムメルマガを配信いたします。
インフォカート版は、お申し込みの月のバックナンバーも配信されます。

それから「闇株新聞」を、定刻の午前零時以前に「できあがり次第」メール配信しております。
今週はダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」をご紹介いたします。

20日間の無料お試し購読期間があります。
(無料お試し購読期間等や詳細につきましては、DAIAMOND PREMIUM MAILMAGAZINEのよくある質問ページをご覧ください。)
ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」はこちらから

※ダイヤモンド版とインフォカート版はどちらをお申し込みいただいても配信する記事の内容は同じです。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:0 | TrackBack:0
■未分類 | 2017.06.18

メルマガ「闇株新聞 プレミアム」のお知らせ

2017年06月11日

メルマガ「闇株新聞 プレミアム」のお知らせ


 予定通り6月12日(月曜日)の夕方に配信します。

 予定内容です。


メインテーマ 1 時価総額が史上最高となった世界の株式市場に死角は? その2

 世界の株式市場は、実体経済の低迷や政治の混乱はマイナス材料とはならず、また仮にイベント(突発的悪材料)に見舞われても短期的調整で終わるはずですが、いろいろな理由はあるにしても金融緩和・量的緩和にブレーキが掛かるときだけは「意外な」マイナス材料となるはずです。

 先週は米国(FRB)と日本(日銀)について詳しく書きましたが、今週はそこに付け加えることが「山ほど」出てきており、それに英国総選挙やECB理事会が終わったばかりの欧州、それにカタールの最新情勢も加えて資源国・途上国の順番に書いていきます。

 また先週末(6月9日)は、NYダウは21271ドルと史上最高値を更新していますが、NASDAQが急落となりました。これについても付け加えます。


メインテーマ 2 株式市場における今後の「勝ち組」「負け組」2017年・春版 その8

 先週に引き続き、国内の「純民間企業」のなかから2017年3月期決算、予想PER、実績PBR、ROE、配当利回りなどを勘案して「いくら何でも安すぎない?」と言いたくなる企業を2つほど取り上げます。

 繰り返しですが本メルマガは個別銘柄推奨をしていませんので、素朴に「何でそんなに安いの?」と不思議に思っている企業のことです。

 本誌シリーズは今週で最終回とする予定でしたが、延期されていた富士フィルムの2017年3月期決算発表が今週あるので、それも含めてあと1回だけ続けます。


お勧め「書籍」「映画」「絵画」コーナー

 たぶん「書籍」です。


今週の相場観

 今週の株式、為替、国債、商品市などについて考えます。


質問コーナー

 できるだけすべてのご質問にお答えするつもりですが、類似のご質問は省略させて頂くことがあります。本日(6月11日)深夜まで受け付けています。


ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから
インフォカート版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから

どちらからお申し込みいただいても次の月曜日から同じ内容のプレミアムメルマガを配信いたします。
インフォカート版は、お申し込みの月のバックナンバーも配信されます。

それから「闇株新聞」を、定刻の午前零時以前に「できあがり次第」メール配信しております。
今週はダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」をご紹介いたします。

20日間の無料お試し購読期間があります。
(無料お試し購読期間等や詳細につきましては、DAIAMOND PREMIUM MAILMAGAZINEのよくある質問ページをご覧ください。)
ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」はこちらから

※ダイヤモンド版とインフォカート版はどちらをお申し込みいただいても配信する記事の内容は同じです。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:0 | TrackBack:0
■未分類 | 2017.06.11

今週の闇株新聞

2017年06月10日

今週の闇株新聞


◇火曜日
サウジアラビアなど中東5か国がカタールと国交断絶

◇水曜日
ビットコインなど仮想通貨について改めて考える  その1

◇金曜日
ビットコインなど仮想通貨について改めて考える  その2


 今週の世界のできごとで、興味深かったニュースなどがありましたら、コメント欄にどしどし書き込みしてください。


ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから
インフォカート版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから

どちらからお申し込みいただいても次の月曜日から同じ内容のプレミアムメルマガを配信いたします(無料期間もございます)。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:4 | TrackBack:0
■未分類 | 2017.06.10

メルマガ「闇株新聞 プレミアム」のお知らせ

2017年06月04日

メルマガ「闇株新聞 プレミアム」のお知らせ


 予定通り6月5日(月曜日)の夕方に配信します。

 予定内容です。


メインテーマ 1 時価総額が史上最高となった世界の株式市場に死角は?

 5月末の世界の株式時価総額が史上最高の76兆ドルとなり、先週末(6月2日)も日経平均が久々の2万円台となり、NY株式市場ではダウ、S&P500、NASDAQが揃って史上最高値を更新しています。

 表題が「死角は?」となっていますが、別に高すぎると心配しているわけではありません。

 結局のところリーマンショック以降の世界の金融緩和・量的緩和が、世界経済を回復させる効果はほとんどなかったものの、株式市場を上昇させる効果だけはあったことになります。つまり今後の株式市場を考える時、実体経済が伸び悩むことはマイナス材料ではなく、逆に実体経済が回復することや物価が上昇することにより金融緩和・量的緩和にブレーキが掛かるとマイナス材料となります。

 そこで主要国の足元の経済状況と、日銀・FRB・ECBの今後の金融政策の方向について解説します。極論すれば、実体経済が伸び悩み、金融緩和・量的緩和を継続せざるを得ない国の株式市場が有望となります。


メインテーマ 2 株式市場における今後の「勝ち組」「負け組」2017年・春版 その7

 メインテーマ 1 にも関係しますが、日銀の2017年3月期決算が発表されているので取り上げます。紙面の配分状況によってはメインテーマ 1 の中に入れるかもしれません。

 それ以外は、日本の株式市場の時価総額上位には民営化企業がずらりと並びますが、これも問題です。そこで「純粋の民間企業」のなかから2017年3月期決算、予想PER、実績PBR、ROE、配当利回りなどを勘案して、「いくら何でも安すぎない?」と言いたくなる企業を2つほど取り上げます。

 本メルマガは個別銘柄推奨をしていませんので、素朴に「何でそんなに安いの?」と不思議に思っている企業のことです。


お勧め「書籍」「映画」「絵画」コーナー

 最近「書籍」が続いたので、久々に「映画」です。


今週の相場観

 今週の株式、為替、国債、商品市などについて考えます。


質問コーナー

 できるだけすべてのご質問にお答えするつもりですが、類似のご質問は省略させて頂くことがあります。本日(6月4日)深夜まで受け付けています。


ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから
インフォカート版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから

どちらからお申し込みいただいても次の月曜日から同じ内容のプレミアムメルマガを配信いたします。
インフォカート版は、お申し込みの月のバックナンバーも配信されます。

それから「闇株新聞」を、定刻の午前零時以前に「できあがり次第」メール配信しております。
今週はダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」をご紹介いたします。

20日間の無料お試し購読期間があります。
(無料お試し購読期間等や詳細につきましては、DAIAMOND PREMIUM MAILMAGAZINEのよくある質問ページをご覧ください。)
ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」はこちらから

※ダイヤモンド版とインフォカート版はどちらをお申し込みいただいても配信する記事の内容は同じです。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:2 | TrackBack:0
■未分類 | 2017.06.04
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム