Archive

闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

ソブリン・ウエルス・ファンド(SWF)について その1

2011年01月24日

ソブリン・ウエルス・ファンド(SWF)について その1


 ソブリン・ウエルス・ファンドとは、国家ファンドあるいは政府ファンドなどともいわれ、読んで字のごとく国家が主導しておもに外貨準備を原資として、国家戦略に応じて運用するものです。つまり国家の資金を国策のため、つまり国民のために使うという主権国家としてごく当たり前のことをしているのです。

 主権国家として当たり前のことを何一つしていない日本なのですが、それでも自民党政権のころ、日本でも外貨準備を使って国家ファンドを作るべきである、との議論がありました。

 しかしそのころの議論は、単に外貨準備の運用について、もっと分散投資をした方が良いとか、専門家に任せてもっと運用成果をあげた方が良いとか、はたまたリスクがあるから外貨準備の利息収入だけを原資にすべき、などおよそ国策の立場からの議論にはならず、リーマンショックで金融市場に混乱が起こると、すっかりと消えてしまいました。

 民主党政権になってからも、昨年10月に緊急経済対策の議論の中で、国家ファンドの議論があったようですが、ほとんど報道もされませんでした。

 国家ファンドの議論が盛り上がらない一番の理由は、外貨準備を管理する財務省が乗り気でないからです。国策よりも省益が優先する財務省としては、メリットがないからなのでしょう。

 もうひとつの理由は、日本の外貨準備はその85%くらいがドルで、実際はFRB(米国連邦準備理事会。つまり米国の中央銀行)に預けられて米国国債や銀行システムへの貸し出し等に使われています。つまりそこから「国家ファンドを作りますので、ほんの5000億ドルほど引き出しますよ」なんて言えないから、正確には言えないと思っているからです。

 現在1兆ドルを超えている(日本国民の財産である)外貨準備は、実際は全て米国が勝手に使っているのです。

 むしろ、国家ファンドを国家戦略の見地から作るべきという議論の一番大事なポイントは、日本国民の財産である外貨準備を、米国の国策ではなく、日本の国策に使うべきということなのです。残念ながら、このきわめて当たり前の議論が全くなされていないのです。

 次に大事なポイントは、日本は資源もなく、人口は減り、かつ老齢化し、社会不安と閉塞感が充満しています。その日本に残された唯一の「資源」が資金なのです。今こそ、この唯一残った「資源」である資金を使って、国家戦略を立てるべきなのです。

 本誌1月20日付け「世界の時価総額ランキングを見て思うこと」で、世界の三大資源会社であるヴァーレ(ブラジル)を、国家戦略の見地から買収してみたら、と言ってみたのも、この考え方から出ているのです。

 ここで、世界にある国家ファンドを見てみましょう。

 大きい順番から並べると以下のようになります。名前の後ろは大体の運用額(億ドル)です。

アブダビ投資庁(ADIA)     8750億ドル
ノルウェー政府年金基金(GPF)  3500億ドル
シンガポール政府投資公社(GIC) 3300億ドル
サウジアアラビアVariou    3000億ドル
クェート投資庁(KIA)     2500億ドル
中国投資責任有限公司(CIC)  2000億ドル
テマセク(シンガポール)    1600億ド
ロシア連邦安定基金       1600億ドル
カナダ政府投資基金       1200億ドル

 この辺がベスト10です。数字は2007年ころのもので、リーマンショック後の数字は分かりませんが、国家管理なので減っているとか、無くなっているということはありません。

 またそのころの国家ファンドの世界の総額は2兆5000億ドルと言われていました。

 そのころの世界のヘッジファンドの総額が1兆4000億ドルくらいでしたので、国家ファンドの方が2倍近くあったわけです。

 つまり、ヘッジファンドの2倍近くある国家ファンドは、世界的に見てむしろ当たり前のもので、逆に多額の外貨準備を抱えて、これを国策のために使わず、ただ米国に差しだして自由に使われている日本の方が、世界の常識から考えておかしいわけです。

 そこのところに、国益より省益を優先する官僚組織(特に財務省)と、最大の恩恵を受けている米国が「だんまり」を決めているので、この当然の議論が出てこなくなるのです。

 明日に続きます。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:0 | TrackBack:0
■世界経済 | 2011.01.24
関連記事
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2011年01月 | 02月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム