Archive

広告

本日は特定の話題はありません

2011年03月29日

本日は特定の話題はありません

 地震から2週間は、書くテーマに困ることはありませんでしたが、本日は特に書きたいテーマが見つかりません。

 まだ、相場に関係ないテーマを書く気分にもなれないので、本日は起こったことに簡単に説明をつけるにとどめたいと思います。

 まず、少し円安になっています。

 3月18日の協調介入以降、81円前後の狭いレンジだったのですが、本日は81円台後半の動きになっています。
 ただ、これは日本の期末要因で輸出企業のドル売り予約とか、機関投資家のヘッジ売り等が止まっているのが主な理由です。海外要因ではないと思います。

 ただ、ポルトガルの国債利回りが8%台に乗せていることの方が気になります。

 科学的な根拠は全くないのですが、ギリシャはヨーロッパ文明の発祥の地で、オスマントルコから独立するときにヨーロッパ主要国が協力したように、なんとなく助けることに合意が得やすい国だったのです。
 アイルランドも、17世紀ころからイギリスに侵略されて、さんざん虐げられ、1840年代にはジャガイモの大飢饉で人口が激減したような国です。だからこれも助けることに合意が得やすい国だったと言えます。

 しかし、ポルトガルやスペインは、常にヨーロッパ主要国と領土争いをしてきており、ポルトガルやスペインが財政危機になった時には、果たして助けることで合意が得られるかどうかは分かりません。

 だからポルトガル危機が起これば、ギリシャやアイルランドの時よりユーロにとって深刻な事態になると思われ、目が離せません。

 東京電力が再びストップ安になっています。

 別に、強調するわけではないのですが、本誌では最初の急落では「有望銘柄」としましたが、その後、値上がりが止まった時点で「要注意」と書きました。

 その理由は、一時のショックで急落したもので、PBRが1倍を大きく割り込んだ銘柄は必ずリバウンドしますが、その後は、本当に地震の影響を市場が懸念し始めるからです。

 東京電力は、確かに2兆5000億円くらいの純資産があり、PBRが0.5倍をも割り込んだので、これはリバウンドしました。しかし、どう考えても補償等で純資産が吹っ飛んでしまう可能性があることが分かり再度の下落となったわけです。

 ここで強調したいのは、東京電力に限らず株式市場全体が、とりあえずリバウンドが終わり(その過程で大量の外人買いが入ったのですが)、これから地震の悪影響を見極めて織り込み始めるからです。だから株式市場全体が要注意で、東京電力は極端ではありますが先行指標なのです。


 リビア情勢

 カダフィの包囲網が形成されつつあります。
 カダフィはイスラム法学者からも見放されており、もう運命は決まっています。
 イスラム法学者が見放したということは、アラーの神の教えに背いているということで、中東の他のイスラム諸国も同調します。

 リビアの原油生産量は世界の2%くらいなのですが、低硫黄の良質な原油であまり代替がききません。これで原油価格が上昇しているのですが、中東諸国の同じイスラム諸国がカダフィ包囲網に同調するなかで、原油生産が止まってしまうなどの最悪の事態は避けられると思います。

 原油価格は、むしろ世界的に原発抑制の動きが出るかどうかの方が重要です。

本日はこの辺で


平成23年3月29日

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:1 | TrackBack:0
■その他 | 2011.03.29
無料メルマガ配信(不定期)
↓↓↓
メルマガ購読・解除
 
関連記事
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2011年03月 | 04月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム