Archive

闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

ヘッジファンドとMLB(大リーグ野球)

2011年07月01日

ヘッジファンドとMLB(大リーグ野球)

 今週は硬い話題が多かったので、週末は少し軽い話題にします。軽いといってもヘッジファンドの話題でもあります。

 MLB(Major League Baseball)の人気球団のひとつであるロサンゼルス・ドジャースが6月28日に破産法を申請しました。
 所属している黒田投手や、過去所属していた石井投手などの給料も未払いになっているようです。

 日本のプロ野球と違い、MLBは収益の上がるビジネスとして成り立っているのですが、本件は2004年に球団を4億3000万ドルで買収したマッコート・オーナーの放漫経営(球団から1億ドルも私的流用していたなど)が原因です。
 もともと資金力に疑問を持たれていたマッコート氏は、どうも金儲けの対象としかドジャースを考えていなかったようで、地元でも総スカンとなっています。(もともとマッコート氏はボストンの不動産業者でロサンゼルスとは何の関係もありませんでした)

 もうひとつの人気球団のニューヨーク・メッツも揺れています。

 オーナーのフレッド・ウイルボン氏が、あの米国ナスダック元会長のバーナード・マドフの巨額詐欺事件で共謀の疑いがかけられており、3億ドルとも10億ドルともいわれる不正利益の返還を求められているのです。

 これに伴い、ウイルボン氏はメッツ・オーナーの地位を去ることになると思うのですが、そこは金融の中心であるニューヨークの球団で、著名なヘッジファンドマネージャー2人が手を挙げました。

 一人は、SACキャピタル・パートナーズを主宰するスティーブ・コーエン氏です。SACは130億ドルの運用資産を持つ米国株式に特化したヘッジファンドで、コーエン氏の2010年の所得が13億ドルで高額所得ランキングの第5位でした。
 もっとも、米国株式を集中的に取引するために常にインサイダー取引の疑いが囁かれ、メッツ買収も人気取りのため、とも言われていました。
 4月11日付け「ヘッジファンドの巨人たち」をご参照ください。

 このコーエン氏に競り勝って、先月メッツ株式の3分の1を推定2億ドル強で手に入れ、同時に3年後に60%まで所有する権利を得たのが、同じヘッジファンド・グリーンライトキャピタルを主宰するデビッド・アインホーン氏でした。

 グリーンライトキャピタルは運用資産78億ドルの、米国株のロングショートが得意なヘッジファンドですが、最近「金」への投資残高も増やしているようです。

 デビッド・アインホーン氏は高額所得の上位にはランクされていませんが、まだ40歳代前半の「若手」で、今後注目すべきマネージャーだと思われます。

 倒産前のリーマン株式を大量に空売りしたり、アライドキャピタルの不正経理を見抜いてこれも大量に空売りした(「黒の株券」という本になっています)などの実績があります。
 また、2年ほど前から日本国債の暴落を予想し、長期のプットオプションを「かなり安く」邦銀から相対で購入しているはずです。

 アインホーン氏自体は慈善活動にも積極的で、空売りといってもむしろ「悪い会社」を見つけ出して空売りすると認識されており、評判は悪くないようです。
 コーエン氏に競り勝ってメッツを手に入れることが出来たのも、「評判」の差だったのかも知れません。

 あと、松坂のいるボストン・レッドソックスのオーナーのジョン・ヘンリー氏もコモディティーを中心とする著名ヘッジファンドのオーナーです。

 最後に、MLBの各球団の企業価値のランキングを見ておきましょう。トップは17億ドルのニューヨーク・ヤンキース、2位が9億ドルのボストン・レッドソックス、3位が8億ドルのドジャース(今回の破産で目減りすると思います)、以下カブス、メッツと続きます。最低はパイレーツなどの3億ドルです。

世界のスポーツチーム全体まで広げると、トップはサッカーのマンチェスター・ユナイテッドの18億6000万ドル、2位が18億ドルのNFL・ダラス・カウボーイズで、ヤンキースは第3位です。

 それにしても、ヘッジファンドの最高所得のジョン・ポールソン氏の2010年の所得は49億ドルなので、昨年の所得だけで人気チームを複数買えてしまうことになります。MLBの価値が下位の球団なら10個くらい買えるのです。
 やはり、現在のヘッジファンド業界が異常なので、ひょっとしたら昨年あたりがピークだったのかもしれません。
 6月27日付け「最強ヘッジファンド・ポールソンの変調」をご参照ください。

 全然話題が変わるのですが、最近小型株(要するにボロ株)がにぎわっています。これについても書きたいことが多いのですが、土曜に出すメルマガに書こうと思っています。

平成23年7月1日

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:0 | TrackBack:0
■その他 | 2011.07.01
無料メルマガ配信(不定期)
↓↓↓
メルマガ購読・解除
 
関連記事
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2011年07月 | 08月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム