Archive

闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

オリンパスの闇・番外編

2011年11月16日

オリンパスの闇・番外編


 オリンパスは、本日もストップ高(100円高)の640円となり、6800万株近い買い注文を残しています。

 オリンパスについては海外の捜査機関と報道機関が先行したため、いつもの経済事件のように「当局」から(当局の都合の良い)情報があまり入らないため、各マスコミが懸命に独自取材をしています。

 最近はようやく「当局」からと思える情報に基づく報道が多くなったのですが、独自取材と思われる記事の中に「気になる」ものがありますので、3つほどご紹介します。

 まず1番目は、「オリンパス本体の預金や有価証券を、ピークで1300億円も水増し計上する形でつじつまを合わせていた」という記事です。

 実は、私がどうしても解けなかった疑問がありました。それは、オリンパスが損失をどのような形で「飛ばし」ていても、その最初の資金がオリンパス本体から出ている以上、必ずオリンパスの決算書の資産に何か「ないはずのもの」が「ある」と計上されていなければならず、いったい「何が」計上されていたのかということでした。

 答えは極めて簡単で、決算書(つまり有価証券報告書)に計上されている「預金」や「ファンド」が「空っぽ」だったということなのです。

 この報道が正しければ「重大な」意味を持ちます。

 決算時には、監査法人が「資産」や「負債」の各項目について「残高確認書」を直接相手方に送付して回答を求めることになっています。たとえば、最大時に600億円あったことになっている「預金」が「空っぽ」だったとすると、「残高確認書」の相手(つまり銀行)が虚偽の回答をしたか、オリンパスが「残高確認書」を偽造したかのいずれかなのです。

 これは明らかなオリンパスの「犯罪」で、監査法人も「加担した」か「重大な落ち度」があったことになるのです。

 最近の「当局」からの情報と思われる報道では、「有価証券を5年分のみ訂正」し「監査法人に協力を求める」となっています。つまり「法人としてのオリンパス」と「監査法人」は犯罪の対象とは見ていないということを意味します。

 この重大な報道には、なぜか全く追随記事がありません。

2番目は、オリンパスが2009年8月に臨床検査機器の製造販売の「分析機事業」を、ひそかに米国の会社に775億円で売却していたという報道です。

 この「分析機事業」は予想利益が年間5億ドル(385億円)とされ、これを買った米国の会社が今年、別の米国の会社に68億ドル(5200億円)で買収されたそうです。

 2008年にジャイラスを、年間売上高の5倍に相当する2000億円以上もの高値で買収し(さらに高額の報酬まで支払い)、一方では40年育ててきた「超有望事業」を明らかな安値で売却していたのです。

 損失処理のための原資をひねり出したのでしょうが、明らかに「株主の利益」を損なう行為です。やや理屈っぽいのですが、オリンパスが過去の「負の遺産」を処理するために「企業買収」や「高額報酬」などで資金を流出させていたとしても、それは厳密に言えば新たな株主資本の毀損にはならないのですが、将来の会社の収益源まで「捨て値」で売却していたとなると、経営陣の責任の意味合いが非常に違って見えてくるのです。

 3番目は、Goldman Sachsがオリンパス株式を大量に「空売り」していたという本日の報道です。「外資はすごいなあ」と報道されているのですが、「とんでもない」ことです。

 Goldman Sachsは10月13日にオリンパス株を83万株も空売りし、空売り残はピークだった11月8日に194万株となり、翌9日にほとんどを買い戻していたのです。

 しかし、ウッドフォード解任は10月14日なのです。

 何故Goldmanは、その前日である10月13日に空売り出来たのでしょうか? 13日の出来高は311万株で、その中で83万株も空売りしたのです。13日の引け値は2482円でした。また194万株の空売り残をほとんど買い戻した11月9日の引け値は584円でした。

 不毛の計算ですが22億円の利益が出ています。これはGoldmanが前日に解任を知っていたとしか考えられないのですが、難しいのは、これだけでインサイダー取引にあたるのか「微妙」なのです。社長を解任した方が株価にプラスのこともあるからです。

 しかし、これはオリンパス事件という日本の株式市場にとって不幸な出来事に乗じて、一部の外資が収益を上げたという「日本にとって絶対に問題視しなければならない」出来事なのです。

 ウッドフォードが「資料を海外の捜査当局と報道機関」だけにしか提供していないことと考え合わせると、結構奥が深い話なのです。

 たまには「当局」も鉾先を外資に向けてほしいものです。別に外資だからとかユダヤだからと遠慮せず、いつものように「稀に見る悪質なインサイダー取引である」と「認定」すればいいだけの話なのです(少なくとも課徴金で利益全額を没収できます)。

 これら3つの報道は、すべて「当局」からのリークではなく、各マスコミが独自取材で探したものだと思われるのですが、残念ながらそこから全く踏み込めていません。

 だから、代わって「踏み込んで」みました。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:37 | TrackBack:0
■闇株的見方 | 2011.11.16
関連記事
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2011年11月 | 12月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム