Archive

闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

日本のプロ野球とMLB(Major League Baseball)

2011年11月22日

日本のプロ野球とMLB(Major League Baseball)

7戦までもつれこんだ日本シリーズもソフトバンク・ホークスの優勝で終りました。久しぶりに面白い日本シリーズで、日本のプロ野球も少し工夫すれば一大産業になるはずだと本気に考えました。

 まあ、マスコミが相変わらず巨人軍の某球団代表の解任を大きく取り上げているようではだめですね。これは単なる中小企業の内紛で、野球の発展には何の関係もないのです。

 さて、先日巨人軍に関する記事を書いた時に、私がどこのファンなのかというご質問を頂いていました。

 「南海ホークス」です

知らない方も多いと思うのですが、ソフトバンク・ホークスの前身です(一時、ダイエー・ホークスという時期もありました)。

 大阪の中堅の南海電鉄がオーナーだったのですが、資金が乏しく「しぶちん」経営と言われていました。しかし現場では鶴岡監督以下、野村・杉浦・広瀬・大沢などサムライが多く結構強かったのです。

 しかし、日本シリーズではどうしても巨人に勝てませんでした。巨人軍は野球界での圧倒的な存在感をバックに、南海のエースだった別所を引き抜き、立教時代に毎月五万円(当時のですよ!)の「栄養費」を南海から貰っていた長嶋茂雄を横から奪い(当時はドラフトではなく自由競争でした。同じく「栄養費」を貰っていた杉浦忠は律儀に南海入りしました)、審判まで巨人寄りのジャッジが目立つなど、やりたい放題だったのです。

 まあ、大半は見ていたわけではなく後から知った話なのですが、日本シリーズでの円城寺主審の大誤審ははっきり覚えており、大いに子供心を傷つけられました。(Wikipediaに「円城寺満」で出ています。最後に少し泣けるエピソードも紹介されています)。

 現在は、優勝したソフトバンク・ホークスにも特別の感情はありません。アンチ巨人には違いないのですが、要するに子供の頃に「日本のプロ野球」には失望しているのです。

 その分、米国大リーグ野球(MLB)は昔から見ていました。野茂英雄が加入する1995年以前から、数少ないテレビ放送(録画)を見ていました。

 そのMLBではワールドシリーズが先月末に終わり、ワイルドカードから勝ち上がったセントルイス・カージナルスが劇的勝利の連続でワールドチャンピオンになりました。

 そもそも8月下旬には、ワイルドカード争いでも首位から10ゲーム以上離されていたところから猛追し、最終戦の大逆転でワイルドカードに滑り込んだチームがワールドチャンピオンとなったのです。米国でも地区優勝していないチームがワールドシリーズに出ることへの批判もあるのですが、あくまでも「ファンを楽しませる」ためのシステムで、実際大いに楽しめました。

 そのMLBでもオーナーの変更がありました。最近低迷が続くヒューストン・アストロズが6億1000万ドル(470億円)で譲渡されたのですが、新しいオーナーがイラク戦争の輸送業で財を成しており異論もあったのですが、オーナー会議では満場一致で承認されました(日本では、依然として楽天がDeNAの参入に反対しています)。

 そのアストロズが2013年から、現在所属するナショナルリーグ中部地区(ここだけ6球団あります)から、アメリカンリーグ西地区(ここだけ4球団です)へ異動することも、ついでに新オーナーに了解させたようです。これもファンサービスと選手会に配慮したからだそうですが、個人的には両リーグが15球団ずつになり常にリーグの違うチームの対戦が組まれることになり、ちょっとメリットが分かりません。

 それから、ワイルドカードを各リーグ1球団から2球団に増やすそうです。

 最後に、ダルビッシュを含む何名かが今年もMLBに挑戦します。ダルビッシュは米国のすべてのFA(フリーエージェント)選手の中でも5番目くらいにランクされています(獲得にかかる資金総額の予想ランキングで、ポスティングにかかる資金も含めて1億ドル超となっています)。

 ポスティングですから移籍先は自分で決められないのですが、おすすめしたい球団はワシントン・ナショナルズです。弱小球団だったので近年のドラフトで有望選手を大量に獲得できており、間違いなく強豪化するチームです。

 その有望選手の中でも、スティーブン・ストラズバーグ投手(松坂と同じトミー・ジョン手術を受けたのですが、すでに復帰しています)と、ブライス・ハーパー外野手(まだ19歳で、間違いなくアレックス・ロドリゲス並みの打者になります)の2名は覚えておいてよいと思いますよ。

 イチローのいるシアトル・マリナーズも弱小球団であることは同じで、やはりドラフトで有望選手を指名できたはずなのですが、信じられないほど下手なトレードで有望選手をほとんど放出してしまい戦力が向上していません。

 オーナーが任天堂(アメリカ)なのですが、売却した方が良いかもしれませんね。

 本日は、雑談ばかりで結論がありませんでした。

平成23年11月22日

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:5 | TrackBack:0
■その他 | 2011.11.22
関連記事
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2011年11月 | 12月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム