Archive

闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

えっ追加金融緩和?

2012年02月15日

えっ追加金融緩和?

 本日(2月14日)午後、日本銀行が追加金融緩和を発表しました。

 政策決定会合が行われているものの、多分FRBの追加金融緩和(QE3)とかECBの追加資金供給(4000億ユーロと予想されています)を見てからでなければ動かないと思って、昨日「50兆円の量的緩和を!」と書いたのですが、珍しく先行して「10兆円も!(皮肉です)」量的緩和をしてくれました。

 内容は「資産買入れ等の基金」を現状の55兆円から65兆円に増額し、増額した10兆円は長期国債の買入れに充てるというものです。

 この「資産買入れ等の基金」とは、2010年10月28日の金融緩和時(FRBによるQE2が行われた時)に35兆円の枠で導入されたもので、そのうちの30兆円が固定金利方式・共通担保資金供給オペによる貸出し(もちろん銀行に対する貸出)で、「ほんのついでに」5兆円の枠で長期国債・短期国債・社債・CPなどを「ごちゃまぜ」に買入れるものでした。

 ところがその「ごちゃまぜ」に中にETF・4500億円とREIT・500億円が入っており、「いかにも安直な市況対策」もやってしまおうというものだったのですが、当時はこの合計5000億円の枠でかなり株式市場・不動産市場が明るくなったものでした。

 まあ、当然その後に評価損となっているのですが、それより中央銀行の権威(日銀券つまり「円」に対する信認)の維持の観点からは非常に問題があるものです。

 その後「資産買入れ等の基金」は何回か増額され、今回の増額を入れて内訳が、長期国債19兆円(本年1月末現在の買入れ3.5兆円、以下同じ)、国庫短期証券4.5兆円(2.3兆円)、CP・2.1兆円(1.7兆円)、社債2.9兆円(1.7兆円)、ETF・1.4兆円(8479億円)、REIT・1100億円(660億円)、共通担保資金供給35兆円(32.8兆円)で合計が65兆円(43兆円)となっています。

 つまり長期国債15.5兆円を含む22兆円ほどの買入れ枠ができたということです(見落としているのかもしれませんが。いつまでに買い入れるという説明がありません)。また、日本銀行はこれ以外に国債を月間1兆8000億円(年間21.6兆円)買い入れています。

 もう1つ、「消費者物価の前年比上昇率1%を目指し、それが見通せるようになるまで実質的なゼロ金利政策と金融資産買入れ等により強力に金融緩和を推進していく」(日銀総裁記者会見)とも発表されています。

 これは日本銀行の物価に関する考え方が不明瞭であると先日の衆議院予算委員会で「批判」されたからかもしれませんが、一応意味するところは「明瞭」になりました。

 ただ10年国債の利回りが1%であるため、消費者物価上昇率を1%と「明言」してしまったら、仮に何らかの外部要因で消費者物価指数(昨年12月の全国消費者物価の前年比はマイナス0.1%)がプラス0.5%くらいになると、金融緩和の打ち止めが近いとパニックになって不必要な国債価格の下落を引き起こすかも知れません。

 ここはいつものように「デフレ状況から完全に脱却したと確信が持てるまで」などの「玉虫色の表現」にしておくべきだったと思います。つまり「無駄に明瞭」なのです。

 まあ、今回の追加金融緩和が「十分か?」と聞かれれば「大変不十分で中途半端」であり、一応敬意を表して(?)78円台に入った為替も持続するかどうかは疑問です。

 そう思うのは「量が不十分」である以外に、本来なら「財政政策」「為替政策」「貸し渋り対策」「株式市況対策」などすべてを動員して「整合性のある」「国民が納得する」総合政策のパッケージとして打ち出すべきものを、「何となく中途半端に1つだけ出てきた」印象がぬぐえないのです。

 あまりこういう詮索はしたくないのですが、ついこれ「消費税上げのためのサービス?」と思ってしまいます。

 追加金融緩和にしても、あと何回も切れるカードではないため絶対に「無駄打ち」は避けるべきだったのです。その「あと何回も切れないカード」で最大限の効果を出せるようなパッケージがぜひ必要だったのです。

 どういうパッケージにすべきかを、昨日からの「日本政府と日本銀行の対応をもう一度考える」シリーズで考えて書こうと思っていたのですが、先に単独で「対応」されてしまいました。

 でも、明日からまた続けます。

闇株にご賛同頂けれる方は下のバナーをクリックをして頂けると助かります。
現在は「株ランキング1位」で「為替ランキング2位」です。



Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:11 | TrackBack:0
■日本 | 2012.02.15
関連記事
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2012年02月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム