Archive

闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

バークレイズ銀行のLibor不正操作事件の背景  その2

2012年07月06日

バークレイズ銀行のLibor不正操作事件の背景  その2

 案の定、問題が大きくなってきました。というよりも、さらなる「真相」が姿を現し始めたようです。

 7月4日に、前日に辞任したばかりのボブ・ダイヤモンド・前CEOが英国議会特別委員会で証言し「当局の捜査に進んで協力したにもかかわらず、疑惑の持たれている金融機関の中でバークレイズだけに批判が集中しているのは不当(つまりどの銀行でもやっていたこと)」と不満を漏らしながらも「金融危機が深刻化していた2008年に、バークレイズの財務内容を実態以上によく見せるために、故意に金利を低く提示していた」ことを認めました。

 証言の中で非常に重要なのは「英国中央銀行および英国政府が暗黙のうちに借り入れコストの実態隠しを認めていた」ことを示唆し、実際に当時の英国中央銀行(BOE)のタッカー副総裁から「報告する金利は常に高く見える必要は無い」と告げられたことも「暴露」してしまいました。

 ダイヤモンド氏にしてみれば「せっかく当局に協力して、英国中央銀行や英国政府の関与が表に出ないようにしていたのに、(英国議会やマスコミの非難に対して)知らん顔されて想定外の辞任に追い込まれた」不満があるのです(ダイヤモンド氏は米国人です)。

 要するに、これは単純な英国の金融機関の「不正」ではなく、明らかに2008年の金融危機を乗り切るために中央銀行および政府も「関与」していたことになります。

 中央銀行や政府の関与の度合いが「黙認」だけなのか、最初に「示唆」したのか、それとも積極的に「誘導」したのかは不明です。まあ永久に不明のままでしょう。

 特に英国政府は、シティーの金融業務が国家の「主要産業」なので、その信用が揺らぐことは絶対に避けなければなりません。

 折しもEUでは、域内の銀行への直接資本注入が始まるため(最初はユーロを構成する17か国だけかもしれませんが)EU全域の銀行監督を一元化する「銀行同盟」に移行する可能性があります。もしそうなると、シティーの独立性や優位性が揺らいでしまうことになり英国政府としては「賛成できない難しい立場」となるところへ、もっと「厄介な問題」が出てきてしまったことになります。

 本誌ではかねてから、EUの政治的命題とは「政治的にも経済的にも米国と対峙できる一大勢力となること」と書いているのですが、そうすると国際金融センターのシティーを抱えてユーロドル(米国外にあるドルのことです)ビジネスの中心である英国政府の「国策」に反してしまうことになります。

 個人的には「英国は将来的にEUから離脱する」と予想しています。EUの歴史的背景を含めて、昨年12月26日付け「2012年に起こりそうなこと その3 英国のEU離脱」にも書いてあります。

 そもそもEUに加盟している英国が、このLibor不正操作に関して米国政府に積極的に「協力」しているのも(罰金の大半を召し上げられても)、この英国政府の米国政府および「ドル」から離れられない事情を表しています。

 これが同じように米国政府の捜査の対象になっているドイツ銀行やUBSなどでは、こうは簡単にはいきません。また肝心の米国内でもシティ・JPモルガン・バンカメが捜査対象になっているはずですが、この決着は「金融規制法案」具体化の中で出てきそうな気がします。
 
 いずれにしても「もっと大きくなりそうな国際問題」になってきました。

 コメントを頂いていたのですが、ロンドンではなく東京の基準金利であるTibor(円金利)がLibor(ユーロ円金利)に比べて「異常に高く」なっています。

 7月4日のTiborは(ユーロ円と同条件の360日ベースで)1ヶ月が0.180%、3ヶ月が0.334%、これに対してLiborの1ヶ月が0.142%、3ヶ月が0.195%となっています。

 理由をいろいろ考えたのですが、Tiborは東京市場の銀行間における「無担保での資金の融通」金利であり(もちろんLiborも無担保です)、銀行間で資金が余っている東京市場では「まともな金融機関」が調達に回ることはありません。

 逆に言えば、この金利でも無担保で積極的に「融通」する銀行も無いはずで、金利実勢より「無担保」が強調されている金利のような気がします。

 違っているかもしれませんので、ご存知の方はコメントで教えてください。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:3 | TrackBack:0
■闇株的見方 » 株式 | 2012.07.06
無料メルマガ配信(不定期)
↓↓↓
メルマガ購読・解除
 
関連記事
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2012年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム