Archive

闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

現職閣僚が靖国神社に参拝した!

2012年08月16日

現職閣僚が靖国神社に参拝した!

 終戦記念日の本日(8月15日)、野田内閣の松原国家公安委員長と羽田国土交通大臣が靖国神社に参拝しました。民主党政権が発足してから現職の閣僚が終戦記念日に参拝するのは初めてのことです。

 驚くべきことは、マスコミの報道が「この中国政府や韓国政府との関係が微妙な時に、余計に問題が大きくなってしまう」と批判的とも取れることです。

 もちろん野田首相は(終戦記念日に限らず)参拝したことが無いはずで、本年も「総理大臣や閣僚が靖国神社に公式参拝することは、国際関係を含めた諸般の事情を総合的に考慮したうえで、引き続き自粛していく」と申し合わせています。

 こういう時こそ国家の指導者(別に何の指導もしていませんが首相や閣僚のことです)として毅然とした態度が必要なことを「全く理解していない」ようです。

 こういう時とは、最近とくに過激になっている中国政府や韓国政府の(北朝鮮は今に始まったことではありません)日本に対する行動や発言を指し、もちろん竹島や尖閣列島などの「領土問題」も含みます。

 ましては閣僚の靖国参拝とはまぎれもない「国内問題」であり、これを批判する中国政府や韓国政府は明らかに「内政干渉」をしていることになります。

 そもそも靖国神社とは幕末以降(正確には1853年のペリー来航以降)に日本の国内外の事変・戦争等の国事に殉じた軍人・軍属等が祀られているところであり、何ら外国政府から干渉されるものではありません。

 それが1978年にいわゆるA級戦犯とされる14名(死刑となった7名と裁判中に死亡した7名の計14名)が合祀されたことが翌1979年に明らかになったことで、外国政府(とくに中国政府と韓国政府)に干渉の「口実」を与えてしまったのです。

 いわゆるBC級戦犯は1959年に合祀されています。

 そもそも問題の発端は、中曽根首相が1985年8月15日の「閣僚の靖国神社への公式参拝」をわざわざ閣議決定しておきながら、中国政府の抗議(内政干渉)に屈して当日は「本殿への一礼」で済ませてしまい、日本政府として中国政府や韓国政府を含む海外に「正当な主張」を全く行わなかったことです。

 「正当な主張」とは、極東国際軍事裁判(東京裁判)は、勝者が敗者を一方的に裁いた「不当」なもので(注)、A級戦犯もBC級戦犯も戦争犯罪人ではなく、日本は侵略国家ではないということです。

(注)適用された極東国際軍裁判条例の「平和に対する罪」や「人道に対する罪」は事後法であり、法の不遡及原則に反しています。極東国際軍事裁判で唯一国際法の専門家だったラダ・ビノード・バール判事(インド)の見解で、バール判事はただ一人、全員の無罪を主張しています。

 そして中曽根首相以降も、首相在任時に毎年参拝したのは小泉純一郎だけです(終戦記念日の参拝は任期切れ直前の2006年8月15日だけです。また公人か私人かは、はっきりさせていません)。
  
 それだけでなく、村山富市首相の「村山談話(1995年)」、これに遡る宮沢政権時の加藤紘一官房長官の「加藤談話(1992年)」と、後任の河野洋平官房長官の「河野談話(1993年)」など、あきれるほど中国政府や韓国政府などに「低姿勢」な政権担当者の残した「政府公式見解」の弊害が大きく残っているのです。昨年8月18日付け「次期首相の資質 その1」と同年8月19日付け「同 その2」に詳しく書いてありますので、ぜひ読んでみて下さい。

 つまり靖国問題だけでなく領土問題も本質は同じで、中国政府や韓国政府などの「干渉」や「横暴」を許しているのは、日本の過去からの政権担当者だとも言えるのです。

 そこへ現職の2閣僚が終戦記念日に靖国神社へ参拝したことは、大いに評価されるべき一歩で、今後も日本として「当然のこと」を主張して行動していくべきなのです。

 「領土問題」については国際問題なのでもう少し複雑です。8月13日付け有料メルマガ「闇株新聞 プレミアム」の「竹島にみる領土問題の奥深さ」で取り上げてあります。今月中にお申込み頂ければ、今月に配信済みの記事もお送りいたします。課金は今月末(来月分)からですので、ぜひ申し込んで読んでみて下さい。

闇株にご賛同頂ける方は下のバナーをクリックをして頂けると助かります。
現在は「株ランキング1位」です。

  

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:18 | TrackBack:0
■闇株的見方 » 社会 | 2012.08.16
関連記事
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2012年08月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム