Archive

闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

ドイツ憲法裁判所の判断

2012年09月13日

ドイツ憲法裁判所の判断

 本日(9月12日)ドイツ憲法裁判所が欧州安定メカニズム(ESM)と欧州財政協定に対し、一定の条件下で批准を認める判断を下しました。

 ESMとはユーロ参加国が財政危機に陥った時に金融支援を行うための恒久的な仕組みで、欧州財政協定とはユーロ参加国に財政規律を義務づけるものです。前者は将来的にドイツ国民が負担を強いられる恐れがあり、後者は財政政策とはユーロ参加国それぞれに委ねられるものであると、数万人のドイツ国民が憲法裁判所に訴えていたものです。

 一定の条件下というのは、今後ESMへの負担金を積み増す必要が出た場合に議会の承認を必要とするもので、ESMの発足に際してドイツが負担する1900億ユーロについてはそのまま認めました。

 きわめて常識的な判断と思われます。

 これでECBが残存年数1~3年の南欧国債を無制限に買うためのハードルが1つ無くなりました。ECBは2010年5月から、ギリシャなど財政問題国の国債を2100億ユーロ購入していたのですが、その際に何の財政規律も求めなかったので効果が出ませんでした。そこで今回はESMへの支援要請と財政規律の受け入れを条件としたのです。

 ユーロは日本時間21時現在、1ユーロ=1.290ドル、対円で100.40円と上昇しています。またイタリア10年国債の利回りは5.02%、スペイン10年国債は5.53%と安定しています。

 本日からのFOMCで追加金融緩和の期待が出ているため、ドルも77.85円とやや円高になっています。

 日本は民主党代表選と自民党総裁選があるため、日本銀行も含めて全く何も出てきません。

 しかし予算執行制限の中で、わざわざ尖閣列島を「法外」な値段で東京都から横取りしてしまいました。せっかく「実効支配」している尖閣列島を、わざわざ中国に反撃の口実を与える「驚異的に余計なこと」をしてくれました。

 やっぱり不思議な野田佳彦・内閣総理大臣ですね。

 ユーロに話を戻します。

 ユーロ圏で財政問題を起こしているのは、ギリシャ、アイルランド、ポルトガル、スペイン、イタリアと、ギリシャ以外はすべてカトリックの国です。

 ギリシャはギリシャ正教(東方正教会)で、1054年にローマ教皇から分離しているのですが、基本的にはカトリックの教えと類似しています。

 一方、ドイツやオランダや北欧(ユーロ参加国はフィンランドだけですが)は16世紀にルターの宗教改革によって広まったプロテスタントが強い勢力を持ちます。

 プロテスタントが勢力を持つ代表は米国で、英国もプロテスタントとは言いませんがカトリックから絶縁した英国国教会です。つまりカトリック(東方正教会を含む)で世界経済を牽引した国は歴史的に存在しないのです。

 宗教学者によるとカトリックの教えは、人間は原罪(アダムとイブが神に背いてエデンの園から追放された)を背負っており、労働とは原罪を犯した結果の「苦役」だそうです。だから勤労意欲が欠けているらしいのです。

 しかしカトリックの「原型」であるユダヤ教を信ずるユダヤ人は、極めて勤労意欲が旺盛なので、こじつけのような気もします。

 それからリビア東部で米国領事館が襲撃され、未確認ですが米国大使も犠牲になったと言われています。預言者ムハンマドを冒瀆する映画が原因のようです。そもそも偶像崇拝を禁じているイスラム教でムハンマドを画像で取り上げたこと自体が大問題なのです。

 イスラム教もユダヤ教から派生していったのですが、世界中で15億人とも言われる信者がいます。

 宗教は奥が深いのです。

闇株にご賛同頂ける方は下のバナーをクリックをして頂けると助かります。
現在は「株ランキング1位」です。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:2 | TrackBack:0
■闇株的見方 » 経済 | 2012.09.13
無料メルマガ配信(不定期)
↓↓↓
メルマガ購読・解除
 
関連記事
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2012年09月 | 10月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム