Archive

広告

中国の反日デモで見落とされている重大事実

2012年09月18日

中国の反日デモで見落とされている重大事実

 日本政府が尖閣列島を国有化したことに反発する大規模な反日デモが、北京など中国各地の80都市以上に広がり、日系企業の工場や店舗などへの被害が広がっています。また1000隻以上の中国漁船が尖閣列島の海域に向かっています。

 特に明日(9月18日)は満州事変のきっかけとなった柳条湖事件が発生した日であり、最大級のデモが予想されます。柳条湖事件については7月19日付け「昭和史最大の謎・近衛上奏文 その3」をご参照ください。

 中国政府も主席の交代を控えているため絶対に弱みは見せられません。反日デモにどれほど中国政府の「裏からの工作」が入っているのかは不明ですが、最終的には日本側からはっきりと目に見える政治的・経済的譲歩を得るまで止めません。高くつくことになりそうです。

 さて今回の問題は、せっかく日本が「実効支配」している尖閣列島をわざわざ日本政府が国有化して中国政府および中国人民に「反発」の理由を与えてしまったことに尽きます。まあ資本主義の世の中なので地権者が高く売却するためにいろいろ「駆け引き」したことは非難できないのですが、それに東京都知事や最終的に日本政府が乗せられては話になりません。

 どうも外務省の官僚が、東京都から横取りして国有化するために暗躍していたようです。

 だとすると「どうしても理解できないこと」が出てきます。

 尖閣列島をこういう形で国有化した場合、中国政府および中国人民が激しく反発することは誰でも想像できたことです。ましては中国事情に精通している(はずの)外務官僚や現地の日本大使館は、もっと予想していたはずです。

 だったら、なぜこういう結果になることをわかっていながら国有化のために暗躍したのでしょう? 暗躍が言い過ぎなら、なぜ少なくとも野田首相や玄葉外務大臣に「警告」しなかったのでしょう?(この両名は、本当にそこまで考えていなかった可能性はあります)。

 省益が国益に優先するのはすべての官僚組織に言えることなのですが、特に外務官僚にとって「最も大事なもの」は外国政府であり、絶対に外国政府とは戦いません。外国政府があるから外務官僚の存在感があるのです。

 入省時に中国語を学んだ「チャイナスクール」の外務官僚は、ずっと中国関係の部署で出世競争を行います。世界中で中国語を話すのは中国だけだからです。だから特に「チャイナスクール」の外務官僚は絶対に中国政府と戦いません。

 同じように「ロシアンスクール」も絶対にロシア政府と戦いません。

 さて、そうすると外務官僚や現地の日本大使館は、なぜ「中国政府を怒らせる」とわかっていながら国有化のために暗躍したのでしょう?暗躍が言い過ぎなら、なぜ首相や外務大臣に警告しなかったのでしょう?

 答えは1つしかありません。
 
 国有化が中国政府のためになると考えたからです。

 国有化が、中国政府を日本政府に対して有利な立場に置き、さしあたっては発足する習 近平体制の地盤強化に役立つと考えたからで、実際に「恐ろしいほど」期待通りの成果が出ることになりそうです。
 
 尖閣列島はどう見ても日本が実効支配しているので、中国政府が最も困ることは「日本があらゆる挑発に乗らず無視し続けていること」だからです。

 あくまでも本誌の主観的見解なのですが、それほど外れているとも思っていません。

闇株にご賛同頂ける方は下のバナーをクリックをして頂けると助かります。
現在は「株ランキング1位」です。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:17 | TrackBack:1
■日本 » 政治 | 2012.09.18
無料メルマガ配信(不定期)
↓↓↓
メルマガ購読・解除
 
関連記事
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2012年09月 | 10月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム