Archive

闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

日本銀行の追加金融緩和

2012年09月20日

日本銀行の追加金融緩和

 日本銀行が本日(9月19日)まで行われていた政策決定会合で、「資産買入等の基金」の規模を10兆円増額して80兆円にするなどの追加金融緩和を決定しました。

 日経平均が108円高の9232円で引け、為替も一時79.20円の円安となりました。

 昨日付け本誌予想が完全に外れてしまいましたので本日は「謹慎」するつもりだったのですが、やはりどうしても書いておきたいことがあります。言い訳ではありません。

 まず本日の決定は「資産買入等の基金」を、長期国債(といっても残存年数が1~3年のものです)と短期国債をそれぞれ5兆円ずつ増やして80兆円にするのですが、期限を半年延長して2013年12月までとしています。つまり今年の年末までは65兆円のままなのです。2013年6月までに75兆円(70兆円から増額)、2013年12月までに80兆円(新設)となります。

 時間軸が伸びたとも言えるのですが、要するに来年の話なのです。

 また今回、長期国債の買入れの最低利回り(0.1%)を撤廃したのですが、日本銀行当座預金の付利を0.1%に据え置いているので、これらの国債の利回りが大きくて低下することはありません。

 日本銀行は短期国債・長期国債の買い入れや共通担保方式の資金供給などで0.1%の資金供給を行い、その資金を0.1%で当座預金に預かっているだけなのです。

 つまり実質的には何の意味もない、金額だけ大きな「見せかけの金融緩和」なのです。

 いくら日本銀行が国債(注)を買い入れても、それは日本銀行と取引のある金融機関から買い入れるだけで、さらに国債の大半は金融機関が保有しているため、一般経済へ新たに資金が供給されるわけではありません。そうでなくても金融機関には資金が「困るほど」余っているのです。

(注)「資産買入等の基金」の短期国債と残存年数1~3年の「長期国債」以外に、日本銀行は月額1兆8000億円の長期国債(実はこれも残存年数の短い国債が大半です)を買い入れており、今回すべての国債の最低利回り(0.1%)を撤廃したのですが、やはり効果は限定的です。

 これからの中央銀行の金融政策とは、金融機関から一般経済に資金が新たに供給される工夫と、経済へ直接的好影響をもたらす工夫が必要となるのです。

 先日のFRBの決定は住宅ローン担保証券(MBS)を無期限に買い入れて不動産市場を回復させるものであり、ECBの決定は南欧国債を無制限に買い入れてユーロ圏の債務問題による市場の混乱を緩和させるものです。

 つまり日本銀行が金融機関だけを相手に、金融機関が大半を保有している「資産」をこれ以上いくら買い取っても効果は無いのです。当座預金金利を撤廃すれば少しは違うのですが、金融機関に保有国債をより低い利回り(高い価格)で売却する機会を与え、預金金利をさらに引き下げる理由を与えるだけかもしれません。

 例えば日本銀行が金(きん)を買い入れれば、金融機関は金(きん)を保有していないので市中から手当てする必要があり、いくらかは一般経済に資金が供給されることにはなります。また日本銀行の資産としても問題は無いはずです。

 そう考えていくと、確かに日本銀行の資産としては問題があるのですが、ETFとREITは比較的少額で効果が出ると考えたのが、昨日の予想なのです。

 今回の決定も、すぐにメッキが剥げてしまいそうです。

 それから中国政府が反日デモを規制したようです。パネッタ米国国防長官が訪中した直後なのでいろいろ推測がでています。また中国の多数の漁業監視船が領海ギリギリを航行しています(たまに侵入しているようです)。

 中国政府の戦術変更があったはずですが、また改めて書くことにします。

闇株にご賛同頂ける方は下のバナーをクリックをして頂けると助かります。
現在は「株ランキング1位」です。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:5 | TrackBack:0
■闇株的見方 » 経済 | 2012.09.20
関連記事
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2012年09月 | 10月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム