Archive

闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

久々にMLBについて・復活したマネーボール?

2012年10月11日

久々にMLBについて・復活したマネーボール?

 本日は日経平均が約2か月ぶりに8600円を割り込んだ以外に余りタイムリーな話題がないので、久々にMLB(Major League Baseball)についてです。

 10月3日にMLBのレギュラー・シーズンが終了しました。

 いつも思うのですが、MLBでは戦力の均衡化など常に面白く見せる工夫が凝らされており、アメリカン・リーグでは2地区で優勝チームが決まったのが最終日でした。

 個人記録でも、46年ぶりの三冠王(タイガースのミゲル・カブレラ内野手)や、完全試合が3つも達成されたりしました。

 戦力の均衡化のための措置の代表が、新人ドラフトの完全ウェーバー(成績の下位球団から機械的に指名する)です。従って数年間も成績が下位のチームには有望新人が集まり、いつの間にか強豪チームになります。日本のプロ野球でもぜひ検討すべきです。

 今シーズン、全30チームの中で最高の98勝(162試合で引き分けがありません)をあげたワシントン・ナショナルズは、その恩恵を最も受けたチームです。もっともイチロー選手のいたシアトル・マリナーズのように10年間も低迷して一向に強くならないチームもあるので、選手を見極めるスカウトの目が重要であることは言うまでもありません(注)。

(注)上位指名でも「外れ」の方が多いことも事実です。現在広島にいるバリントン投手は全米1巡目・第1位で指名されています。

 さてMLBは休む間もなくワールドチャンピオンを目指して、約1ヶ月のポスト・シーズンに入っています。

 最近の特徴として、チーム間の選手年俸総額の格差が広がっています。つまり球団収入の中で地元テレビ局からの放映料が大きな割合を占めるようになり、どうしてもNYやロサンゼルスなど巨額放映料が見込める大都市の球団が有利となるからです。具体的にはNYヤンキース、アナハイム(ロサンゼルス)エンゼルス、そして今年初めに20億ドルの史上最高値でグッゲンハイム家を中心とした投資家グループが買収したロサンゼルス・ドジャースなどで、当然に選手年俸給総額の上位を占めています。

 概算ですがトップのNYヤンキースの年俸総額が2億ドルで、最下位のオークランド・アスレチックスなどが5000万ドル台です。

 ところが今季、NYヤンキースはシーズン最終日にようやく地区優勝を決めたものの、エンゼルス、ドジャース、その他の高給を支払っているチームが軒並みポスト・シーズンを逃してしまいました。

 その理由はもちろん完全ウェーバーのドラフトで、ドラフトで指名した選手は6年間支配下にあり(トレードの対象にはなります)、さらに例外はあるのですが最初の3年間はMajor最低保証の年俸48万ドルで使えます。フリーエージェントの一流選手ともなると年俸1000万~2000万ドルもするのですが、有望新人選手の20~40倍も働くわけではないからです。

 しかし今シーズンは、ポスト・シーズンに残ったチームには、ドラフトで指名した選手を大事に育てるだけでなく、シーズン開始前も開始後も積極的に他のチームの「比較的評価されていなく、従って出場機会に恵まれず、年俸も低い中堅選手」をトレードで獲得して「うまく活躍させている」チームが多いようです。

 普通こういうトレードでは、見返りに「比較的高評価の年俸が高い」選手を出すので、人件費の節約にもなります。

 その代表が、アメリカン・リーグ西地区で地区優勝したオークランド・アスレチックスで、あの映画「マネーボール」のモデルであるビリー・ビーンGMのチームです。

 シーズン最後の3連戦でダルビッシュ投手のいるテキサス・レンジャースに3連勝して逆転地区優勝したのですが、年俸総額は全30チームの最下位です。

 映画「マネーボール」は、ビリー・ビーンGMが低予算の中でセイバーメトリクス(各種数値分析で選手を評価する)を重視してチーム作りをしていくストーリーですが、実は現在このセイバーメトリクスは全球団と全代理人が駆使しているもので、目新しいものでも何でも無くなっています。

 今シーズンのアスレチックスのチーム作りを見ていると、ビリー・ビーンGMが選手評価方法をかなり改良しているような気がします。

 つまり「ニュー・マネーボール」が出来上がりつつあるのかも知れません。

 だとするとMLBの球団経営手法がかなり変わり、今後は超高額契約が姿を消し、長期の超高額契約選手を多数抱え込んだチーム(つまり年俸総額の上位チーム)は苦難の道になるような気がします。

闇株にご賛同頂ける方は下のバナーをクリックをして頂けると助かります。
現在は「株ランキング1位」です。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:2 | TrackBack:0
■趣味 | 2012.10.11
関連記事
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2012年10月 | 11月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム