Archive

闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

内閣官房参与・浜田宏一氏のインタビューについて  その2

2013年01月08日

内閣官房参与・浜田宏一氏のインタビューについて  その2

 昨日付け同題の記事にコメントを頂いていましたので、もう少しだけ続けます。

 まず本誌の「確かに株式や不動産価格が上昇することも日本経済にはプラスなのですが、ますます格差が拡大してしまうことになります」に対し、本誌も外貨取得で取り敢えず円安・株高にすべきと提言していたのに、何が問題なのか?とのコメントを頂きました。

 ご指摘の通り、本誌は常に「錯覚でも過大評価でも、とにかく円安・株高にしてしまえば、本当に経済が回復する可能性が出てくる」と書いているのですが、この「錯覚でも過大評価でも」とは、あくまでも経済回復に対する効果が「錯覚か過大評価でも」と言っているつもりです。

 しかし2~3%の物価上昇目標とは、経済回復そのものとの関係が明らかでないと思うのです(まあこれも「錯覚」と言えるのかもしれませんが)。

 数値目標は、もっと単純に「名目GDP値」を使うべきです。名目GDPのピークは1997年の523兆円で、直近のピークは2007年の512兆円です。それが2011年は468兆円まで落ち込み、2012年も470兆円程度のようです。

 これを例えば「500兆円を目指す」と言えば、もっと分かりやすいと思うのです。

 これに対して「実質GDP」では、2012年も520兆円近くになるそうで、実感と全く違うため使えません。

 もう1つ本誌の「人件費(賃金)の上昇が最も遅れます。従って消費が伸びないため、製品価格への転嫁が遅れ、設備投資や新規雇用も遅れます」に対し、それは違うんじゃないか?とのコメントを頂いています。

 これも物価上昇目標が実体経済に与える影響が分かりにくいことの1例で、ご指摘の通りかも知れませんが、やってみなければわからないとも言えます。だからわざわざ「仮に実現しても、その時に本当に経済が回復しているかどうか分からない」物価上昇を数値目標に使うべきではないと思うのです。

 それから浜田名誉教授は積極財政に反対のはずですが、どう折り合いをつけるのでしょうね? 政権にとって都合の良い積極的な金融政策だけを「つまみ食い」するのでしょうかね?

 話は変わりますが、麻生副総裁が「次期日銀総裁は財務省OBを排除しない」との発言をしています。

 これで武藤敏郎氏が「当確」のように思えます。

 財務(大蔵)官僚OBの序列では、武藤氏の他に渡辺博史・国際協力銀行(JBIC)副総裁、黒田東彦・アジア開発銀行総裁、溝口善兵衛・島根県知事なども「適格」なのですが、何といっても武藤氏は大和総研理事長と次官経験者としては悲しいほど軽量ポストなので、それなりのポストに就ける必要があるのです。

 武藤氏も最近は、日銀の大胆な金融緩和や政府との協力体制に「前向き」の発言をされており、準備万端のようです。

 因みに溝口氏は、2004年初めに「突如」35兆円ものドル買介入(コスト115円程度)を行った時の財務官です。まあ米国からの要請だったのでしょうね。

 これで竹中平蔵氏の可能性は、ほぼなくなりました。

 リクエスト頂いている小泉・竹中改革の評価については、近々まとめることにします。

 これも以前コメントを頂いていたのですが、本誌は残念ながら竹中氏と「年末年始に語り合う」ほど親しくはありません。

 明日は違う話題にします。

闇株にご賛同頂ける方は下のバナーをクリックをして頂けると助かります。
現在は「株ランキング3位」です。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:6 | TrackBack:0
■闇株的見方 » 経済 | 2013.01.08
関連記事
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2013年01月 | 02月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム