Archive

闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

ちょっと息抜き 米国連邦債務上限の抜け道

2013年01月15日

ちょっと息抜き 米国連邦債務上限の抜け道

 先週末(1月11日付け)の「日本銀行はヘッジファンドでない その2」に対して、コメントをいくつか頂いています。もう一度整理して記事にするつもりですが、本日はちょっと息抜きです。

 米国連邦債務が法律上の上限に近付いているので、いくつか「抜け道」が議論されています。例の1兆ドルのプラチナ記念硬貨の話などです。

 他人(米国)のことなので、気楽にいろいろと考えてみます。

 米国連邦法では、連邦政府の債務に上限を定め、その設定を連邦議会に委ねています。そのため2011年8月1~2日に上下院で連邦債務上限を14兆2900億ドルから16兆3940億ドルに引き上げたのですが、再び2012年末に上限に達してしまいした。

 まあその都度、歳出削減とか増税とかの議論になるので、それはそれで良いような気がしますが、最も簡単なのは連邦債務上限の設定は行政の範囲内(つまり大統領の権限の範囲内)との判断を、連邦最高裁判所に求めることです。

 1971年8月にニクソン大統領は、議会にも諮らずドルと金の交換を停止してしまいました。ドルの交換性の変更は行政の範囲内であると勝手に判断したのです。

 もっと単純そうなのは、連邦政府が保有する資産(例えば金など)を売却することです。米国連邦政府は8133トンの金を保有しているはずで、時価換算すると4400億ドルほどになります。

 多分、連邦政府の財産は米国民のものなので勝手に売却できません。また債務上限の問題なので担保にして借り入れることもできません。そこで連邦政府の金のコストは1オンス=35ドルのままだと思うので、例えば1オンス=1000ドルほどに「値洗い」して、そこで2600億ドルほど連邦資産が増えたら、現行上限内でもあと2600億ドルの国債が発行できると「こじつける」方法がありそうです。これで2~3ヶ月はもちます。

 例の1兆ドルのプラチナ記念硬貨は、金・銀・銅貨は発行が制限されているのでプラチナ硬貨にするとの案ですが、もっと重要なことは、これは連邦政府(財務省)の通貨発行権の行使です。多分米国でも貨幣は補助通貨として政府が発行しているのだと思いますが、高額の記念硬貨は立派な通貨です。

 通貨とは通貨発行権者が「1兆ドル」と決めれば、例えコストが10セントの「そら豆」でも、1兆ドルの価値を持ちます。

 それでは米国の通貨発行権者は誰なのか? 連邦法には米国の通貨発行権は米国政府(正確には米国議会)にあると、はっきり書かれています。

 それでは米国政府は通貨(ドル)を発行しているのか? 発行しているのはFRB(連邦準備制度理事会)です。

 FRBは米国政府と同じと考えれば良いのか? 実は全く違います。

 FRB(連邦準備制度理事会)とは、1913年にウッドロウ・ウィルソン大統領が議員の大半がクリスマス休暇の間隙に強硬裁決して発足した純粋の民間銀行です。正確にはユダヤ系の銀行がすべての株式を保有しています。

 それではFRBがドルを発行しているのは連邦法違反なのか? 通貨を発行すれば違反です。しかしFRB発行のドルは、連邦政府の負債(国債)を買入れ、それを小口に分けた無利息・無期限の「資産(国債)担保付債券」なのです。だから連邦法違反ではありません。

 少し前までは米国国債にはかなりの利息が支払われていましたが、「資産(国債)担保付債券」は無利息です。従って米国国債の利息がまるまるFRBの利益であり、株主のユダヤ系銀行の利益だったようです。今はFRBの利益は国庫に納付されているはずです。

 政府債務上限の問題は、突き詰めれば通貨発行権を米国政府に取り戻せばよいだけの話なのです。でもそう言ってしまうと、なかなか微妙な問題になってしまうようです。

 ジョン・F・ケネディは、これをやろうとして暗殺された(Executive Order 11110)との説も、結構根強いようです。

 人(米国)のために考えるのもこれくらいにして、明日からはまた真面目なテーマに戻ります。

 最後に、コメントを頂いていたソフトバンクのイーアクセス売却ですが、総務省の電波行政対策以外の意味はありません。ただ全株式の1%にすべての議決権を与えて、その3分の2以上をわずか数十億円で売却して大丈夫なのかなあ?とは思います。

 イーアクセスの資産は保全できても、一番肝心な割当帯域の保全が出来なくなるように思うのです。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:0 | TrackBack:0
■為替・金融 » ドル | 2013.01.15
関連記事
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2013年01月 | 02月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム