Archive

闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

アカデミー賞の発表が近づく(2012年)

2013年01月22日

アカデミー賞の発表が近づく(2012年)

 現地2月24日にロサンゼルス・ハリウッドで、アカデミー各賞の発表と授賞式が行われます。まだ1ヶ月以上あるのですが、本日はこの話題です。
 
 アカデミー賞とは、前年(2012年)にロサンゼルス郡で7日間以上有料公開された作品が対象で、約6000人のアカデミー会員が投票で、作品・監督・主演男優・主演女優・脚本・作曲・撮影・衣装デザイン・外国映画など各部門の受賞者を選びます。

 従って2月24日は2012年のアカデミー賞の授賞式で、会場は同じですが命名権がコダック(倒産)からドルビー・ラボラトリーに移っているので、ドルビー・シアターで開催されます。当日会場に入れるのはアカデミー会員と招待客(候補者)だけです。

 各部門の候補作品(者)は、それに先立ちそれぞれの部門のアカデミー会員の投票で選ばれており、2月24日に全アカデミー会員の投票で受賞者が決まります。なぜか投票結果発表までの保管はプライスウォーターハウスクーパース(大手会計会社)が行います。

 投票権のあるアカデミー会員とは、大半が米国人それもハリウッドで活動する「映画人」で、マスコミ・評論家・制作会社・スポンサーなどは投票できません。

 つまりアカデミー賞とは、米国それもハリウッドを中心とした映画人の「仲間うち」の賞なのです。受賞者には金メッキの像(オスカー)が贈られるだけで、授賞式の司会者なども無報酬です。

 毎年そうなのですが、投票に合わせて2013年になってから公開する作品も多く(資格を満たすため2012年の年末にロサンゼルス郡だけで限定公開しています)、当然に日本で未公開の作品が多いため受賞作品(者)を予想するのが難しいのですが、ハリウッドを中心とした映画人と映画界を取り巻く環境から、ある程度は予想できます。

 作品賞候補作品から見て行きます。

 候補10作品の中で有望なのは、公開順に「アルゴ」「レ・ミゼラブル」「リンカーン」「ゼロ・ダーク・サーティ」です。

 「アルゴ」はイラン大使館の人質救出作戦、「ゼロ・ダーク・サーティ」はビンラディン暗殺作戦についてですが、歴史的にアカデミー作品賞には戦争・テロの話題は不利です。ここ20年間で「シンドラーのリスト(1994年)」と「ハート・ロッカー(2008年)」の2作品しか受賞していません。

 「レ・ミゼラブル」も評判が高いのですが英国映画で、2011年の「英国王のスピーチ」、2012年の「アーティスト」と欧州作品の受賞が続いているため、やや不利になります。

 従って、消去法で「リンカーン」かな?と思います。やはり2012年に「リンカーン・秘密の書」という映画が公開されているのですが(これは外れです)、別の作品です。

 監督賞ですが、前評判の高かったベン・アフレック(アルゴ)、キャスリン・ビグロー(ゼロ・ダーク・サーティ)、トム・フーバー(レ・ミゼラブル)が、軒並み候補から漏れてしまいました。

 特にベン・アフレック(アルゴ)は主演男優賞候補からも漏れてしまいました。作品賞は無理でも、監督賞か主演男優賞のどちらかで「受賞」と思っていたので意外でした。

 従って監督賞は、これも消去法でスティーヴン・スピルバーグ(リンカーン)、主演男優賞は、作品賞の残念賞でヒュー・ジャックマン(レ・ミゼラブル)かな?と思います。

 もう1つ主演女優賞ですが、最近の傾向は特定の作品での演技力ではなく、ここ数年の活動から「そろそろ取らせてやりたい」女優が選ばれています。その傾向からするとナオミ・ワッツかな?と思います。

 仮にヒュー・ジャックマンが主演男優賞、ナオミ・ワッツが主演女優賞を受賞すると、オーストラリア国籍俳優のダブル受賞となります(ナオミ・ワッツは英・豪の二重国籍)。

 最後に日本人では、石岡瑛子さんが衣装デザイン賞候補に選ばれています。残念ながら昨年お亡くなりになっているのですが、アカデミー賞は生存条件ではないので、受賞の可能性が高いと思います。

 2011年のアカデミー賞の予想は、昨年2月13日付け「アカデミー賞の発表が近づく」に書いてあります。

 たくさんの応援クリックありがとうございました。お陰様で1位に戻ることができました。今後ともよろしくお願い申し上げます。

 それから、今後はもっと個別銘柄の記事を増やします。コメント頂きました「あおぞら銀行」以外にも、リクエストがあればコメントでお送り下さい。

闇株にご賛同頂ける方は下のバナーをクリックをして頂けると助かります。
現在は「株式ランキング1位」です。

  

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:1 | TrackBack:0
■趣味 | 2013.01.22
無料メルマガ配信(不定期)
↓↓↓
メルマガ購読・解除
 
関連記事
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2013年01月 | 02月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム