Archive

闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

したたかな日本銀行の追加金融緩和

2013年01月23日

したたかな日本銀行の追加金融緩和

 日本銀行は本日(1月22日)の金融政策決定会合で追加金融緩和を決定し、同時に政府との共同声明も公表しました。

 しかしその中身をよく見てみると、したたかな日本銀行が浮かび上がってきます。

 まず「物価安定の目標」を前年比2%の消費者物価上昇と定め、金融緩和を推進し、出来るだけ早期の実現を目指すとしています。

 安倍内閣が日銀に最も強く求めていたのがこれで、ここは日銀が応じたことになるのですが、日銀は達成時期を明示していません。つまり「達成できるまで金融緩和を推進する」と言っているだけなのです。

 しかも白川総裁は夕方の記者会見で、「2%の物価上昇に届かない段階でバブルなど金融面の不均衡が顕在化した場合は、金融政策の運営については日本銀行が責任をもって判断する」とクギをさしています。

 もう1つ「期限を定めない資産買入れ方式」の導入として、資産買入等の基金(以下「基金」)の運営について、現行方式の買入れが完了した後、2014年初から期限を定めず、当分の間、毎月、長期国債2兆円程度を含む13兆円程度の金融資産の買入れを行うとしています(日銀の公表文の引用です)。

 まず現行方式の買入れとは、昨年12月20日に基金を101兆円に増額し、2013年中の資産買い入れを36兆円程度としたものです。その36兆円とは長期国債(残存年数が1~3年のものです)20兆円と短期国債15兆円などです。

 つまり本年(2013年)12月までは「何も変わらない」のです。

 そして2014年初から、毎月13兆円程度の金融資産を買入れるのですが、その内訳が長期国債(これも残存年数1~3年のものです)2兆円と、短期国債10兆円などとされています。

 短期国債は1年未満で償還になってしまうので、日銀は「2014年中に基金残高は10兆円程度増加する」だけだと白状しています。つまり長期国債(残存年数1~3年)と短期国債をいくら買入れても、現在買い入れている分も含めてどんどん償還になってしまうので、基金残高は2014年中に10兆円しか増えないということです。

 つまり2013年の36兆円に比べて、2014年は10兆円しか基金が増加しないのです。

 ついでに付け加えますと、基金の買入れ実績では2012年11月中に(現在発表されている一番新しい月間データですが、その時は同年12月の追加緩和以前で基金残高目標が91兆円でした)、短期国債3.4兆円など合計6.9兆円も買い入れています。

 つまり来年である2014年に、短期国債10兆円を含む13兆円を毎月買入れても、別に「びっくるするほどの」金融緩和とは言えないのです。

 確かに短期国債を大量に買い入れることは、短期資金を潤沢に供給することなので、金融緩和を一層推進することには違いないのですが、それは安倍内閣が求めたものとは違うはずです。

 安倍内閣の求める金融緩和とは、残存年数の長い国債や、株式・不動産などのリスク商品などを日銀が購入する「半永久的な資金供給」だったはずです。もっとも日銀が「半永久的な資金供給」をしたところで、金融機関が貸出しを増やすこととは「何の関係」もありません。

 つまり本日の日銀政策決定会合は「2%の物価上昇目標が達成されるまで、短期資金を潤沢に供給しますよ」そして「バブルの兆候が現れたら、さっさと終了しますよ」と言っているだけなのです。

 しかし安倍内閣は、「2%の物価上昇目標」の文字が入っただけで、早速「これで日銀法改正は必要なくなった(菅官房長官)」と、大変にご満悦のようです。

 本誌は、1月18日付け「日本銀行はヘッジファンドではない その3」などで、「2%の物価上昇目標」「日銀法改正」「日本銀行のヘッジファンド化」に否定的で、日本銀行は潤沢な資金供給に専念すべきと主張しています。

 中央銀行として最も重要なことは、中央銀行としての信認つまり「円」の信認を維持することなのです。そして日銀は取り敢えずですが、それを守ったのです。

 円は対ドルで、発表直後の90円から88.75円、対ユーロで発表直後の120円から118.50円(ともに1月22日20時40分現在)と「円高」になっています。

 日経平均も含めて、しばらく冷静になる必要があるようです。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:1 | TrackBack:0
■為替・金融 » 国債 | 2013.01.23
関連記事
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2013年01月 | 02月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム