Archive

闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

読売新聞の不思議な日銀新総裁候補

2013年02月21日

読売新聞の不思議な日銀新総裁候補

 1日お休みしてしまいました。

 この2日間で最も面白そうな話題を書くべきなのですが、やっぱり日銀新総裁の話になります。

 ネットで見ただけなのですが読売新聞が新総裁候補を4名に絞ったそうです。別に読売新聞が絞ったのではなく、「誰か」が読売新聞に書かせただけなのですが、思わず首をかしげてしまいました。

 「誰」が書かせたのかが、全く分からないからです。
 
 その4名とは、岩田一政氏、岩田規久男氏、黒田東彦、伊藤隆敏氏です。どうもこの順番に「有力」のようです。

 大本命の武藤敏郎氏が消えています。別に本誌が武藤氏を「待望」しているのではなく、オール財務省としては武藤氏を第1候補にすると思っているだけだからです。

 なぜなら武藤氏は元財務次官で、日銀副総裁から2008年の総裁候補だったのですが民主党の反対で国会同意が得られず、大和総研理事長という財務次官経験者としては悲しいほどの軽量ポストに甘んじているからです。財務省OBのバランスのためにも、それなりのポストに就いてもらわなければならないのです。

 4人の中には、財務省出身で元財務官の黒田東彦氏が入っているのですが、黒田氏は現アジア開発銀行総裁で、既にそれなりのポストに就いています。それに黒田氏が任期途中でアジア開銀総裁を辞すると、せっかくのポストを中国に奪われる可能性もあり、オール財務省としては何が何でも死守しなければならないポストなので、黒田氏を日銀総裁に就けることはリスクでしかないからです。

 そうすると、残る3人はすべて「学者」となってしまいます。

 つまり読売新聞に書かせた「誰か」とは、オール財務省であるはずがなく、かといって安倍内閣周辺とも考えにくいのです。安倍総裁の周辺には「組織を動かした経験のない人(つまり学者)は好ましくない」との考えがあったはずだからです。

この3人の中では、岩田一政氏は経済企画庁出身ですがキャリアのほとんどが学者で、岩田規久男と伊藤隆敏氏は純粋の学者です。

 もともと安倍首相は、日銀総裁は「私と考えを共有できる人」が好ましいと言っているようですが、要するに「何でも言うことを聞く人」となってしまうので、首相の発言としては非常に軽率です。

 読売新聞の記事は、「岩田一政氏を目立たせるため」とも考えられるのですが、その岩田一政氏は「日銀は外債を大量に買うべし」と主張して目立つようになりました。

 ところが、これは日銀の資産購入の意味を理解していません。

 そもそも日銀が市中から資産を購入する意味は、金融緩和目的であっても成長通貨の供給目的でも、必ず資金が日本の市場に供給されなければなりません。

 ところが外債の購入は、形式的に日本の金融機関を通じて購入しても、その資金は最終的に海外に支払われます。つまり日銀が海外(例えば米国)の金融を緩和することになり、明らかに日銀の役割を逸脱しています。

 「儲かると思う」「米国に良い顔をしたい」「円安を誘導したい」「総裁候補になりたい」などは、日銀としての役割ではありません。

 もし岩田一政氏がスタンドプレーではなく、本心からそのように思っているのなら、日銀総裁としての能力に大きな疑問符が付くことになります。

 確かに「思い切った金融緩和」で円安・株高となることは間違いありません。ここは従来通りに短い国債を短期間に50兆円ほど購入することが正解のはずです。

 思い切った金融緩和には違いなく、すぐに償還になるので弊害も少ないからです。新総裁はそのように安倍首相と市場参加者を「かわす」ことくらいができる候補者であるべきです。

 「誰か」ですか? 「うーーん」と言うしかありません。

闇株にご賛同頂ける方は下のバナーをクリックをして頂けると助かります。
現在は「株ランキング1位」です。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:2 | TrackBack:0
■日本 » 政治 | 2013.02.21
関連記事
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2013年02月 | 03月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム