Archive

闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

極めて深刻な北朝鮮情勢

2013年03月13日

極めて深刻な北朝鮮情勢

 いつも気になっているのですが、日本のテレビで北朝鮮情勢を解説するとき、決まって「北朝鮮情勢に詳しい専門家」と称する人々が出てくるのですが、だいたい同じ顔ぶれです。どういう風に「詳しい」のか、全く分かりません。

 もちろん本誌も全く詳しくはないのですが、「きわめて深刻な状況」であることは感じます。

 ポイントが3つあります。

 まず3月7日に、国連安全保障理事会が2月に3度目の核実験を行った北朝鮮に対して、経済制裁を追加・強化する決議を全会一致で採択しました。核兵器の開発のためのヒト・モノ・カネの移動を制限・監視するもので、主要な制裁措置の実施を各国にも義務づけるものです。

 決議には賛成した中国が、実際に制裁に踏み切れるかが大きなポイントとなるのですが、そうでなくても微妙な米中間に、また新しい要因が加わったことになります。もちろん日本にとって「他人事」で済むはずがありません。

 2つめは、この安保理決議と米韓合同軍事演習をうけて、北朝鮮が3月11日に休戦協定を一方的に破棄したと韓国に通告してきました。板門店の韓国との直通電話も切られているようです。

 休戦協定とは、1950年6月25日に始まった朝鮮戦争は、実は今も終結しておらず、1953年7月27日に休戦協定が締結されていただけです。これが破棄されたのです。つまり朝鮮戦争時の状態に戻ってしまったのです。

 最後は、3月11日(日本時間3月12日)に米国政府が、北朝鮮の外貨決済の窓口である「朝鮮貿易銀行」と政府や朝鮮労働党の幹部ら4名を、新たな制裁対象に加えました。
 
 特に「朝鮮貿易銀行」は、米銀との取引が禁止されるとドル決済が出来なくなります。ただ米国以外の銀行を利用すれば決済できるため、当然に日本や韓国にも同様の制裁に加わるように求めてきます。

 日本の銀行も、北朝鮮の核開発を止めるための制裁には率先して協力するべきなのですが、多分簡単にはいかないのでしょうね。

 繰り返しですが、これらを総合的に考えると「きわめて深刻な北朝鮮情勢」となるのです。

 あくまでも感覚ですが、北朝鮮は金正恩体制になったものの能力的には全く未知数であり、父親の金正日時代からの側近や軍の幹部などが金正恩の「権威」をうまく利用して勢力を広げているような気がします。

 つまり「軍人」は戦争をしたいわけで、経済幹部は私腹を肥やしたいわけです。また誰にとっても日本は格好の「敵」にされてしまいます。

 金正恩とは、これらの側近や幹部にとって「都合の良い神輿」であり、当然にその「神輿」には周辺にとって都合の良い情報しか上がらず、また「神輿」も自らを「万能の帝王」で「世界中で怖いものが無い」と信じてしまっていると思うのです。

 これは非常に危険な兆候で、歴史的にみてもあまり前例が思いつきません。

 それくらい「厄介な神輿」が、すぐそこにいるのです。

 また続編を書くことになると思います。

闇株にご賛同頂ける方は下のバナーをクリックをして頂けると助かります。
現在は「株ランキング1位」です。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:5 | TrackBack:0
■闇株的見方 » 社会 | 2013.03.13
無料メルマガ配信(不定期)
↓↓↓
メルマガ購読・解除
 
関連記事
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2013年03月 | 04月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム