Archive

闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

内閣官房参与の訪朝

2013年05月16日

内閣官房参与の訪朝

 安倍内閣の飯島勲・内閣官房参与が昨日(5月14日)に北朝鮮を訪問していたことがわかりました。

 北朝鮮側が平壌に到着した飯島氏の映像を外国メディアに公開してしまったのですが、これは安倍内閣としては「想定外」だったはずです。本日(5月15日)の参議院予算委員会で問い詰められた安倍首相は「ノーコメント」と繰り返すだけでした。

 飯島氏は小泉内閣の総理大臣秘書官(政務担当)を務め、小泉内閣を5年以上も延命させた立役者で、2002年の小泉首相訪朝にも、安倍官房副長官(当時)らと随行しています。

 さて、安倍内閣の目論見には参議院選挙を控えて拉致問題の解決があるはずです。拉致問題は、もちろん日本として解決しなければならない問題ですが、北朝鮮包囲網を形成している米国・韓国、それに距離を置きながらも北朝鮮批判を強めている中国に対し、もし報道されているように全く極秘裏に進めようとしていたのなら「軽率だった」と言わざるを得ません。

 北朝鮮から見れば、「日本が北朝鮮に何かを頼みに来た」とのイメージで映像を公開し、米国・韓国それに中国に対する「何らかのカード」に使うことは明らかです。

 「初動」から間違えていたことになります。

 飯島氏の訪朝と関係があるかどうかは不明ですが、東京の朝鮮総連ビルの競売を落札していた「ある宗教法人」が、金融機関から融資を受けられずに流れてしまいました。

 この朝鮮総連ビルについては、2007年に整理回収機構の競売を逃れる目的で、元・公安調査庁長官の緒方重威氏が代表を務める投資顧問会社(無届けでした)に登記を不正に移したなどで緒方氏らが逮捕された事件がありました。

 本来、朝鮮総連の活動を監視する立場の公安調査庁の元長官が、朝鮮総連に便宜を図っていたこと自体が「異様」なのですが、そもそも「被害者」とされた朝鮮総連が全く被害を受けたと認識していない中で元長官らを「不動産詐欺」で逮捕するなど、いまだに訳が分からない事件でした。

 どう考えても官僚組織の中でも「絶対に我々から窺い知れない奥深い闇の中の暗闘」のようですが、所詮は官僚間の争いなのであまり興味を持てず深く調べたことがありません。取り調べた検察サイドには、あの前田恒彦氏がいたようです。

 その朝鮮総連ビルが結局は競売になり、それを落札したのが件の「宗教法人」でした。そのまま金融機関が融資していれば、結局は北朝鮮の「自己競落」で、融資してしまえば金融機関全体にとって「不良債権のリファイナンス(それも旧債権を大幅減額して、さらに大幅増額してリファイナンスするようなもの)」になってしまいます。

 日本としては到底容認できるものではなく、金融庁(つまり安倍内閣)が実質的にストップをかけていたとしても当然のことです。

 しかしその措置が飯島氏の訪問とどこかで「紐づけされて」いて、今後の何かしらの取引材料に使われることは、あってはなりません。

 外交というものは、決して小手先や「お土産」で済む問題ではないのです。


闇株にご賛同頂ける方は下のバナーをクリックをして頂けると助かります。
現在は「株ランキング1位」です。



人気ブログランキングへ

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:7 | TrackBack:0
■日本 » 政治 | 2013.05.16
関連記事
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2013年05月 | 06月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム