Archive

闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

インデックスの「その後」

2013年08月06日

インデックスの「その後」


 6月27日に民事再生を申し立てたインデックス(7月28日にJASDAQ取引所の上場廃止)の事業譲渡入札が先週行われ、20社以上が応募して200億円程度の入札があったと報道されています。

 負債総額が245億円と報道されているため、単純に考えればこれで負債のほとんどが弁済されることになるのですが、ちょっと妙な感じがします。それなら何も民事再生を申し立てずに一部の事業売却などで頑張ればよかったはずだからです。

 インデックスは4月15日に、平成25年8月期の第2四半期決算の提出遅延と過年度決算修正の可能性を開示して管理銘柄に割り当てられました。

 そして5月15日に調査のための調査委員会を設置したのですが、その報告を待たずに6月12日に証券取引等監視委員会の強制捜査が入り、捜査中の6月27日に民事再生を申し立てていました。

 株価は一時45円(7月2日)の安値を付け、上場廃止日(7月28日)の終値は50円、時価総額は1.9億円となっていました。

 妙な感じがするのは、決算提出遅延のIRから証券取引等監視員会の強制捜査、民事再生申立て、事業譲渡の入札まで「すべてがあまりにも早すぎる」からです。「手回しが良すぎる」ともいえます。

 軽々にはいえませんが、「インデックスの収益事業だけを格安で入手する」ための一連の動きのように思えます。民事再生なので債務は「切り捨て放題」なのです。

 確かに負債総額の245億円というのは、強引に連結外しをした子会社や、循環取引で隠れているところもあり「そんなに少なくないはず」ですが、会社(インデックス)のスポンサー探しを飛ばして、いきなり事業譲渡の入札をするのもやや奇異に映ります。

 つまり最初から会社(インデックス)の存続を前提にはしていないのです。

 7月11日付け「インデックスを巡る証券取引等監視委員会の対応」の内容に関して、コメントをいただいていました。

 負債総額よりも事業譲渡の金額の方が大きかったら株主は報われるのか?ですが、確かに事業譲渡で得た資金ですべての債権者に債権順位に従って満額を支払ってなお余剰金がでた場合、もしインデックスが解散決議をしていれば持ち株比率で案分して支払われます。

 しかし、もし存続させるとしても、「空っぽ」のインデックスとその株主は、そのまま放置されるだけです。

 しかも民事再生では、普通は100%減資となります。これは必ずそうすべきと決まっているわけではありませんが、普通は最劣後債権である株主資本は切り捨てられます。

 確かに2010年に負債総額554億円で民事再生を申し立てたプロパスト(JASDAQ上場・コード3236)のように、今も上場が維持されているケースもあります。

 当時のルールでは、民事再生申立後1か月間は時価総額5億円を維持できて、かつ民事再生申立後1年以内に債務超過を解消すれば上場が維持できるとなっていました(今がどうなっているのかは調べていません)。

 しかし民事再生で負債が大幅に切り捨てられるというIRと、上場が維持できれば債務の株式化と資金調達が容易になるというIRがセットになれば、時価総額と債務超過解消のハードルは当然に低くなります。しかし本来は最劣後であるはずの株主資本をそれよりも上位の債権の犠牲のもとに守ったことになり、明らかに株式市場の「悪用」です。

 最後に、なぜインデックスの株式に価値が出る可能性が「絶対に」ないと思うのか?とのご質問ですが、書いてきたように当時から「何か不自然」と考えており、その「不自然」が具体的に何であるのかはわからなくても(たぶん永久にわかりません)、一般株主にまで恩恵を残してくれるはずがないと「直感的に」感じたからです。

 本日は、あまり科学的な記事ではありませんでした。よろしかったらコメントをお送りください。再度考えてみます。



Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:5 | TrackBack:0
■闇株的見方 » 株式 | 2013.08.06
関連記事
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2013年08月 | 09月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム