Archive

闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

MLBと禁止薬物

2013年08月07日

MLBと禁止薬物


 MLB(大リーグ機構)は8月5日、アレックス・ロドリゲス選手(ヤンキース)ら13選手に禁止薬物規定に違反したとして出場停止処分を科しました。

 球界最高年俸2900万ドル(29億円)のロドリゲス選手だけが8月8日から211試合(つまり来年いっぱい)、そのほかの12選手が当日から50試合の出場停止となります。

 ロドリゲス選手だけが重い処分になっているのは、継続して禁止薬物を使用し、他の選手にもすすめ、また隠ぺい工作をしていたなど「悪質」と判断されたからです。

 しかし今回の処分は尿検査などの「物証」ではなく、禁止薬物を提供したマイアミのクリニック(無免許)所長の証言などを積み上げて立証したものです。

 そしてロドリゲス選手だけが異議を申し立てて徹底的に争う意向で大弁護団を雇ったようです。高額報酬で雇った「凄腕」弁護士団と大リーグ機構(MLB)がどのような戦いを見せるのかが注目されます。

 禁止薬物といっても麻薬と違い、使用すること自体は犯罪ではありません。

 今シーズンは故障などで1試合も出場していなかったロドリゲス選手は、処分が発表された当日(8月5日)の試合に強行出場し、敵地のシカゴで大ブーイングを浴びました。地元ニューヨークだったらもっと大ブーイングとなっていたはずです。

 異議申し立て中は出場が認められるため、まだまだ強行出場しそうです。デモンストレーションの意味があるのでしょうが、ヤンキースの同僚からもファンからも見放されているようです。

 ロドリゲス選手への処分と異議申し立てには、倫理観とか青少年の夢を壊すなどの基本的な問題「そっちのけ」の、オカネを巡るMLBの構造的な問題があります。

 当然に出場停止期間中の年俸は支払われませんが、2017年まであるロドリゲス選手の高額契約は破棄されません(2015年~2017年には成績にかかわらず60億円ほど受け取れます)。MLBでは一度結んだ高額契約は、選手自身の重大な過失による怪我で選手生命が絶たれたときや、選手が重大犯罪(殺人など)を犯したとき以外には解除できません。

 つまり禁止薬物の使用では契約解除はされません。

 これでは「高額な契約を得るために禁止薬物を使用して成績を上げ、万一見つかっても50試合の出場停止(無給)だけで残った高額契約は維持され、また新たな高額契約を結ぶチャンスがある」ことになり、いつまでたっても禁止薬物の誘惑に負けてしまう選手がでてくることになります。

 確かに2度目の処分は100試合の出場停止で、3度目は永久追放となっていますが、永久追放まで行った例はありません。

 また最近引退した選手の中にも、762本の歴代最多通算本塁打記録を持つバリー・ボンズ選手や、通算354勝のロジャー・クレメンス投手など薬物使用が強く疑われるケースもあり、記録そのものの価値に疑いがもたれています。

 ヤンキース側とすれば、何としても契約解除に持っていきたいはずです。そうするとロドリゲス選手の2015年~2017年の年俸だけではなく、毎年支払っている贅沢税(注)もなくなるかもしれないからです。

(注)支配下選手の年俸総額が既定額をこえると、その17.5%~50%を大リーグ機構(MLB)に支払うもので、ヤンキースは毎年支払っています。

 しかし米国においても一般常識から大きくかけ離れたカネを巡る思惑と闘争は、間違いなくファン離れを起こします。

 高成長を続けるMLBにとって、どこまで行っても構造的な大問題となるのです。



Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:0 | TrackBack:0
■闇株的見方 » 社会 | 2013.08.07
無料メルマガ配信(不定期)
↓↓↓
メルマガ購読・解除
 
関連記事
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2013年08月 | 09月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム