Archive

闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

安倍晋三とヘンリー・クラビス

2013年09月30日

安倍晋三とヘンリー・クラビス


 訪米中の安倍首相のスケジュールで、最も気になったのがハドソン研究所に招かれた昼食会でした。ハドソン研究所は大変に米国政府に近い(というよりもそのものの)シンクタンクだからです。

 そこで話し込んだのがKKRの共同創業者で最高経営責任者のヘンリー・クラビス氏だったようです。KKR(コールバーグ・クラビス・ロバーツ)とは、カーライル、ブラックストーンと並ぶ世界最大のプライベート・エクイティ・ファンドです。

 KKRといえば、1989年に世界の金融市場を巻き込んで争奪戦となったRJRナビスコを252億ドルで競り落として一躍有名となり、ヘンリー・クラビス氏は当時から指揮を執り続けている米国金融界の「超大物」です。

 9月24日付け「軍産複合体の正体 その2」で取り上げたカーライルや、創業者が元商務長官だったピーターソン氏のブラックストーンに比べると、KKRは比較的「民間色」の強いファンドといえます。

 またKKRは昨年8月に経営危機に陥っていたルネサスエレクトロニクスへの出資に前向きだったのですが、結局は官民ファンドの産業革新機構が出資してしまいました。クラビス氏は安倍首相に「もっと(我々)ファンドの資金を活用するよう」求めたようです。

 安倍首相がどのように感じたのかは不明ですが、これは「大いに利用すべき話」です。

 その前に「本誌は外資が嫌いなのではなかったか?」ですが、正確にいうと「日本経済に何の付加価値もない外資が日本市場を食いものにすること」さらに「日本の当局の恐るべき無知と意味不明な遠慮で、呆れるような暴挙を認めてしまっていること」に強い怒りを覚えているだけです。

 古くは8兆円も公的資金を投入した日本長期信用銀行を僅か10億円で無名のリップルウッドに売却してしまったことや、中国のインチキ企業をいくつも東証などが上場させて巨額の資金調達のあと文字通り「消えてしまった」ことや、最近では日本郵政の巨額資金と店舗網を「がん保険の専門企業でも何でもないアフラック」に提供してしまったことなど、いくらでも出てきます。

 つまりリップルウッドは何の経営能力もないので買収した新生銀行(旧・日本長期信用銀行)は今も迷走を続け、文字通り消えてしまったインチキ中国企業は問題外であり、がん保険はアフラックでなければ提供できないものではなく日本の保険会社の収益機会を奪っているだけなのです。

 しかしKKRは間違いなく世界で超一流のファンドなので、その事業再生ノウハウは大いに日本経済再生の参考となり、その他の「超一流」ファンドや日本企業や日本の再生ファンドなどを巻き込んで公平な競争となれば、日本経済のエネルギーとなるはずです。

 そもそも日本の金融市場に「超一流」ファンドや「超大物」が積極的に接近してくることは非常に珍しいのです。もちろんその背景には、リーマンショック以降続く世界の金融緩和による投資資金の余剰と運用競争の激化と、行き過ぎた新興国市場への投資の見直しなどがあるはずですが、日本経済にとって間違いなく「大いに利用すべき話」なのです。

 安倍首相の唱える「第3の矢」には、各方面の思惑ばかりが先行している官民ファンドが「山ほど」出てくるのですが、これでは本当の企業価値の向上や日本経済の活性化に結びつきません。

 KKRはインテリジェンスを325億円で買収したのが日本における唯一の投資実績で(テンプホールディングスに510億円で売却済み)、今回パナソニックからヘルスケア事業を1650億円で買収する予定です。つまり今まで日本市場ではほとんど活動しておらず、まさにこれから積極的に投資しようとしているのです。

 それでは日本で事業再生や企業価値の向上に成功しても、KKRが儲かるだけではないのか?ですが、パナソニックが売却するヘルスケア事業には、パナソニックが2割出資します。つまりパナソニックは今後も投資収益の2割を「黙って見ているだけ」で受け取れるのです。

 つまり日本の売り手や官民ファンドが、2~3割の株式を保有することを条件にすればよいのです。状況から考えると「多少の条件」なら呑むはずで、他の「超一流」ファンドも出てきて「もっとよい条件」になるかもしれません。

 高度の駆け引きが必要ですが、KKRが参入するだけで「投資対象としての日本市場」への世界的な関心を一段と高めるはずです。それだけでも「超大物」ヘンリー・クラビスの申し入れを「大いに利用すべき」価値があるのです。

 やや誉めすぎたのですが、KKRにとって本命は「東京電力」のような気がします。KKRが2007年に480億ドルと史上最高額で買収(LBO)したTXU(テキサスの電力会社)が破綻しそうになっており、このままだと巨額損失が出てしまうためクラビスはウルトラCを考え出す必要もあるからです。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:3 | TrackBack:0
■闇株的見方 » 株式 | 2013.09.30
無料メルマガ配信(不定期)
↓↓↓
メルマガ購読・解除
 
関連記事
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2013年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム