Archive

闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

FRBは量的緩和縮小を継続 どうなる日本株?

2014年01月31日

FRBは量的緩和縮小を継続 どうなる日本株?


 FRBは昨日(1月29日)まで行われていたバーナンキ議長最後のFOMCで、12月に引き続き資産買入れ額を100億ドル減らして月間650億ドルにすると、全員一致で決定しました。

 昨日のNY株式は189ドル安の15738ドルとなり、FRBの緩和縮小が改めて新興国通貨の下落を呼び、それをみてNY市場がまた下落する悪循環でした。

 1月28日にトルコ中央銀行が翌日物貸出金利を7.75%から12%に、インド中央銀行も7.75%から8.0%へ、翌29日には南アフリカ準備銀行(中央銀行)も5.0%から5.5%へそれぞれ引き上げたのですが、FRBの緩和縮小もあってこれらの新興国通貨が再び下落してしまいました。

 そして本日(1月30日)の日経平均は376円安の15007円となり、昨日(1月29日)の上昇幅の403円のほとんどを失ってしまいました。

 今夜発表されたばかりの2013年10~12月の米国GDPは、個人消費の好調を受けて実質3.2%成長となり、少なくとも当面の米国経済は問題がなさそうです。

 つまりNY株式にとってFRBの緩和縮小は十分に織り込み済みだったのですが、先週からの新興国通貨下落は明らかに「不意を突かれた」もので、今回の量的緩和縮小が新興国の通貨や経済に与える影響が読み切れなくなったため、結果的に量的緩和縮小がNY株式さらには米国経済に悪影響を与える可能性が出てきてしまったことになります。

 日経平均については、そもそも新興国通貨の混乱が日本経済に与える影響など「もっと読み切れない」ため、結局はいままでどおり「NY株安」「円高」「中国経済や金融の不安」の3点セットが日経平均にダメージを与えることになります。

 しかし新興国の通貨や経済の混乱は即座に「NY株安」となり、いずれは「中国経済や金融の不安」となるため、やはり日経平均を下落させることになります。

 ついでに付け加えれば、消費増税に伴う日本経済の急減速は日経平均にとって当面のダメージとはならず、仮に日銀が追加量的緩和に踏み切れば「かなりのプラス」になるはずです。

 ところでダメージの3点セットの「円高」を飛ばしたのですが、実はそれほど「円高」になるとは思えません。

 確かにNY株安を受けた本日未明(日本時間)には、1ドル=101.80円、1ユーロ=139.00円まで「円高」となっていました。

 報道では、新興国通貨の下落や量的緩和縮小による米国経済の減速懸念から「安全資産(通貨)である円が買われて円高になった」と説明されているのですが、大変に違和感のある説明です。

 先進国の中で唯一経済成長が減速しており、経常収支の赤字国に転落することが確実であり、「金融抑圧」が強化され全ての投資収益レベルが低下しており、そこへ消費増税まで強行する日本の通貨が「安全資産」であるはずがありません。

 世界経済が混乱したときに「安全資産である円が買われている」のではなく、「世界で最も安心してショートできる円が、世界的なポジションの縮小にともない(少しだけ)買い戻されている」ことになります。

 つまり円は今後も常に円安圧力がかかると考えておくべきで、昨年までの「円安は日本経済を活性化させて、日本株を上昇させる」は変更する必要がいずれ出てきます。

 しかし「円高が日本経済を活性化させて、日本株を上昇させる」わけでもないため、そのうちに「円高は日経平均にダメージとなるものの、円安もプラスにならない」という悩ましい展開になりそうです。

 新興国通貨の混乱により、考えるべきポイントがさらに多くなってしまいました。引き続き考えます。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:3 | TrackBack:0
■闇株的見方 » 株式 | 2014.01.31
無料メルマガ配信(不定期)
↓↓↓
メルマガ購読・解除
 
関連記事

2014年・スーパーボウル(Super Bowl)が近づく

2014年01月30日

2014年・スーパーボウル(Super Bowl)が近づく 


 今年もNFL(National Football League)の頂上決戦・Super Bowlが2月2日(日曜日・日本時間2月3日午前)に行われます。

 今年はNY郊外のニュージャージー州にあるMetLife Stadiumで行われますが、48回目のスーパーボウルで初めて寒冷地・野外の開催となります。心配される天候ですが、予報では摂氏マイナス1度と「比較的温暖?」で、雪や吹雪ではないようです。ただ強風が吹き体感温度はかなり下がりそうです。

 また選手・報道陣の宿泊施設やメディア・センターなどはマンハッタンにあるため、そうでなくてもラッシュ時に渋滞するハドソン川の地下トンネルを完全に交通規制するようです。昨年ニュージャージー州のクリスティー知事が、やはりマンハッタンと結ぶワシントン橋を意識的に渋滞させたと大問題になったのですが、スーパーボウルだと誰も文句をいわないようです(ただし当日のチケット配分が公平でないと集団訴訟になりそうです)。

 NFLは32チームがレギュラーシーズン16試合を戦うだけですが、30チームが162試合も戦うMLBを、総収入・純利益ではるかに上回ります。その理由はサラリーキャップなど非常に厳格な戦力均衡化と、放映権料など大半の収入をNFL機構が一元管理して32チームに均等配分し、常に激しい競争状態を維持しているためです。

 その放映権料は今年からMLBと共に改正されますが、MLBの全米放送分が8年・100億ドル(ローカル放送局は各チームが契約できる)であるのに対し、NFLは全米・ケーブル・ローカルなどを含めた総額が8~9年・500億ドル(5兆円!)にもなります。

 今年のスーパーボウルはFOXが全米中継します。昨年の視聴率は46.4%で全米1億841万人が観戦し、30秒コマーシャル枠が380万ドル(3.9億円)でした。今年はもっと上昇しているはずですが昨年中に完売したそうです。また今年も全世界200ヶ国以上に中継され、日本ではNHK・BSが実況放送します。

 また例年大スターが出演するハーフタイムショーは、一昨年がマドンナ、昨年がビヨンセと女性が続いたので、今年は男性のブルーノ・マーズとレッド・ホット・チリ・ペッパーズが出演します。日本ではあまり知られていませんが、米国では大スターです。

 さて今年の頂上決戦に勝ち残ったのはDenver Broncos(以下「デンバー」)とSeattle Seahawks(以下「シアトル」)です。結果的にレギュラーシーズン最高勝数(13勝3敗)の2チームが勝ち残ったのですが、これは比較的珍しいことです。

 見どころは、首の手術から奇跡的に復活したベテランのペイトン・マニング(デンバー)と、2年目の若手ラッセル・ウィルソン(シアトル)の、対照的なQB対決です。

 ペイトン・マニングはコルツ時代に1度スーパーボウルで勝利しており、また弟のイーライ・マニングはすでにNYジャイアンツで2度勝利しているため、勝てば兄弟で4度目の頂上となります。

 一方のラッセル・ウィルソンは公表身長が180cmですが、どうみてもそれよりかなり小さいようです(インタビューする女性レポーターよりも小さい)。しかし抜群の運動神経で勝ち上がりました。また昨年、ダルビッシュのいるMLBテキサス・レンジャーズがドラフト指名して話題となりました。

 さてスーパーボウルの勝敗を巡っては巨額の賭け金が動きます。スーパーボウルだけは全世界共通のLine(ハンデ)が設定されており、今年はデンバーが2.5ポイント有利となっています。つまりデンバーが3点以上で勝てばデンバーに賭けた方の勝ちとなります。

 ところでシアトル・シーホークスのオーナーは、マイクロソフト共同創設者のポール・アレン氏です。アレン氏はマイクロソフト創業直後に癌(リンパ腫)で退社したのですが、どうも誤診だったようです。しかしマイクロソフトの株式は保持し続け、有数の資産家となりました。

 シーホークスのホームゲームでは、試合開始前に永久欠番・12番の旗を掲揚するセレモニーがあり、かつてマリナーズに在籍していたイチロー選手も掲揚式に招かれています。

 それでは永久欠番の12番は、誰が着けていた番号でしょう?

 誰でもありません。選手(フィールドには11人います)と一緒に戦う観客とシアトル市民のことです。スーパーボウル会場でも12番の旗が打ち振られるはずです。

 ぜひ一度、雰囲気だけでも味わってみてください。

 それから昨日の記事にあるオリンパスの「興味ある事実」や「トンでもない事実」は、今後徐々に明らかにしていきます。有料メルマガにではなく「闇株新聞」に掲載しますので楽しみにお待ちください。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:0 | TrackBack:0
■趣味 | 2014.01.30
無料メルマガ配信(不定期)
↓↓↓
メルマガ購読・解除
 
関連記事
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2014年01月 | 02月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム