Archive

闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

日産自動車の命運 その1

2014年04月17日

日産自動車の命運 その1


 タイムリーではありませんが、どうしても書いておきたかったテーマです。

 よく本誌は(有料メルマガも含めて)日産自動車を「ルノーに食い荒らされて体力がなくなっている」と書くのですが、いよいよ「ルノーに丸ごと食い尽くされてしまう」タイミングが近づいたと感じます。

 ただルノーもカルロス・ゴーンCEO(2005年からルノーのCEOも兼務)も資本主義のルールを踏み外して暴挙を働いているわけではなく、止める方法はありません。ここでわざわざ記事にする理由は、「資本の論理」の厳しさを改めて理解していただくためと、逆に最近増えている日本企業による海外企業の巨額買収が「単にお金を出しただけ」に終わらないためです。

 強力な労組を巻き込んだ社内抗争に明け暮れて経営危機に陥っていた日産自動車を、ルノーが1999年3月に第三者割当増資で14.64億を1株=400円で、2002年3月にワラント行使で5.4億株を同じく1株=400円で、合計20.04億株(44.4%)を8016億円で取得して傘下に入れ、ゴーンCEOら役員を派遣しました。

 直近のルノーの持ち株は19.62億株(43.4%)と減少しています。これは2010年4月にルノー・日産連合とダイムラーAGがそれぞれ発行済み株数の3.1%を保有する資本提携で、ルノーが保有する日産自動車株の1部をダイムラーAG株と交換したからですが、コスト計算が複雑になるため以下では無視します。

 ただ2002年3月のワラント行使に際して日産自動車もルノーに2470億円を出資し、15%の株主となったのですが議決権はなく、当然に役員の派遣もありませんでした。ワラント行使で払い込まれた2159億円から2470億円を「タダ」で返したことになります。それにワラント行使時点では日産自動車の株価が900円台まで回復していたのに対し、日産自動車の取得したルノーの株価は「時価」だったことなど、釈然としないことが多いのですが一応はルールの範囲内です。

 本日(4月16日)日産自動車の株価は911円なので、円ベースではルノーの投資した8016億円は2.23倍の1兆7874億円になっていますが、これも一応はリスクを取った結果なので考えないことにします。ちなみにユーロベースの投資金額は66億ユーロで、本日は1.91倍の126.3億ユーロとなっています。

 しかしルノーが投資開始以降、日産自動車から受けとった配当総額は(2014年3月期の予定配当1株=30円も入れて)概算で5140億円になります。それにルノーへ出資させた2470億円を加えると合計7610億円を受け取っており、投資金額の8016億円は「ほとんど回収済み」となりますが、これも文句がいえる筋合いではありません。

 それでは冒頭で書いた「ルノーに食い荒らされて体力がなくなっている」とは、どういう意味なのでしょう? それは目先の決算(配当)とバランスシートのスリム化を重視するあまり、必要な資産まで切り売りして将来のための投資を怠ってきたツケが出てきていることです。例えば中国では、ホンダや韓国の起亜自動車とも合弁している東風汽車集団と合弁してお茶を濁すだけで、本格的な投資で生産拠点化するつもりは全くありません。

 逆に明らかにルノーが投資すべきロシアではアフトバスを傘下に入れるものの、全く恩恵を受けない日産自動車に7億5000万ドルも負担させ、肝心のルノーは3億ドル負担するだけです。同じようにルノーが投資すべきモロッコのタンジール工場も、わざわざルノー・日産自動車の共同投資にしてしまっています。

 これはある意味では当然ですが、ゴーンCEOにとってルノーは「今後のステップのために重要」であり、日産自動車は「搾れるだけ搾りとり、不必要なものまで負担させる」対象でしかありません。

 その結果、日産自動車は昨年11月に2014年3月期の営業収益を1000億円減の6000億円、純利益を650億円減の3550億円と大幅下方修正に追い込まれ、円安で潤う自動車会社の中で「1人負け」となりました。

 ゴーンCEOは、すかさず名目No.2の志賀COOと実質No.2のドッジ副社長を閑職に追いやり、新たに3名の副社長(日本人は1名だけ)にCOO職を分担させると発表し、自らの責任には全く触れませんでした。そのゴーンCEOは日産自動車に出社するのは月3日ほどだそうですが、10億円ともいわれる報酬は日産自動車に負担させています。

 そのゴーンCEOは、いよいよ「仕上げ」に取りかかりました。もっともっと「恐ろしいこと」が始まっています。

 続きます。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:4 | TrackBack:0
■企業 | 2014.04.17
関連記事
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2014年04月 | 05月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム