Archive

闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

辛うじて黒字だった2013年度の経常収支  その2

2014年05月15日

辛うじて黒字だった2013年度の経常収支  その2


 昨日の続きです。2013年度の経常収支は、貿易収支・サービス収支が14兆4422億円と過去最大の赤字だったため、第一次所得収支(昨年までの所得収支)が16兆6596と過去最大の黒字だったものの、第二次所得収支(昨年までの移転収支)の1兆4276億円の赤字を加えて、「わずか」7899億円の黒字となりました。

 さらに2013年度は、今年から算出方式が変更された金融収支が2兆8589億円の「資産減」となりました。新しい算出方式で1996年度まで遡って発表されていますが、その間では(たぶんそれ以上遡っても)金融収支の「資産減」は初めてです。

 もともと日本は貿易黒字を中心に経常収支の黒字を積み上げ、米国債などの対外資産を積極的に取得してきました。それでは最近の経常収支黒字が激減していく中で、金融収支はどうなっていたのでしょう?

 過去最高の24兆3376億円の経常収支黒字を記録した2007年度の金融収支は25兆6670億円の資産増、貿易収支が赤字になる前年の2010年度の経常収支が17兆9736億円の黒字で金融収支が21兆6009億円の資産増、以下2011年が7兆9194億円の黒字で9兆897億円の資産増、2012年度が4兆2233億円の黒字で2兆255億円の資産増、そして2013年度が7899億円の黒字で2兆8589億円の「資産減」となっています。

 経常収支も金融収支も、それぞれ利潤動機で行動する企業や機関投資家や個人の経済活動の集合体であり、例えば「日本の経常収支が赤字になりそうだから当社の対外直接投資を控えよう」などとは決して考えません。

 しかし2007年度以前も含めて経常収支の黒字と金融収支の資産増は、だいたい似たような数字となっています。これは理屈で考えるのではなく「そうなっている」という事実が重要です。

 2013年度は経常収支が「激減したとはいえまだ黒字」だったのですが、金融収支が「初めての資産減」となりました。これは2013年度に外国人投資家が日本株を12兆円近くも買い越し、計算上は「資産減」にカウントされたからでした。

 逆にいえば本邦企業が過去最高の14兆円近い対外直接投資を行ったのですが(海外企業に対する大型M&Aが急増)金融収支は「資産減」となり、激減した経常黒字とある意味「釣り合いが取れた」結果となりました。

 今年度は、外国人の日本株買い越しが激減しそうですが(あるいは売り越しになるかもしれませんが)、本邦企業の対外直接投資(海外企業に対する大型M&Aなど)は高水準のままと思われ、一方では経常収支が赤字転落してしまいそうです。

 そうすると経常収支が赤字であるにもかかわらず金融収支も大幅に資産増という、今までにはなかったことが起こってしまいます。金融収支の資産増とは資金(外貨)が流出することであり、経常収支までが赤字に転落すると資金(外貨)が流出する一方になってしまうからです。

 そう書くと、大型M&Aを行う会社はいくらでも外貨を調達(借入れ)できるし、だいたい国内には円が溢れかえっているのだから外為市場で外貨に交換すればよいだけではないか?と考えられると思います。

 さすがに日銀でも外貨(例えばドル)は発行できないため、円が自由に外貨に交換される信用力を維持しなければなりません。もちろん日本では「すぐに」心配する必要はありませんが、かつてのロシアや韓国やタイなどのように国内資金を外貨(例えばドル)に交換できなくなって経済危機に陥った事例はいくらでもあります。

 話を戻しますが、今年度は経常収支が赤字に転落するのであれば(あるいは小幅の黒字であっても)、本邦企業の対外直接投資が「大幅に減少」するか、あるいはそれに見合うほど海外投資家が日本株を「大幅に買い越す」など、現状では想像しにくいことが起こることになります。

 あるいは日本の経常収支がやはり「大幅黒字」になるのかもしれませんが、これも想像しにくいことです。そうでなければ金融収支に含まれる外貨準備が大幅に減少することになると思いますが、直感的には本邦企業の対外直接投資に急ブレーキがかかる「何か」が起こるような気がします。「円高」もその1つですが、今までの大型M&Aを「反省」せざるを得ない状況がくるのかもしれません。

 このように書いているとまた批判を受けそうですが、日本が今まで経験したことのない経常赤字国に転落しそうなときには、これくらい大胆で柔軟な発想で考える必要があると感じます。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:4 | TrackBack:0
■闇株的見方 » 経済 | 2014.05.15
関連記事
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2014年05月 | 06月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム