Archive

闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

毎年恒例となったソーシャル・エコロジー・プロジェクトの「綱渡り」

2014年05月28日

毎年恒例となったソーシャル・エコロジー・プロジェクトの「綱渡り」


 ソーシャル・エコロジー・プロジェクト(JASDAQ上場・コード6819、以下「ソーシャル」)が、5月14日に900万株の第三者割当増資を発表し、5月20日に株主からその発行差止仮処分を東京地方裁判所に申し立てられ、本日(5月27日)それが却下されたとそれぞれIRされています。

 実は当事者や株数が違うだけで、全く同じことが昨年の同時期にも行われました。昨年はソーシャルの経営陣を一新する株主提案が出され、その株主提案が可決される(つまり現経営陣が放逐される)だけの株数が揃っていたところ、ソーシャルは5月になってから500万株の第三者割当増資を発表して、さらにその新株に3月末が「基準日」である6月末の株主総会の議決権を遡って付与し、「奇怪」なことに株主が申したてた新株発行差止仮処分が裁判所で却下され、辛うじて現経営陣が支配権を守りました。

 増資目的に1億円の借入金返済が盛り込まれていたためで、裁判所が支配権をめぐる争いがあるとしたものの差止仮処分を却下してしまいました。株主総会の最終表決はだいたい1070万株・対・770万株だったため、議決権を遡って付与した500万株がなければ、完全に現経営陣が放逐されていたことになります。まさに「綱渡り」だったわけです。

 ところでソーシャルの現経営陣といっても、全員がY元代議士(元労働大臣)の「いいなり」です。つまりソーシャルは完全にY氏の支配下にあります。そのY氏がソーシャルに入り込んだ経緯や、どのようにソーシャルを食い物にしているかなどの「とんでもない話」は、紙面の関係で本日は省略します。

 Y氏とイニシャルにしているのは元大臣なので恐れたわけではなく、何か問題が発生すればすべて忠実なソーシャルの小松社長に責任を押し付けて知らん顔をするはずなので、Y氏の存在が表に出ることがないからです。

 そして本年です。

 実は本年の差止仮処分は、なんと昨年500万株(2億6500万円)の第三者割当増資を引き受けてY氏の窮地を救ったU氏です。U氏は最近になってその500万株のうち375万株を知人の方に譲渡されたようですが、依然として125万株は保有したままです。

 それでは、なんで昨年Y氏の窮地を救ったU氏が、本年は対立してしまったのでしょう?

 どうも昨年の第三者割当増資の引き受けに際し、Y氏が「ソーシャルの改革案」を山ほどU氏に約束したものの、すべて反故にしてしまったからのようです。

 でも本年は、株主提案が出されていないのでは?

 驚愕すべきことですが、U氏は4月にソーシャルの経営陣を一新する株主提案を出しています。ソーシャルが現在まで「全く無視したまま」なのです。

 その理由は全く不明ですが、本誌はY氏とソーシャルがU氏の株主提案の「手続き上の小さな不備」を理由に、一方的に闇に葬ったと推測しています。仮に「手続き上の小さな不備」があったとしても、昨年は窮地を救ってくれたU氏の「怒りの株主提案」を門前払いしたことになり、それをU氏に連絡もせず、もちろん一般株主にも何もIRは出していません。

 これは杓子定規な手続き論ではないはずで、Y氏とソーシャルの「恩人に対して後ろ足で砂をかける体質」をよく表しています。

 本日の東京地方裁判所の却下理由も、昨年と同様にソーシャルには資金需要があるから経営陣の支配権を維持することを主要な目的にしているとはいえないというものだったはずです。

 上場会社に限らず事業会社である以上、常に「資金があればこういうことをしたい」といった希望があるはずです。それをもって資金需要というのであれば、上場会社の現経営陣はいつでも支配権を維持するために増資と議決権の遡り付与ができることになり、その地位は永久に安泰ということになります。

 つまり日本の上場会社は永久に株主のものではなく現経営陣のものとなり、ガバナンスもモラルもあったものではありません。このままだと日本の株式市場はいつまでたっても特殊なローカル市場のままとなります。

 ちなみに昨年の株主総会の表決は1070万株・対・770万株だったので、本年はU氏とその知人の500万株が反対側に回るため570万株・対・1270万株(その他は昨年の数字から不変として)となるところ、再び議決権を遡って付与する900万株が加わるため1470万株・対・1270万株となり、2年連続の「綱渡り」でY氏とソーシャルの現経営陣は放逐を免れることになります。

 そして来年も同じ「綱渡り」が繰り返されるような気がします。

 昨年の経緯は昨年5月30日付け「新株発行を巡る影響の大きい裁判所の判断 その1」、6月3日付け「同 その2」、6月4日付け「同 その3」に詳しく書いてあります。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:7 | TrackBack:0
■闇株的見方 » 株式 | 2014.05.28
無料メルマガ配信(不定期)
↓↓↓
メルマガ購読・解除
 
関連記事
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2014年05月 | 06月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム