Archive

闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

有料メルマガ「闇株新聞 プレミアム」のお知らせ

2014年06月29日

有料メルマガ「闇株新聞 プレミアム」のお知らせ

 予定通り6月23日(月曜日)の夕方に配信します。


 予定内容です。

メインテーマ 1  アベノミクス相場1年半の検証 今年後半の金融市場は?

 2週続けて金融市場以外のテーマだったので、今週は「たっぷり」金融市場(とくに日本の)についてです。

 そもそもアベノミクスとは、なぜ円安・株高だったのか? その大前提は今も変化していないのか? 「官制相場」の評価すべきところとその弊害とは?

 この辺りを捉えながら今年後半の株式、為替、国債市場を解説します。

 もちろん海外の波乱要因とその影響についても、しっかりと付け加えます。また質問コーナーに大変たくさんのご質問をいただいており、できるだけ関連するポイントを織り込んで書くことにします。

 
メインテーマ2は、まだ準備中のため今週はお休みさせていただきますが、今週のボリュームは毎週に比べて決して少なくありません。

 以下のシリーズを準備中ですが、どちらにご興味がありますか? よかったら質問コーナーにでも、ご意見をお寄せください。

候補テーマ 1 世界の紛争地帯を行く
 紛争地帯といっても戦闘地帯だけではなく、例えば英国とスコットランドのように大変に複雑な歴史的背景がある地域とか、過去の列強の勝手な国境線引きによる混乱が残る地域など、さまざまです。

候補テーマ 2 中国人はどこから来た?
 現在最も「大きな顔」をしている中国人ですが、本当に本来の中国人とされる漢民族なのでしょうか? その中国人によると日本は歴史を認識していないそうなので、たっぷりと中国(中国人)の歴史を再検証してみます。


お勧め「映画」「書籍」コーナー

 まだどちらか決めていません。


今週の相場観

 今週の株式、為替、国債相場について考えます。


質問コーナー

 すでにたくさんのご質問をいただいていますが、今週はメインテーマ1に織り込むものも含めて、できるだけすべてお答えするようにします。本日(6月29日)深夜まで受けつけています。


 闇株プレミアムのお申し込みはこちらから → http://yamikabu-premium.com/index2.html


 今月(6月)に配信したメルマガのメインテーマだけご紹介しておきます。


6月2日号
メインテーマ1 日本と世界の経済、政策、金融市場すべてを再点検! その3

メインテーマ2 日本銀行・GPIF・外為資金特別会計・ゆうちょ・かんぽ これらすべてを国益(国民)のために一致団結させて積極的に活用すれば、まだまだ十分に世界と戦える


6月9日号
メインテーマ1 日本と世界の経済、政策、金融市場すべてを再点検! その4

メインテーマ2 日本銀行・GPIF・外為資金特別会計・ゆうちょ・かんぽ これらすべてを国益(国民)のために一致団結させて積極的に活用すれば、まだまだ十分に世界と戦える  その2


6月16日号
メインテーマ1 イラク・レバントのイスラム国(ISIL)とは何なのか?

メインテーマ2 日本銀行・GPIF・外為資金特別会計・ゆうちょ・かんぽ これらすべてを国益(国民)のために一致団結させて積極的に活用すれば、まだまだ十分に世界と戦える  その3


6月23日号
メインテーマ1 日米通信事業の変遷とソフトバンクの「近未来」

メインテーマ2 日本銀行・GPIF・外為資金特別会計・ゆうちょ・かんぽ これらすべてを国益(国民)のために一致団結させて積極的に活用すれば、まだまだ十分に世界と戦える  その4(最終回)


 今からお申込みいただければ、上記メルマガをバックナンバーですぐに読むことができます。
 無料購読期間がありますが今月は30日に課金されるのでご注意ください。
 
(無料購読期間は料金のお支払方法により違いますのでご注意ください。詳しくは「闇株新聞プレミアムメルマガのご案内」ページの課金システムをご覧ください。)

 それから「闇株新聞」を、定刻の午前零時以前に「できあがり次第」メール配信しております。


 「闇株新聞プレミアム」
http://yamikabu-premium.com/index2.html

 闇株プレミアム購読料金は月額2600円です。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:4 | TrackBack:0
■未分類 | 2014.06.29
無料メルマガ配信(不定期)
↓↓↓
メルマガ購読・解除
 
関連記事

今年の株主総会いろいろ その1

2014年06月27日

今年の株主総会いろいろ その1


 2日間お休みしてしまいましたが再開します。今年の株主総会から「特にご紹介したいもの」をいくつか取り上げます。

 本日は、史上まれに見る(というよりもほとんど前例のない)大接戦を演じたソーシャルエコロジープロジェクト(JASDAQ上場・コード6819、以下「ソーシャル社」)です。5月28日付け「毎年恒例となったソーシャル社の綱渡り」にも書きましたが、もっともっと際どい綱渡りでした。

 ソーシャル社を支配するのは元労働大臣のY氏です。イニシャルにしているのは元大臣なので恐れたわけではなく、何か問題が起きてもすべて忠臣の小松裕介社長に責任を押し付けてしまうので、Y氏の名前が表に出ることはないからです。

 毎年恒例となった「取締役総入れ替え」の株主提案は、今年はなんと昨年に窮地を救う増資を引き受けた株主から提出され、さらに驚愕すべきことにソーシャル社は些細な手続き上の瑕疵を理由にこれを闇に葬ってしまいました。繰り返しですが、それが昨年に窮地を救ってくれた株主に対するソーシャル社流の「返礼」です。

 その時点で株主側が定時株主総会で「議場提案」することが予想されたため、ソーシャル社は5月になるとこれも毎年恒例の第三者割当増資(900万株、昨年は500万株)を発表し、その議決権を3月末の基準日に遡って付与して今年も窮地を脱することにしました。

 当然に株主側から「発行差止めの仮処分」が申請されましたが、東京地方裁判所・民事第8部がソーシャル社の「資金が必要です」との主張を受け入れて却下してしまいました。たいていの事業法人は「資金が必要」だと思いますが、とにかくソーシャル社は2年連続で窮地を脱したようにみえました。

 ところが新株は蓋を開けるとなんと200万株しか払い込まれず、慌てたソーシャル社は株主側の議決権行使を差止める仮処分を申請する「奇策」に出ます。バブル時に「光進」の小谷代表らの議決権行使を国際航業が差止めて認められた「唯一の判例」が頼りだったのですが、さすがにこれは東京地裁・民事8部が却下しました(ソーシャル社の負け)。

 あとがなくなったソーシャル社は、Y氏の大号令のもと全社員を全国の株主宅に訪問させ、本業そっちのけで議決権行使書を必死に「掻き集め」ます。今年は全体的に議決権行使率が上昇していたようで、ソーシャル社にも思いのほか大量の議決権行使書が送られてきたようです。

 それでも心配な小松社長は、6月20日に200万株だけ払い込まれた「大切な新株」に議決権を付与すると、その議決権行使書を握りしめて「会社提案に賛成してくれなければ渡しません」と駄々をこね、ついに株主から受領書を貰い同時にソーシャル社の預り証を渡して議決権行使書を持ち帰ってしまいます。これでソーシャル社には白紙(つまり賛成)の議決権行使書が送られてきたことにしてしまう「荒業」でした。

 ちなみに議決権行使書は信託銀行が株主に直接郵送することが厳格なルールです。

 かくして本日(6月26日)午前10時に、ソーシャル社の定時株主総会が始まりました。開始早々、株主側が小松議長不信任の緊急動議を提出し、議長を交代させることに成功します。

 ここで新議長は、小松社長が持ち帰った新株の議決権行使書が「ソーシャル側の議決権」に紛れ込んでいると指摘し、欠席していた株主分を棄権票に振替えさせます。それでも委任状を含めて行使された議決権が総議決権数の75%にも上りました。

 議案は「取締役5名の選出」のみだったので、株主側が独自に「取締役5名を選出する」修正案を提出して採決に入り、ソーシャル側・株主側とも開場前に確定していた委任状を含む獲得議決権に加えて、議場に送り込んでいた「隠し玉」議決権を行使したところ、結果はなんと「ほぼ同数」となりました。

 しかしその中に「ほんのわずかの棄権票」が含まれていたため、双方とも行使された議決権の49%以上を獲得しながら過半数に満たず、「決議なし」となってしまいました。

 つまりこの瞬間にソーシャル社には正式の取締役がいなくなったのですが、臨時株主総会を招集して新取締役が選任されるまで、小松社長以下の旧役員が引き続き業務を執行することになります。

 この臨時株主総会は「いつまで」と明確に規定されておらず、小松社長以下がずるずると居座ることができてしまいます。毎年恒例のソーシャル社の「綱渡り」は、今年は延長戦に入ったことになります。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:1 | TrackBack:0
■闇株的見方 » 株式 | 2014.06.27
無料メルマガ配信(不定期)
↓↓↓
メルマガ購読・解除
 
関連記事
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2014年06月 | 07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム