Archive

闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

GPIFの「不都合な真実」

2014年07月11日

GPIFの「不都合な真実」


 7月8日付け「GPIFの通信簿」の続編ですが、GPIFにとって最も「不都合な真実」のはずです。

 GPIFの国内株の運用資産は、新規配分額から回収額を引いた資産リバランス額は、平成24年度(2012年4月~2013年3月)がゼロで、平成25年度(2013年4月~2014年3月)が1048億円の増加でしかありません。

 つまりアベノミクス真っ盛りの2年間で、GPIFが国内株の配分をわずか1048億円増加させただけです。株価が下落した本年3月に国内株を2504億円買い入れた(新規に資産配分した)ようですが、それがないと売り越し(資産の減少)だったことになり、「いくらなんでもまずいなあ」とあわてて新規に資産配分したのが真相でしょう。

 公平を期すために正確に書きますが、この資産リバランス額とは「国内株で運用する運用会社への資産配分額の増減」で、それぞれの運用会社が配分された金額の中で待機資金を国内株に振り向けた可能性はあります。しかし実際には値上がりしたところで「こそっと」売却して待機資金としている可能性も同じくらいあり、この2年間でGPIF全体の買い越した国内株は、やはり1048億円に近いと考えるべきでしょう。

 つまりGPIFは、アベノミクスの株価上昇に「タダ乗り」していただけなのです。

 もう少し詳しく検証してみましょう。GPIFは大体この時期に前年度の「運用概況書」を出すので、そこに掲載されている数字だけを使います。

 平成23年度末(2012年3月末)の国内株運用額は14兆1992億円(構成比12.50%)で、同時点における日経平均は10083円、TOPIXは854.35でした。

 平成24年度末(2013年3月末)には、国内株運用額はそこから3兆3314億円(23.40%)増えて17兆5575億円(構成比14.57%)となっています。少し足し算が合いませんが、同時点における日経平均は12397円(前年度末比22.95%上昇)、TOPIXが1034.71(同21.11%上昇)でした。

 わずかですが運用結果は、日経平均もTOPIXも上回っていますが、そこから総額59億円の管理運用報酬を差し引いて考える必要があります。GPIF全体の管理運用報酬は240億円でした。

 平成25年度末(2014年3月末)には、国内株運用額はさらに3兆1855億円(18.09%)増えて20兆8466億円(構成比16.47%)となり、これも足し算が少し合いませんが、年度中に1043億円を新規に資産配分しているため、運用で増えた金額は3兆812億円(17.55%)となります。

 同時点における日経平均は14827円(前年度末比19.60%上昇)、TOPIXは1202.89(同16.25%)だったので、運用結果はTOPIXだけは上回りましたが、やはり78億円(全体では268億円)の管理運用報酬は差し引いて考える必要があります。

 表題の「GPIFの不都合な真実」とは、GPIFはアベノミクスに何の協力(国内株の買い増し)もしていなかったことと、内外の運用会社に資産を「丸投げ」して運用報酬を支払うだけで運用方法も成果も特別なものではなかったことです。

 最大の問題は、ここで仮に国内株の組み入れ比率を「異次元」に引き上げたとしても、内外の運用会社への資産配分が増えるだけで「何も特別なことが起こらない」ことです。つまりこのままでは株式市場への特別なインパクトにはなりません。

 それなら組み入れ比率が引き上げられたとしてその増加分を「丸投げ」せず、日経平均型でもTOPIX型でもETFを機動的に買い入れるスタイルに切り替えるべきです。

 別に上値を追わなくても、株価が下落したときに直接にGPIFがETFを買い入れるとの期待が定着すれば、株式市場が大変に安定することになります。

 公的年金の運用で株式などのリスク商品に偏重してよいのかとの議論がありますが、2014年3月末の資産構成では、外国債が11.06%、外国株が15.59%、合せて26.65%もの外貨資産があります。

 これ以上の円安が期待できず、世界的な低金利と株高の中で、この比率こそリスクと考えるべきで、「異次元」に減らしてしまうべきです。

 また株価が上昇しても日本経済が回復するのかとの議論もありますが、GPIFの使命は年金受給者のために資産を増やすことであり、日本経済を回復させる役割までは期待されていません。資産を増やすことに専念すべきです。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:2 | TrackBack:0
■闇株的見方 » 株式 | 2014.07.11
関連記事
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2014年07月 | 08月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム