Archive

闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

スターバックスジャパンの完全子会社化を考える

2014年09月26日

スターバックスジャパンの完全子会社化を考える


 スターバックスコーヒージャパン株式会社(JASDAQ上場・コード2712、以下「スターバックスジャパン」)は9月24日、親会社の米スターバックス・コーポレーションが子会社を通じたTOBで全株取得し、完全子会社化すると発表しました。

 スターバックスジャパンはTOBの後、全株取得のための定款変更などを経て上場廃止となります。株主優待が目的の株主も多かったと思いますが、なくなってしまいます。

 スターバックスジャパンは1995年に米スターバックス・コーポレーション(名義は子会社)とサザビーリーグ(2011年3月にMBOにより上場廃止)の折半出資で設立され、2001年10月に大証・ヘラクレス(現JASDAQ)に上場しました。

 当時の大量報告書から、サザビーリーグは設立時に30億円(600,000株)を出資し、上場時に5%に相当する30,000株を1株=64,000円で売り出して19.2億円を回収していることがわかりますが、同株数を所有する米スターバックス・コーポレーションの出資状況はよくわかりません。のれん代・ノウハウなどを現物出資していた可能性もあります。

 またスターバックスジャパンは上場時に220,000株を同価格(64,000円)で公募増資して140億円強を調達していました。

 2013年10月に1株を100株に分割しているため、公募・売り出し価格は640円となり、TOB発表前日(9月22日)の終値が1399円なので、少なくとも日本トイザらスのような「食い逃げTOB」ではありません(注)。

(注)日本トイザらスは上場時の公募増資だけで156億円を調達したのですが(別途売り出しもあり)、米国の親会社がわずか56億円で全株取得して上場廃止にしてしまいました。

 さてTOBは2段階で行われ、第1段階は9月26日からサザビーリーグの保有する5700万株(持ち株比率39.5%)のみを時価を大きく下回る1株=965円で買い取るのですが、サザビーリーグはすでに賛同の意向を表明しています。

 サザビーリーグは、買い取り価格が時価よりも低いもののこれで550億円を手にします。上場時の売り出しとその後の配当受け取りで当初出資金の30億円は「すっかり」回収しているため、まさに笑いが止まらない状況でしょう。

 第2段階は11月10日から一般株主を対象に1株=1465円で全株を買い取ります。この買い取り価格は基準日(9月22日)終値の1399円に対してわずか4.7%、直近6ヶ月の終値平均の1171円に対しても10.6%の上乗せでしかありません。

 スターバックスジャパンの株価は上場以来の高値とはいえ、大変に「ケチくさい」買い取り価格です。

 もちろん一般株主はTOBに応じず、買い取り価格の引き上げを求めて裁判を起こすこともできますが、その労力や訴訟費用などを考えるとあまり合理的とは思えません。

 さて、どう評価すればよいのでしょう?

 まあ親会社のスターバックス・コーポレーションは1000億円もの資金を日本株式市場に返却してくれるので、批判したくても批判できないといったところでしょう。

 ただはっきりといえることは、親会社である米スターバックス・コーポレーションにとっては「一応は高収益で高成長企業」であるスターバックスジャパンが、はっきりと割安にみえたことになります。

 つまり円安だからです。

 親会社が「早くTOBに踏み切らないと円高に戻って高くなってしまう」と考えたかどうかは不明ですが、円安以外にあまり積極的な理由は考えられません。

 そうなると本誌が以前から長期低迷すると書いている日本マクドナルドHDも、いっそのこと米国の親会社が全株取得して資金を株式市場に返却してくれればよいのですが、逆に親会社の資本引上げ(つまり持株の売却)を心配する必要が出てくるかもしれません。

 同じように本誌が「親会社に食い尽くされて残骸だけになる」と考える日産自動車は、9月5日付け「そろそろ日産自動車を取り返そうではないか」で書いたように、親会社のルノーをTOBで取得してしまうべきと考えます。

 外国企業が親会社の上場企業は、今後もいろいろな動きが出てくるような気がします。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:1 | TrackBack:0
■闇株的見方 » 株式 | 2014.09.26
関連記事

日銀の金融政策は正しいのか? 後半

2014年09月25日

日銀の金融政策は正しいのか? 後半


 昨日の続きですが、一昨年末の安倍内閣のスタート以降、特に昨年4月4日の「異次元」量的緩和導入直後は、行き過ぎた円高・株安を劇的に修正したことは事実です。

 ところがそこから1年半近くが経過し、世界の経済・金融事情が変化しているにもかかわらず、相変わらずの「異次元」量的緩和を継続(あるいは強化)する弊害がはっきりと出はじめてきました。

 まず中央銀行である日銀は、発行する通貨・円の価値(魅力)を国際的に維持する使命があり、そのバランスシートは当然に健全なものでなければなりません。

 健全かどうかを検証してみましょう。

 「異次元」量的緩和が導入される直前の2013年3月31日の日銀保有国債は125.3兆円(長期国債91.3兆円、短期国債34.0兆円)だったのですが、直近の2014年9月20日には232.6兆円(長期国債181.1兆円、短期国債51.5兆円)と、1年半近い「異次元」量的緩和の間に107.3兆円(長期国債89.8兆円、短期国債17.5兆円)も増えています。

 ここで日銀のいう長期国債とは「償還期限が長い国債」という意味ではなく、短期国債以外の利付国債(財投債を含む)のことで、償還期限が短くなったものも含まれます。

 ちなみに2014年6月30日現在の日銀保有国債は211.9兆円(長期国債166.6兆円、短期国債45.3兆円)だったので、この間に86.6兆円(長期国債75.3兆円、短期国債11.3兆円)増えていたのですが、実はこの間に国債発行総額は48.1兆円(長期国債42.4兆円、短期国債5.7兆円)しか増えていません(国債発行総額は2014年6月30日現在が最新発表分です)。

 つまり本年6月までの15ヶ月間では、日銀は国債残高増加額の180%、短期国債を除く長期国債だけでは177%を「吸収」していたことになります。その後もこのペースは、ほとんど変化していないはずです。

 最大の問題は、2013年3月31日から2014年9月20日までの間に、負債では日銀券(お札のことです)が83.3兆円から86.1兆円まで2.8兆円しか増えておらず、日銀当座預金が58.1兆円から153.0兆円まで94.9兆円も増えていることです。

 つまり1年半近い「異次元」量的緩和の間、日銀保有国債が107.3兆円も増えたのですが、その間に日本経済が拡大したことを示す日銀券は2.8兆円しか増えておらず、日銀が国債を買い入れた銀行へ代金を支払わずに預かったままの日銀当座預金残高が94.9兆円も増えています。

 数字が合わないのは他の項目を無視しているからですが、負債項目では売現先勘定が14.5兆円から31.9兆円に17.4兆円も増えており、要するに膨らんだ国債残高の「全額」を当座預金残高と売現先勘定の「外部負債」でファイナンスしていたことになります。

 要するに日銀は見事に「世界で2番目のヘッジファンド」で、日銀が発行する通貨・円はヘッジファンドの借用証書(まあ政府保証がついているようなものですが)となります。

 そんなことより「どうしてこれで日本経済が回復するのか?」が全くわかりません。

 世界最大のヘッジファンドはFRBで、本年9月18日現在で4兆1870億ドル(455兆円)の長期国債とMBSを保有していますが、負債は紙幣が1兆2890億ドル(140兆円)で日銀当座預金に相当するReserve Balanceが2兆7519億ドル(299兆円)もあります。

 しかしFRBは2013年に777億ドル(8.4兆円)もの国庫納付ができるほど利ざやを稼いでおり、国庫納付は2014年から当分の間は毎年1000億ドル(10.8兆円)をこえる「大変に高収益のヘッジファド」となります。

 ところが日銀の2013年度の金利収入は8057億円、国庫納付は5793億円しかありません。今年度も「異次元」量的緩和を続けているので金利収入は増えるはずですが「収益率が低くレバレッジだけが高い大変に危なっかしいヘッジファンド」となります。

 まあ国債総発行額の2倍近い国債を今後も「吸収」し続けるので、金利が上昇して保有国債が評価損となる可能性は「当面」はありません。しかしそんな「大変に危なっかしいヘッジファンド」である日銀が発行する通貨・円の価値(魅力)が国際的に維持されるはずがなく、日本にとって最重要である日本国債の海外保有が進むはずもありません。

 本日は日銀のバランスシートだけで終わってしまったので「番外」で続きを書きますが、明日はリクエストいただいたスターバックスコーヒージャパンの完全子会社化についてです。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:0 | TrackBack:0
■闇株的見方 » 経済 | 2014.09.25
関連記事
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2014年09月 | 10月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム