Archive

闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

「イスラム国」の邦人拘束事件

2015年01月28日

「イスラム国」の邦人拘束事件


 日本人として大変気になる事件ですが、報道だけでは物足りないところがあります。

 「イスラム国」とは世界のどの国からも承認されていない自称国家であり、またイスラム教の教義を都合よく利用しているだけのテロ組織です。しかし既存の地域限定イスラム過激派とは比べ物にならない資金力・軍事力・情報発信力を備えた大変に厄介な組織です。

 今も拘束されている邦人1名の救出を巡り情報が乱れ飛んでいますが、そんなに単純なものではありません。
 
 まず「イスラム国」が、ヨルダンで大規模な自爆テロを引き起こした女性死刑囚との「人質交換」を主張しているとされますが、「人質交換」は国際法上認められた戦争状態にある国家間の交渉事です。

 「イスラム国」は国家ではなく、もちろん日本や当事国のヨルダンも国家として認めていないため、そもそも成り立たない交渉事です。つまり「イスラム国」を国家として認め、「イスラム国」の各種テロ行為を戦争(日本は自ら憲法で禁じていますが国際法で認められた国家の権利です)と認めてしまうことになります。

 「イスラム国」が本当に人質交換を求めているなら、その目的はまさにこの点であり、米国が強硬に反対している理由もやはりこの点です。そもそも自爆テロに失敗して捕まった女性死刑囚など、「イスラム国」にとって別に取り戻す価値もないからです。

 それでも日本の官邸が大変期待している理由は、当事国のヨルダン国王・アブドラ2世が大変に親日家であり安倍首相がつい先日1億ドルの円借款を供与したからではなく、国王がヨルダンで圧倒的な人気と指導力があり国内世論をまとめられるからです。

 アブドラ2世は、イスラム教の開祖・ムハンマドの血筋を引くハーシム家の出身だからです(直接ムハンマドの子孫であるかどうかは異論があります)。

 そもそもイスラム教とは、メッカの商人だったムハンマドが610年頃に突然「神」のお告げ聞き、その指示に従って布教を始めたもので、今では中東や北アフリカ、東南アジアなどに16億人もの信者がいます。

 ムハンマドの死後、ムハンマドが聞いた「神」のお告げを編纂したクルアーン(コーラン)が、今も世界のイスラム教徒の「すべて」となります。

 先日パリの出版社が襲撃された理由は、このムハンマドを風刺画に登場させたからといわれています。もちろんテロ組織の勝手な理由ですが、それでもムハンマドの血筋を引くアブドラ2世はヨルダンだけではなく世界のイスラム教徒にとって大変重要な存在なのです。

 直接ムハンマドの子孫とされるのは1979年のイラン革命後に帰国して熱狂的に迎えられたホメイニ師で、現在ではモロッコ国王のムハンマド6世となります。だからヨルダンやモロッコは「アラブの春」など無関係な「絶対的に安定した王国」なのです。

 先日新国王が誕生した(といっても79歳のサルマン国王ですが)サウジアラビアや、カタール、UAEの王室は、イスラム教に多額の喜捨(寄付)を行う最大のスポンサーなので、やはり国内のイスラム教徒から圧倒的に信頼される「安定した王国」となります。

 イスラム教では「神」のもとですべてのイスラム教徒が(国王も)平等と教えるのですが、やはり金の力はどこでも絶大なのです。

 そう考えていくとイスラム諸国では、ムハンマドにゆかりのある指導者(国王)や多額の喜捨を行う国王がいる国は「安定」していますが、それ以外たとえば軍人やただの政治家が指導者の国は「大変に不安定」となります。

 イラクのフセイン、チュニジアのベンアリ、リビアのカダフィ、エジプトのムバラク、そしてイラクでフセイン後に米国の後押しで政権についたマリキがあっさり倒され、唯一残るアサド(クーデターで政権を握った軍人の父から譲位された眼科医)も時間の問題のようです。

 そして「イスラム国」の指導者・バグダディーはムハンマドの子孫を自称し、イスラム世界全体を指導する「カリフ」も自称し、「大変に不安定」なイラクとシリアに自称国家を建設してしまいました。これがイスラム教のバランスなのでしょう。

 邦人拘束事件も、いろいろな角度から考えてみる必要があります。

 「イスラム国」、イスラム教、イスラムの世界について、今週から有料メルマガ「闇株新聞 プレミアム」で連載を始めています。よろしかったら読んでみてください。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:4 | TrackBack:0
■闇株的見方 » 社会 | 2015.01.28
無料メルマガ配信(不定期)
↓↓↓
メルマガ購読・解除
 
関連記事

メルマガ「闇株新聞 プレミアム」のお知らせ

2015年01月25日

メルマガ「闇株新聞 プレミアム」のお知らせ


 1月26日(月曜日)の夕方に、予定通り配信します。

メインテーマ その1  ECBの量的緩和  その背景と影響

 1月22日にECBが「初めて」量的緩和に踏み切りました。なぜ今まで頑なに伝統的な金融緩和(銀行に対して資金を潤沢に供給し、銀行が利鞘を求めて貸出や債券投資を行うための金融緩和)に固執していたECBが、FRBがとっくに打ち切り、あの日銀がいまだにしがみついて弊害が目立ち始めている量的緩和に踏み切ったのでしょう?

 これはECBがあの日銀よりも決断が遅れたのではなく、世界の金融政策が「新しいラウンド」に入ったと考えるべきでしょう。裏を返せば新興国を含む世界経済はそれだけ重症なのかもしれません。

 とりあえずはNYをはじめとする世界の株式市場が息を吹きかえしたようにもみえます。

 その辺りを掘り下げながら、今後を考えます。


メインテーマ 2  もう一度考える「イスラム国」、イスラム教、日本政府の対応

 日本人2名の安否がまだ確認できないなか、決して軽々に取り上げる題材ではありませんが、はっきりといって日本政府の対応は「頼りない限り」です。

 素性のわからない仲介者(ブローカーのことです)にすべてを任せているだけだからです。うまく行っても散々足元を見透かされるだけです。

 そこでもう一度「イスラム国」さらにイスラム教についてとりあげ、日本政府の「取るべき対応」についても考えてみたいと思います。イスラム教とは日本人にとって最も理解しがたい宗教だからです。


お勧め「書籍」「映画」「絵画」コーナー

 まだ決めていません。


今週の相場観

 今週の株式・為替・国債市場などについて考えます。

 
質問コーナー

 毎週たくさんいただいており全てにお答えできていませんが、できるだけお答えします。今週も本日(1月25日)深夜まで受け付けていますので、どしどしお寄せください。


 ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから

 インフォカート版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから 


 どちらからお申し込みいただいても次の月曜日から同じ内容のプレミアムメルマガを配信いたします。

 今からお申込みいただければ、1月分のメルマガを全て毎週月曜日に読むことができます。

 それから「闇株新聞」を、定刻の午前零時以前に「できあがり次第」メール配信しております。


 今週はダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」をご紹介いたします。

 20日間の無料お試し購読期間があります。
 
(無料お試し購読期間等や詳細につきましては、DAIAMOND PREMIUM MAILMAGAZINEのよくある質問ページをご覧ください。)

 ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」はこちらから

※ダイヤモンド版とインフォカート版はどちらをお申し込みいただいても配信する記事の内容は同じです。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:9 | TrackBack:0
■未分類 | 2015.01.25
無料メルマガ配信(不定期)
↓↓↓
メルマガ購読・解除
 
関連記事
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2015年01月 | 02月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム