Archive

闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

最悪の事態となったギリシャ情勢

2015年06月30日

最悪の事態となったギリシャ情勢


 今月末のデッドラインを目前にしたギリシャ政府と国際債権団(EU、ECB、IMF)の駆け引きは、デッドライン1日前に「思わぬ結果」となってしまいました。

 デッドラインとはIMFへの15億8000万ユーロ(2100億円)の返済期限と、2012年3月に発効した金融支援(72億ユーロの未実行がある)の期限切れが、ともに到来する6月30日のことでした。

 これまでギリシャはIMFへの返済ができなくなってデフォルトするとか、ユーロ離脱に追い込まれるなどと懸念されていましたが、現実はデッドライン1日前の本日(6月29日)にECBがギリシャ中央銀行を通じてギリシャ国内の銀行に供給している「緊急流動性支援(ELA)枠」の拡大を拒否してしまいました。

 そうするとギリシャ国内の銀行は急増している預金の引き出しに対応できず(流動資産がないから)、やむなく本日から1週間の営業を停止してしまいました。また営業再開後も預金の引き出しを1日あたり60ユーロに制限するなど、厳しい資本規制を余儀なくされます。

 直接の原因は6月27日午前1時(現地時間、以下同じ)に、ギリシャのチプラス首相が金融支援の条件としてEUから求められている財政再建案の受け入れについて、7月5日に国民投票を実施すると突然に発表したからです。
 
 もともと過去の金融支援の条件になっていた緊縮財政を「反故にする」と公約して政権についたチプラス現政権は、「ユーロの仕組みと信任」を人質に取っているため国際債権団はいずれギリシャに妥協するはずと楽観視していたのですが、いよいよ行き詰まると今度は(金融支援の条件となる)緊縮財政の受け入れは国民投票で決めると見事に責任逃れをしてしまいました。

 このあからさまな時間稼ぎと責任逃れに国際債権団が態度を硬化させ、一切の支援交渉を打ち切ってしまいました。

 ここまでならギリシャ政府も「想定の範囲」だったはずです。デフォルトしてもユーロ離脱となっても(簡単ではありません)、すぐにギリシャ経済や金融市場の「息の根が止まる」わけではなく、時間をかけて債務免除などの有利な条件を引き出すことも可能です。

 しかしELA枠の拡大まで拒否され銀行の営業停止に追い込まれるとは想定していなかったはずです。これではギリシャ経済や金融市場の「息の根がすぐに止まってしまう」からです。

 つまりギリシャ政府にとっても、世界の金融市場にとっても「ほとんど想像もしていなかった最悪のケース」になってしまいました。もちろんチプラス現政権が状況を読み違えたため、結果的に世界の金融市場にもギリシャ国民にも大変な混乱を与えてしまいました。

 本日(6月29日)の日経平均は596円安の20109円、先週末に追加金融緩和に踏み切った中国の上海総合指数も139ポイント安の4053ポイント、欧州株式市場も軒並み急落となっています。

 さて、ここからどうなるのでしょう?

 まず資金供給をほとんど絶たれたギリシャ経済は壊滅的な状況となり、遠からずチプラス現政権はクーデター的に政権を追われ、親EUの暫定政権に移行すると考えます。

 そして緊縮財政を受け入れて支援再開となり、ギリシャのユーロ離脱もありません。

 もともとEU当局とすれば大命題の財政再建にあからさまに反対する政権がユーロ加盟国にいること自体が危機的な状況であり、ギリシャ国民の手で「排除」させようと考えたはずです。
 
 そこへおあつらえ向きに国民投票が飛び出したため、一気にギリシャ経済と金融市場の息の根を止める「外科手術」に踏み切ったと考えます。

 しばらくは欧州株式の下落、ユーロ安(円高)となるはずですが、日本の株式市場もまもなく落ち着きをとり戻すと考えます。ギリシャ問題はあくまでもギリシャ国内それに一部のユーロ圏に限定される問題だからです。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:3 | TrackBack:0
■闇株的見方 » 株式 | 2015.06.30
関連記事

メルマガ「闇株新聞 プレミアム」のお知らせ

2015年06月28日

<メルマガ「闇株新聞 プレミアム」の追加のお知らせ>

 予告にはありませんでしたが、今月末は「何とか時間稼ぎに持ち込める」と考えていたギリシャ情勢が週末に急激に悪化したため、急遽とりまとめて本日(6月28日)前倒しで配信しました。

  正式の配信時(6月29日夕刻)には、さらに状況が変化していれば書き加えて再度配信します。予告していた「中国の政治・経済・金融政策・人民元・株式バブル等を徹底的に検証 その2」と「過大評価され続けている不思議で厚かましい国・フランスの歴史 その9」も、少しボリュームを調整して配信します。



メルマガ「闇株新聞 プレミアム」のお知らせ


 予定通り6月29日(月曜日)夕刻に配信します。

 予定内容です


メインテーマ 1  中国の政治・経済・金融政策・人民元・株式バブル等を徹底的に検証  その2

 先週は主に中国の株式市場について、中国は昨年11月から本格的な金融緩和に踏み切り(それまでは決して緩和的ではなかった)そこから本格的な株価上昇となり、一度始めた金融緩和は簡単に後退させることができないので、中国株式の上昇はまだまだ続くはずと書きました。

 上海総合指数は先週も続落となっていますが、そこのところを「中国経済の実態」「中国の為替政策の変遷と人民元の国際化」などとともに掘り下げて考えます。

 テーマから外れますが、とりあえず「今月末の決着は回避」となりそうなギリシャ情勢が週末に急変すれば、紙面を調整して解説します。


メインテーマ 2  過大評価され続けている不思議で厚かましい国・フランスの歴史  その9

 フランスの歴史だけではなく、欧州各国の歴史とも対比させながら書いているため大変に長くなっていますが、いよいよフランス王室の絶頂期となったブルボン王朝の始まりです。

 ブルボン王朝の最初の皇帝であるアンリ4世の即位(1589年)からちょうど200年でフランス革命(1789年)となりますが、ブルボン王朝は何度かの中断を挟み1848年まで続きました。

 ギリシャ金融危機が大詰めになっていますが、フランスや欧州諸国の歴史を理解しておくと結構役に立つはずです。


お勧め「書籍」「映画」「絵画」コーナー 

 まだ決めていません。


今週の相場観

 今週は日本の金融市場(株式・為替・国債)の解説がありませんので、このコーナーをいつもより丁寧に書きます。

 
質問コーナー

 できるだけ全部のご質問にお答えするつもりです。本日(6月28日)深夜まで受け付けていますので、どしどしお寄せください。



 ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから

 インフォカート版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから 


 どちらからお申し込みいただいても次の月曜日から同じ内容のプレミアムメルマガを配信いたします。

 今からお申込みいただければ、6月分のメルマガを全て毎週月曜日に読むことができます。

 それから「闇株新聞」を、定刻の午前零時以前に「できあがり次第」メール配信しております。


 今週はダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」をご紹介いたします。

 20日間の無料お試し購読期間があります。
 
(無料お試し購読期間等や詳細につきましては、DAIAMOND PREMIUM MAILMAGAZINEのよくある質問ページをご覧ください。)

 ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」はこちらから

※ダイヤモンド版とインフォカート版はどちらをお申し込みいただいても配信する記事の内容は同じです。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:1 | TrackBack:0
■未分類 | 2015.06.28
関連記事
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2015年06月 | 07月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム