Archive

闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

メルマガ「闇株新聞 プレミアム」のお知らせ

2015年06月14日


メルマガ「闇株新聞 プレミアム」のお知らせ


 予定通り6月15日(月曜日)夕刻に配信します。

 予定内容です。


メインテーマ 1 円は12年半ぶりの安値 日経平均はITバブル時の高値に接近 その3

 世界的な株式バブルが弾けてしまう兆候をどのように見極めるかを解説するシリーズの3回目(たぶん最終回)ですが、決して現在の株式バブルの破裂が近いといっているのではありません。

先週までの2回では、現在の世界金融市場で有効である2つの公式「金融緩和・量的緩和=通貨安」「通貨安=株高」が崩れはじめると要注意であると繰り返し強調し、実際に検証もしました。そこではじめて世界の巨額ポジションが反対側(つまり損失となる方向)に動き始めることになるからです。

先週まででは、とりあえず「はっきりとした危険な兆候」は現れていないと考えました。

 今週は3つめの公式「金融緩和・量的緩和=長期金利低下=株高」について考えます。実はこの公式は、このように簡単に書いてしまうと大変に危険です。つまり最近のように世界的に長期金利(長期国債利回り)が上昇すると、大きく判断を誤ってしまう可能性があります。

 そこで徹底的に解説します。


メインテーマ 2  過大評価され続けている不思議で厚かましい国・フランスの歴史  その7

 なぜいまフランスの歴史なのか?については、いままでイヤっというほど書いてきましたので省略してすぐに本論に入ります。
 
 先週は、イギリスとの百年戦争に勝利したフランス王室(カペー家の分家であるヴァロア家)が、百年戦争による諸侯の疲弊でますます力を蓄えていったところまでを書きました。

 今週は、このフランス王室が、欧州の各王室(スペイン、イギリス、神聖ローマ)との争いのなかで、どのような厚かましさで絶対主義といわれるまで強大化したのかを中心に書いていきます。

 その中で宗教改革・宗教戦争も大変に重要な要素ですので、たっぷりと解説します。


お勧め「書籍」「映画」「絵画」コーナー 

 まだ決めていませんが、たまには「絵画」にしようと考えています。


今週の相場観

 今週の株式・為替・国債市場などについて考えます。

 
質問コーナー

できるだけ全部のご質問にお答えするつもりです。本日(6月14日)深夜まで受け付けていますので、どしどしお寄せください。



 ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから

 インフォカート版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから 


 どちらからお申し込みいただいても次の月曜日から同じ内容のプレミアムメルマガを配信いたします。

 今からお申込みいただければ、6月分のメルマガを全て毎週月曜日に読むことができます。

 それから「闇株新聞」を、定刻の午前零時以前に「できあがり次第」メール配信しております。


 今週はダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」をご紹介いたします。

 20日間の無料お試し購読期間があります。
 
(無料お試し購読期間等や詳細につきましては、DAIAMOND PREMIUM MAILMAGAZINEのよくある質問ページをご覧ください。)

 ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」はこちらから

※ダイヤモンド版とインフォカート版はどちらをお申し込みいただいても配信する記事の内容は同じです。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:1 | TrackBack:0
■未分類 | 2015.06.14
無料メルマガ配信(不定期)
↓↓↓
メルマガ購読・解除
 
関連記事
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2015年06月 | 07月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム