Archive

広告

メルマガ「闇株新聞 プレミアム」のお知らせ

2015年11月01日

メルマガ「闇株新聞 プレミアム」のお知らせ


 11月2日(月曜日)の夕方に、予定通り配信します。

 予定内容です。


メインテーマ 1  もう「ひとまわり」しそうな世界の金融緩和・量的緩和サイクル  その2

 先週の続きですが、10月30日の日銀政策決定会合では追加緩和が見送られました。また10月28日にFOMCでは利上げが見送られましたが、どちらも市場の予想通りで金融市場の混乱もありませんでした。

 今週は引き続き、世界の金融緩和・量的緩和がもう「ひとまわり」する可能性と、その世界経済と金融市場に与える影響を考えますが、単に「追加緩和する」とか「FRBが利上げする」という結果だけを予想しても不十分なので(というよりほとんど意味がありません)、もっと多方面からいろいろと考えてみます。

 それから最近本誌が主張している金融政策より世界の政治・外交が重要との考えですが、「金融政策だけに頼るのではなく、国際的な政治・外交も含めた総合的政策で対処すべき」の方が適切な表現かもしれません。

 これを実践しているのが中国だけ(ロシアもそうかもしれませんが)というのでは日本にとって大変に問題なので、この辺りも取り上げます。


メンテテーマ  2  株式市場における、次の「勝ち組」、次の「負け組」 その4

 ようやく7~9月決算発表が出始めましたので、今週は決算数字を見てシャープ、ソニー、野村HD、OLC(オリエンタルランド)、不祥事を起こした企業からフォルクスワーゲン(東芝と旭化成は来週です)などを取り上げます。

 リクエストも質問コーナーにお寄せください。必ず取り上げさせていただきます。


お勧め「書籍」「映画」「絵画」コーナー 

 たぶん「書籍」です。


今週の相場観

 今週の株式・為替・国債市場について考えます。
 
質問コーナー

 できるだけ全部のご質問にお答えするつもりです。本日(11月1日)深夜まで受け付けていますので、どしどしお寄せください。


付録  「中国人の尊大さはどこから来たのか? その中国人とどう対決していくのか? を歴史から考える」  第4回(全5回)

 ますます傍若無人になる中国および中国人との対決方法を模索するシリーズです。2014年7~11月に15回にわたって連載したシリーズに大幅に加筆・修正してお届けします。

 今週は、五代十国時代、宋(北宋と南宋)、モンゴル帝国と元です。来週は明、清、中華人民共和国を取り上げて終了となります。


 ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから

 インフォカート版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから 


 どちらからお申し込みいただいても次の月曜日から同じ内容のプレミアムメルマガを配信いたします。

 今からお申込みいただければ、11月分のメルマガを全て毎週月曜日に読むことができます。

 それから「闇株新聞」を、定刻の午前零時以前に「できあがり次第」メール配信しております。


 今週はダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」をご紹介いたします。

 20日間の無料お試し購読期間があります。
 
(無料お試し購読期間等や詳細につきましては、DAIAMOND PREMIUM MAILMAGAZINEのよくある質問ページをご覧ください。)

 ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」はこちらから

※ダイヤモンド版とインフォカート版はどちらをお申し込みいただいても配信する記事の内容は同じです。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:1 | TrackBack:0
■未分類 | 2015.11.01
無料メルマガ配信(不定期)
↓↓↓
メルマガ購読・解除
 
関連記事
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2015年11月 | 12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム