Archive

闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

マイナス金利導入の「最大の勝ち組」は大手銀行

2016年02月04日

マイナス金利導入の「最大の勝ち組」は大手銀行


 本日(2月3日)の日経平均は559円安の17191円(終値)と、先週末(1月29日)のマイナス金利発表直前のレベル近くまで下落してしまいました。

 また本日の10年国債利回りは一時0.045%、2年国債利回りはマイナス0.18%と、それぞれ史上最低利回りを更新し、マイナス金利発表直前の0.22%とマイナス0.03%から大幅に低下しています。

 日銀のマイナス金利導入で長短金利が劇的に低下したことは事実であり、日本経済への影響は不透明で株式市場の混乱は続くかもしれませんが、マイナス金利発表以前よりは株高の水準に落ち着いていくと考えます。

 さて2月2日付け「日銀が唐突に発表したマイナス金利導入とは?」に、「マイナス金利が適用される当座預金は年間最大80兆円で、銀行業界全体が負担する最大コストは年間800億円と考えてよいのか?」とのコメントをいただいていましたが、実は違います。
 
 まず80兆円というのは日銀が今後1年間で増加させる国債保有残高で、今後1年間で増加する「最大の」当座預金残高とも考えられますが、今後1年間に限れば平均増加残高は半分の40兆円で最大コストも400億円のはずです。

 しかし今後はさすがに銀行も日銀当座預金の増加分に対しては、少しでも有利な運用に(というよりマイナスが少ない運用に)しようと考えるため、その最大コストは400億円よりかなり少なくなるはずです。

 そんなことより短期金融市場全体がマイナス金利となれば(なっています)、現時点で250兆円以上ある当座預金残高(そのほとんどを銀行が保有しているはずです)には引き続き0.1%のプラス金利が支払われるため、マイナス金利の中で銀行にだけ年間2500億円もの金利が支払われ続けることになります。

 さらに銀行はこの20年ほど預金金利はほとんどゼロ(1年定期で0.03%程度)にしていますが、それをさらに引き下げてしまいます。また金融庁の要請かもしれませんが、法人の大口預金からは手数料を徴収して実質的にマイナス金利にしてしまうようです。

 もちろんこれらは銀行業界にとって増益要因となりますが、実は大した金額ではありません。銀行はこの20年間も「不当に低い」金利しか預金者に支払わず膨大な収益を預金者から収奪しており、ここで金利をさらに下げてもそれほど大きな変化ではありません。

 またマイナス金利導入で国債利回り全体がマイナス金利も含めて劇的に低下しており、銀行の保有する国債の含み益も劇的に増加しています。しかし最大の問題は銀行が「ずっと以前から」貸出金利を国債利回りの低下に「ほとんど」連動させていないことです。

 10年固定金利の貸出し金利は(クレジットリスクが低く担保もあり、要するに取りっぱぐれのない貸出しでも)、マイナス金利導入前で10年国債利回りが0.2%程度だったときでも1.1~1.8%でした。つまりマイナス金利が導入されなくても預金金利が0.03%ほどだったため「ずっと以前から」大変に厚い利鞘を確保していたことになります。まさに「異次元」量的緩和導入後の国債利回りは「無駄な低利回り」だったわけです。

 それだけ日本の銀行は高コスト体質だからですが、今回のマイナス金利導入で例えば10年国債利回りが劇的に低下しても、10年固定の貸出金利をフルスライドさせることは絶対になく、銀行の大変に厚い利鞘がますます厚くなることになります。

 もちろんずっと以前の貸出しの利鞘は「もっともっと厚くなる」ため、マイナス金利は銀行にとって「さらなる増益要因」となります。

 一般的に金利水準や国債利回りが低下すると銀行にとって「増益要因」となりますが、従来なら金利はゼロに近づきこれ以上の低下余地(つまり増益余地)がなくなったと考えられていたところ、マイナス金利導入でさらに金利の低下余地(つまり増益余地)が拡大したことになります。
 
 マイナス金利導入で銀行の収益が悪化すると考えられ銀行株が下落していますが、収益に限ればマイナス金利導入による「最大の勝ち組」は銀行(特に大手銀行)となります。

 さらに2月2日付け記事に「それでは本誌は当座預金全体にマイナス金利を適用すべきと考えているのか?」とのコメントもいただいていました。

 「どちらかといえば」そう考えています。そんなことをしたら日銀当座預金が取り崩され、日銀は膨大な保有国債をファイナンスできなくなり、国債市場が大混乱になるではないか?

 冷静に考えると短期金融市場全体がマイナス金利になれば日銀当座預金の金利がマイナスでもそれほど引き出されないはずです。どこに置いてもマイナス金利だからです。

 それより1年後に最大80兆円の日銀当座預金増加分にマイナス金利を適用しただけで、はるかに巨大な短期金融市場や8年以下の国債利回りがすべてマイナスになっている現状のほうが「はるかに不自然」と考えます。銀行だけが恩恵を受けるだけでなく、日本の金利体系の「ゆがみ」がますます大きくなり、いずれ大きな「しっぺ返し」に襲われると直感的に感じるからです。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:12 | TrackBack:0
■闇株的見方 » 経済 | 2016.02.04
無料メルマガ配信(不定期)
↓↓↓
メルマガ購読・解除
 
関連記事
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2016年02月 | 03月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム