Archive

闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

日本経済は果たして成長しているのか?

2016年02月17日

日本経済は果たして成長しているのか?


 昨日(2月15日)内閣府は2015年10~12月期のGDP統計を発表しました。日本で発表される経済統計はすべて多かれ少なかれ同じですが、とくにこのGDP統計は実質と名目、暦年と年度、前期比と年率換算などがごちゃまぜに発表され、大変に実態がわかりにくく国際比較が難しいものです。

 そこで本日は表題にあるように「日本経済は果たして成長しているのか?」あるいは「米国、ユーロ圏と比較してどうなのか?」という、極めて簡単なポイントに絞ってみます。

 まず発表された2015年10~12月期の実質GDPは、前期比年率換算で1.4%のマイナス、名目GDPは同1.2%のマイナスでした。物価上昇幅が少ないため実質と名目の差も少ないのですが、要は実質でも名目でもマイナス成長でした。

 2015年10~12月期は、中国ショックによる日経平均の急落が落ち着きを取り戻し12月1日には一時20000円を回復していた時期で、それほど日本経済が落ち込んでいたとの実感もなかったはずですが、やはりマイナス成長でした。

 これで消費増税(5%から8%)が実施された直後の2014年4~6月期から数えると、7四半期のうち実に4四半期が実質でマイナス成長だったことになります。世界中の株価と原油価格が急落している2016年1~3月期は、さらにマイナス成長の可能性が強くなります。

 最大項目の民間最終消費支出は実質で前期比(年率換算ではありません)0.8%のマイナスですが、あまり生活実感に関係のない持家帰属家賃を除く家計最終消費支出は同1.1%もマイナスです。

 2015年暦年で見てみると(国際比較するためです)、実質GDPが前年比0.4%プラス、名目では同2.5%プラスとなり、実質と名目の差が大きくなっています。つまり2015年の日本経済は「低成長だった割に物価だけは上昇していた」ことになります。

 2015年の個人消費だけ取り出してみると実質で前年比1.2%のマイナスで、やはり消費増税以降、国民の消費活動は細っていることになります。

 ちなみに2014年暦年の実質GDPはゼロ(厳密に言うとわずかにマイナス)、名目は1.6%プラスとやはりゼロ成長の割に物価だけは上昇していました。

 2013年暦年は実質が1.4%プラス、名目が0.8%プラス、2012年暦年は実質が1.7%プラス、名目が0.8%プラスでした。2013年は「異次元」量的緩和で物価がマイナス圏から上昇し始めていた時期ですが、通年では2012年とあわせて物価が下落していたため日本経済の成長率としては名目GDPで見た方が実感にあうはずです。

 つまり2012年~2015年の日本経済の「実感」成長率とは、0.8%、0.8%、ゼロ、0.4%だったことになり、まさに「ほとんと成長していないだけでなく、さらに落ち込んでいる」となります。

 ここで米国の各暦年の実質GDP(前年比)は、2015年が2.4%、2014年も2.4%、2013年が1.5%、2012年が2.2%と見事にプラス成長です。米国では名目数値が発表されないため各暦年の消費者物価上昇率(前年比)を挙げておきますと2015年が0.1%、2014年が1.6%、2013年が1.5%、2012年が2.1%でした。

 昨年(2015年)の消費者物価が0.1%しか上昇していないので米国の昨年の名目GDP成長率は以前より低下していますが、日本の2014~2015年のように「低成長(ほとんどゼロ成長)の割に物価だけが上昇している」わけではありません。

 ここからも日銀の(旧大蔵省傘下です)の「まず2%の物価上昇目標ありき」との主張が、いかにピントがずれて国民の生活を苦しめているかが浮き彫りになります。

 ユーロ圏の各暦年の実質GDP(前年比)は、2015年が1.5%、2014年が0.9%、2013年が0.3%マイナス、2012年が0.9%マイナスで、消費者物価上昇率(前年比)は2015年がゼロ、2014年が0.4%、2013年が1.4%、2012年が2.5%でした。

 ユーロ圏は2012年~2013年のマイナス成長から脱し、2014年~2015年は物価上昇に急ブレーキがかかるもののプラス成長に転じたことになります。

 ECBは2014年6月からマイナス金利、2015年3月から量的緩和に踏み切っています。ユーロ圏経済は、これら思い切った金融政策の成果が出ているとまでは言い切れませんが、少なくとも日銀の金融政策が「低成長(ほぼゼロ成長)の割に物価高」しか実現していないなかで、はるかにうまく機能しています。

 冒頭に書いたように日本のGDP統計は内閣府が「わざとわかりにくくしている」ようなので、本誌が代わってできるだけわかりやすく解説してみました。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:15 | TrackBack:0
■闇株的見方 » 経済 | 2016.02.17
関連記事
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2016年02月 | 03月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム