Archive

闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

メルマガ「闇株新聞 プレミアム」のお知らせ

2016年02月28日

メルマガ「闇株新聞 プレミアム」のお知らせ


 2月29日(月曜日)の夕方に予定通り配信します。週明けの東京市場も落ち着いていると思いますので、今週は先行配信を行いません。

 以下、予定内容です。


メインテーマ 1  10年国債のマイナス利回りが定着する「恐怖」について

 先週末(2月26日)の10年国債利回りはマイナス0.07%と史上最低を更新しました。確かに2月16日からマイナス金利がスタートしていますが、短期金利はともかく長期金利の代表である10年国債利回りまでマイナスで定着してしまうなら、それは「恐怖」以外の何物でもありません。

 世間では(評論家も含めて)早くも10年国債利回りのマイナスに目が慣れてしまっているようですが、さんざん喧噪されてきた国債暴落よりも、はるかに「恐ろしい」現象であるはずです。

 決して大げさではなく、2010年10月に闇株新聞を書き始めて以来一貫して国債利回りは低下すると言い続けてきた本誌だけが感じる「言いようのない恐怖」を、徹底的に解説します。


メインテーマ 2  何かおかしいシャープとその救済劇
 
 継続中のシリーズ「発表された2015年10~12月決算から見える今後の勝ち組・負け組」の中で取り上げようかとも思ったのですが、長文となりそうなので今週は中断してシャープだけにします。

 そのシリーズはまだまだ書きたい会社がたくさんあるので、あと2回ほど続けます。

 さてシャープは2月25日に鴻海傘下に入ることを機関決定したのですが、何とその前日の24日に「偶発債務が最大3500億円ある」といった重要文書を鴻海に送付しており、当然に29日に予定されていた正式調印は延期されてしまいました。

 さらに奇怪なことに日本の報道各社は「(偶発債務は)たいしたことではなく、正式調印は少し遅れるが無事に行われる」と断定的に報じています。

 本誌は2015年5月のシャープ救済劇も「何かおかしい」と感じていたのですが、今回もいろいろな意味で「負けず劣らずおかしい」と感じます。

 そこでシャープについて過去から改めて徹底的に検証し、その今後を「鴻海が予定通り傘下に入れた場合」と「破談になった場合」に分けて考えてみます。


お勧め「書籍」「映画」「絵画」コーナー

 まだ決めていません。


今週の相場観

 今週の株式、為替、国債、商品市場などについて考えます。


質問コーナー

 できるだけすべてのご質問にお答えするつもりですが、類似のご質問は省略させて頂くことがあります。本日(2月28日)深夜まで受け付けていますので、どしどしお寄せください。


ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから
インフォカート版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから

どちらからお申し込みいただいても次の月曜日から同じ内容のプレミアムメルマガを配信いたします。
インフォカート版は、お申し込みの月のバックナンバーも配信されます。

それから「闇株新聞」を、定刻の午前零時以前に「できあがり次第」メール配信しております。
今週はダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」をご紹介いたします。

20日間の無料お試し購読期間があります。
(無料お試し購読期間等や詳細につきましては、DAIAMOND PREMIUM MAILMAGAZINEのよくある質問ページをご覧ください。)
ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」はこちらから

※ダイヤモンド版とインフォカート版はどちらをお申し込みいただいても配信する記事の内容は同じです。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:2 | TrackBack:0
■未分類 | 2016.02.28
関連記事
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2016年02月 | 03月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム