Archive

闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

新たに公開された「パナマ文書」で感じること

2016年05月11日

新たに公開された「パナマ文書」で感じること


 ICIJ(国際調査報道ジャーナリスト連合)は日本時間本日(5月10日)未明、「パナマ文書」に関しタックスヘイブン(租税回避地)に設立された214.000件のオフショア・カンパニーと360,000件の関連する個人・法人の氏名・住所などをHP上で公開しました。

 本日公開されたデータは、オフショア・カンパニーの社名・住所・Nominee(名目的な)代表者・株主だけでなく、その実質所有者(Beneficial Owner)の氏名・住所も含まれており、日本関連では企業が24社、個人が重複を含め400人の実名?が公開されています。

 これらの分析には全世界約400名のICIJ会員ジャーナリストが動員されており、日本人ジャーナリストでは朝日新聞の奥山俊宏編集委員と共同通信の澤康臣記者が、これら日本企業や日本人?を「パナマ文書」の元データから探し出したようです。

 その朝日新聞の奥山編集委員が本日発売の文芸春秋に寄稿された特集記事によると、奥山氏を含むICIJの会員ジャーナリストは本人確認のため二重の認証手続きが必要であるものの「パナマ文書」に含まれるすべての(自国だけでない)元データにアクセスができ、また1日当たりのダウンロード可能量は制限されているもののすべての元データを自由に自分のパソコンにダウンロードできるようです。

 ここですべての元データとは、実質所有者(Beneficial Owner)の実名・住所・パスポートのコピーだけでなく、そのオフショア・カンパニーのNominee代表者へのさまざまな指示書や契約書、開設している銀行口座明細と各時点の残高、その銀行への送金指示書(送金先の銀行名・口座番号・口座名義まで書いてあります)など、ありとあらゆる情報が必ず含まれます。

 これらの元データを丹念に調べると、そのオフショア・カンパニーが誰の指示で何をやっているかが不正なものも含めてはっきりわかります。またその銀行口座明細や残高だけでなく、そこからどこの誰の口座にいくら送金したかまですべてはっきりわかります。

 そういうすべての元データが今後すべて公開されるとは限りませんが、問題は奥山氏らICIJの会員ジャーナリスト「だけ」が自由にアクセスでき、自由に自分のパソコンに取り込め、さらにその取り込んだ元データの二次利用に制限が加えられていない可能性まであることです。

 これは「パナマ文書」が公になった直後から本紙が最も懸念していたところですが、文芸春秋に寄稿された奥山氏の記事を読むと、どうやら「すべての元データが最も憂慮すべき状態にある」と感じました。

 じゃあ何が問題なのか?ですが、まず公開されたものも含めてすべての元データを丹念にチェックすれば「犯罪に使われている」「犯罪資金の隠匿である」「悪質な脱税資金である」「第三者の資金を不正な方法で集めている」などの疑いが強いオフショア・カンパニー、その実質所有者、その銀行口座明細と資金の流れまではっきりわかるはずです。

 しかしそれらの情報公開や捜査当局・税務当局への通報などが、すべてジャーナリストの目と判断に委ねられるということです。

 その前に元データだけ見た瞬間に「これは犯罪」「これは脱税」と見極められるのは熟練した捜査関係者と税務関係者と国際金融ビジネスの専門家に限られ、ジャーナリストの目で見極められるとは限りません。つまり捜査当局や税務当局にとって「宝の山」が、そのまま見逃されてしまう可能性があります。

 本日公開された日本企業関連リストをざっと見た限り、犯罪の可能性があるのはレセプト債への投資として集めた資金を消滅させたアーツ証券だけで、その具体的な手口が元データに凝縮されているはずです。しかしこの犯罪を証明する貴重な元データの提供を捜査当局が求めても、そこはジャーナリストのプライドとやらで拒否されるような気がします。

 もっと本質的な問題は、日本に限らず犯罪や脱税を発見する糸口となる重要な元データや単なる個人情報(あるいは個別企業情報)であるだけの元データが混在する「パナマ文書」が、そのどれを当局に通報するか、どれを公開して批判に晒すか、あるいはどれを見逃すかなどの判断が、すべて捜査当局でも税務当局でも国際金融ビジネスの専門家でもない世界で400人(日本で2人)しかいないジャーナリストに委ねられていることです。

 これは大変に気持ちが悪い憂慮すべき状態です。

 まだまだ書き足りませんが、やはり「パナマ文書」とはジャーナリストを前面に出してはいるものの、その実態は国家がからむ諜報戦争の一環と考えます。その基本的構造と日本が取るべき行動については、来週月曜日に配信するメルマガ「闇株新聞 プレミアム」に緊急特集を掲載します。

 予告していた「瀬戸際の」サハダイヤモンドは明日に延期させていただきました。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:13 | TrackBack:0
■闇株的見方 » 社会 | 2016.05.11
関連記事
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2016年05月 | 06月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム