Archive

闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

メルマガ「闇株新聞 プレミアム」のお知らせ

2016年06月05日

メルマガ「闇株新聞 プレミアム」のお知らせ


 予定通り6月6日(月曜日)の夕方に配信しますが、週明けの東京市場に対応するためメインテーマ 1は日曜日中に前倒し配信します。


メインテーマ 1 とりあえずどう考えればよいのか? 円相場と日経平均

 消費増税も正式に2019年10月まで再延期となり、通常国会も無事終了し衆参同日選挙もなくなり、ややほっとした瞬間に激震に見舞われたようです。

 先週末(6月3日)に発表された米国の5月雇用統計では雇用者数がわずか3万8000人の増加となり、ベライゾンのストによる一時的要因(3万5000人のマイナス効果)を考慮しても予想を大幅に下回りました。

 それで利上げ予想が一気に吹っ飛びNY市場では一気に106円台央まで円高となり、CME日経平均先物(円建て)も終値で16335円まで下落しています。

 とりあえずどう考えればよいのか?を解説します。先週までは、円相場についてはいずれ105円台を目指し、日経平均については消費増税再延期で「いくらなんでも」上昇するものの円高は要注意と書いていたので、大きく変更するポイントはありませんが、再度整理しながら検証します。

 いつも書きますが、単なる上がるか下がるかの予想だけならサイコロを振っているようなものなので、そう考える理由づけをしっかりと書きます。そうしておくと仮に予想が外れてもどこが違っていたのかがわかるため、比較的素早く修正ができるからです。


メインテーマ 2  今後の株式市場の「勝ち組」「負け組」を考える  その8(最終回)

 今週限りですがリクエスト頂いた企業を取り上げます。紙面の関係で全部掲載できないかもしれませんがご了承ください。

 ソニーは必ず取り上げます。

 来週から新シリーズを開始します。ずっと前から書こうと思っていたテーマですが、やっと「踏ん切り」が付いたからです。それほど長くなく3回ぐらいのシリーズですが、導入部を今週どこかで闇株新聞に書きます。

 オリンパスの新刊本はどうなっているのだ? 

 当初の原稿を大幅に修正して、世間で知られていない「新事実」を新たに満載させているため、もう少しだけ時間がかかります。お待ちください。


お勧め「書籍」「映画」「絵画」コーナー

 「書籍」です。


今週の相場観

 今週の株式、為替、国債、商品市場についてです。


質問コーナー

 できるだけすべてのご質問にお答えするつもりですが、類似のご質問は省略させて頂くことがあります。本日(6月5日)深夜まで受け付けています。


ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから
インフォカート版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから

どちらからお申し込みいただいても次の月曜日から同じ内容のプレミアムメルマガを配信いたします。
インフォカート版は、お申し込みの月のバックナンバーも配信されます。

それから「闇株新聞」を、定刻の午前零時以前に「できあがり次第」メール配信しております。
今週はダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」をご紹介いたします。

20日間の無料お試し購読期間があります。
(無料お試し購読期間等や詳細につきましては、DAIAMOND PREMIUM MAILMAGAZINEのよくある質問ページをご覧ください。)
ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」はこちらから

※ダイヤモンド版とインフォカート版はどちらをお申し込みいただいても配信する記事の内容は同じです。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:1 | TrackBack:0
■未分類 | 2016.06.05
無料メルマガ配信(不定期)
↓↓↓
メルマガ購読・解除
 
関連記事
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2016年06月 | 07月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム