Archive

闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

メルマガ「闇株新聞 プレミアム」のお知らせ

2016年06月19日

メルマガ「闇株新聞 プレミアム」のお知らせ


 予定通り6月20日(月曜日)の夕方に配信します。当日(月曜日)にそれほど大きな波乱もないと思うので、日曜日の先行配信はありません。


メインテーマ 1 世界経済・金融市場の「きしむ音」が聞こえる  その2

 先週「きしむ音」が聞こえると書いたばかりですが、早くも先週1週間(6月10日~17日)で円相場が1ドル=106.95円から104.17円へ(NY終値で比較)、日経平均が16601円から15599円(終値で比較)となってしまいました。

 この間のイベントはといえば、世論調査で英国のEU離脱派が優勢、FOMCで利上げなし(6月15日)、日銀追加緩和なし(6月16日)くらいで、この程度の材料で大きく円高、株安になってしまうほど、日本経済と金融市場から聞こえる「きしむ音」が大きかったこともわかってしまいました。

 そこで先週に引き続き、単なる弱気や悲観論を振り回すのではなく、もっと冷静に「きしむ音」を聞いて今後の対策を考えることにします。

 先週あまり書けなかった英国EU離脱を巡る国民投票についても、いよいよ今週の6月23日に迫っているので丁寧に解説します。


メインテーマ 2  日本人はどこからきたのか? 日本国は誰が建国したのか?  その2

 先週から始めた、まさに表題通りのシリーズです。

 日本は国家誕生(一応は大和朝廷のことです)の過程が全くわかりません。また調べることがタブー視されているフシすらあります。しかし日本の今後を考えるとき、これだと大変に具合が悪いことになります。

 日本の国家誕生の過程では中国大陸や朝鮮半島から大きな影響を受けていたことは確かですが、それはそれとして妙な遠慮をする必要はなく、堂々と真実を追及すればよいはずです。

 本メルマガや闇株新聞でも何度か取り上げたテーマですが、ここで新しい本誌の考え方も入れて1つのシリーズにまとめようと思います。もちろん中国史、朝鮮半島史だけでなく西洋史まで大きく俯瞰しながら考えていきます。


お勧め「書籍」「映画」「絵画」コーナー

 まだ決めていません。


今週の相場観

 今週の株式、為替、国債、商品市場についてです。


質問コーナー

 できるだけすべてのご質問にお答えするつもりですが、類似のご質問は省略させて頂くことがあります。本日(6月19日)深夜まで受け付けています。


ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから
インフォカート版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから

どちらからお申し込みいただいても次の月曜日から同じ内容のプレミアムメルマガを配信いたします。
インフォカート版は、お申し込みの月のバックナンバーも配信されます。

それから「闇株新聞」を、定刻の午前零時以前に「できあがり次第」メール配信しております。
今週はダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」をご紹介いたします。

20日間の無料お試し購読期間があります。
(無料お試し購読期間等や詳細につきましては、DAIAMOND PREMIUM MAILMAGAZINEのよくある質問ページをご覧ください。)
ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」はこちらから

※ダイヤモンド版とインフォカート版はどちらをお申し込みいただいても配信する記事の内容は同じです。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:2 | TrackBack:0
■未分類 | 2016.06.19
無料メルマガ配信(不定期)
↓↓↓
メルマガ購読・解除
 
関連記事
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2016年06月 | 07月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム