Archive

闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

FIFA、W杯の出場枠拡大を正式決定

2017年01月12日

FIFA、W杯の出場枠拡大を正式決定


 1月20日に就任するトランプ次期大統領の「新政策」がいろいろ取り沙汰されていますが、米国政府の巨額罰金ビジネスの行方も大変に気になります。

 巨額罰金ビジネスを取り仕切るトランプ新政権の司法長官には、すでにジェフ・セッションズ上院議員が指名されています。人種差別主義者とも言われ、上院の承認が得られるかどうかやや流動的ですが、承認されれば各国政府や各国企業や各機関に対する「容赦ない」巨額罰金ビジネスが繰り広げられることになりそうです。

 そんな巨額罰金ビジネスとは少し趣が違うかもしれませんが、米国司法省は2015年5月27日にFIFA(国際サッカー連盟)の副会長(当時)を含む7名をチューリッヒで逮捕し(逮捕権を行使したのはもちろんスイス司法当局ですが)、計14名を起訴していました。

 容疑は米国金融機関を使って不正資金を授受したマネーロンダリング疑惑で、国際通貨であるドルは世界中で流通しているため、そのドルを犯罪目的で使用するとそれだけで米国司法省の捜査権限が及ぶという「理屈」です。

 もともとFIFAはIOC(国際オリンピック委員会)と並ぶ「利権の塊」ですが、どちらも欧州の王族・貴族が中心の組織で、米国はその利権に近づけません。そこで米国はFIFAの不正を「ややこじつけ」でも介入することにより、FIFAに対する発言力を強化したいとの思惑もあったはずです。2015年5月29日付け「FIFAに米司法省が捜査のメス」に書いてあります。

 当時、就任したばかりのロレッタ・リンチ司法長官が徹底的捜査と犯罪摘発を強調していました。しかしそこから捜査が全く進展せず、逮捕された元副会長らも米国籍ではないため米国に召喚する必要があるもののどうなったかもハッキリせず、一切がうやむやになったままでした。

 FIFA でも「伏魔殿の親玉」であるブラッター会長(当時)は職務停止となったものの逃げ切り、部下で事務局長だったインファンティノが新会長となり、FIFAは何も変わらず活動しているように見えます。

 そうしたなかでFIFAは1月10日の理事会で、2026年のワールドカップ(W杯)本大会の出場枠を現行の32か国から一気に48か国に拡大すると「唐突に」決めました。一応はFIFA総会の承認事項ですが、根回しは終了しているようで、もうほとんど決定となります。

 根回しという意味は、もともとW杯の出場枠拡大はインファンティノ会長の公約で(形式的ですが会長選がありました)、アジアやアフリカや北中米に増加する参加枠を多めに割り振り、それらの地域への収益分配金を厚くするとの「裏公約」で会長選の票を取りまとめていたはずだからです。

 増加枠の拡大は、アジアが現行の4.5か国から8.5か国へ(0.5か国は大陸間プレーオフへの出場)、アフリカが5か国から9.5か国へ、北中米カリブ海が3.5か国から6.5か国へ、南米が4.5か国から6.5か国へ、オセアニア(オーストラリアはアジア枠)が0.5か国から1か国へと「大幅拡大」となります。

 そのあおりで欧州枠は、32か国でも14か国が出場していたにもかかわらず、48か国になっても16か国しか出場できません。もともとFIFAとUEFA(欧州サッカー連盟)は犬猿の仲で、早くもUEFAや欧州各国のサッカー連盟は猛反対しています。

 W杯の本大会における出場枠の拡大は大会規模の拡大となり、FIFAにとっては6億4000万ドルの収益拡大につながるとの「皮算用」もあるようです。しかしこの出場枠拡大案では、アジアやアフリカや北中米のかなり実力の落ちる国も出場することになり、明らかにW杯の質低下につながります。

 そうするとFIFAの収益拡大どころではなく、利権は縮小してしまいます。

 そこでやっと冒頭のFIFAに対する米国司法省の捜査に戻りますが、オバマ政権の終了直前になって突然に出場枠拡大が打ち出され、米国の属する北中米カリブ海の出場枠も現行の3.5か国から6.5か国に大幅に拡大されていることは、「何らかの手打ち」だった可能性もあります。
 
 しかしオバマ政権と「何らかの手打ち」があったとしても、トランプ新政権とセッションズ司法長官となればFIFAへの捜査をうやむやにしたままとも思えません。

 トランプ新政権におけるトヨタやフォードなど自動車会社への「介入」も気になりますが、もうほとんど忘れ去られていたFIFAへの捜査の進展も「ちょっと」気に留めておく必要がありそうです。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:1 | TrackBack:0
■闇株的見方 » 社会 | 2017.01.12
関連記事
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2017年01月 | 02月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム