Archive

闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

コンビニエンスストアの現状分析から感じること その2

2017年02月10日

コンビニエンスストアの現状分析から感じること その2


 昨日付け「同題記事」は本誌の感覚で書いたもので、あまり賛同されないと思っていました。ところが意外にも同じ感覚のコメントをいただきましたので、つい「調子に乗って」続編です。

 日本のコンビニはすでに大手3社の寡占状態となっていますが、そもそも日本の消費がなかなか伸びず小売りは過当競争となっていることに加え、その中で「急成長」してきた大手3社コンビニの経営が急激に「凡庸化」しているように思え、近い将来にいろいろな問題が噴出しそうな気がしています。

 その最大の理由は大手3社とも、カリスマ経営者が去り(セブン・イレブンとファミリーマート)、あるいは大株主の支配力が強化され(ローソンは三菱商事をはじめとする三菱グループ、ファミリーマートは伊藤忠商事)、突き詰めればサラリーマンが「凡庸な経営」を続けることになってしまうからです。

 さて昨日は引用しなかった日本フランチャイズチェーン協会の調査統計月報のなかで、もう1つ本誌が注目している数字があります。それは来店客の1回当たりの平均客単価で、2016年通年は全店ベースで614円でした。

 実はこの数字は長年それほど変わっておらず、5年前の2011年は604円、10年前の2006年でも574円でした。

 つまりコンビニとは昔も今も、少し価格が高いことはわかっていても店舗数や品揃えが多く24時間営業なので、必要なものが出てくるたびに「つい便利なので買いに行ってしまうところ」であり、そこで「つい他のものまで買ってしまうところ」となります。

 だからコンビニ(便利な)と呼ぶわけで、間違ってもコンビニで「まとめ買い」をする人はいません。しかしその都度コンビニに買いに行くと結局は価格が高いまま「まとめ買い」していることと同じになります。

 それが昔から変わらないコンビニのビジネスモデルであり、コンビニはそのまま大きくなってきたわけです。

 だからコンビニは大手3社を中心に全国に54,501店舗(2016年12月末現在)もあり、年間172億人も来店客がありながら、いまだにハイペースの出店を続けて来店客を増加させる必要があるわけです。

 さらに来店客数を上げるために食料品の調理、公共料金の収納、宅急便の受付・受領、コピー・ファックス、チケット申し込みと販売、銀行ATMの設置など、あらゆるサービスが提供されています。

 ところがそれを捌く(さばく)スタッフの人件費は店舗オーナーの負担となるため簡単に拡充できず、さらにコストの安い外国人を使うため、レジの対応能力が急激に低下してしまうことになります。

 とくに夜間にはレジに外国人が一人しかいないこともあり、夜間であるにもかかわらずレジの前で結構な時間待たされることもあります。とくに最近はセブン・イレブンの対応能力が最も低下しているように感じます。

 以前はファミリーマートの対応能力が最悪と感じていましたが、最近は少し改善しているものの(セブン・イレブンより良くなっている)まだまだ満足すべき水準ではありません。またローソンは都内でも店舗が少ないと感じ、あまり行けないので比較できません。

 コンビニがコンビニ(便利)でなくなったら、24時間営業であることを除けば、その存在意義の大半がなくなってしまいます。

 何年か前に日本マクドナルドの店舗サービスの急激な劣化を指摘したことがありましたが、まもなく不祥事が立て続けに起こって経営危機に近いところまで追い込まれてしまいました。

 それに「似ている」とまでは言いませんが、店舗サービスの劣化は企業価値の低下に直結すると考えるべきです。

 「所帯じみた」話題になってしまいましたが、実際に自分の目で確かめているため、けっこう自信があります。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:11 | TrackBack:0
■闇株的見方 » 経済 | 2017.02.10
無料メルマガ配信(不定期)
↓↓↓
メルマガ購読・解除
 
関連記事
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2017年02月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム