Archive

闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

どうなるポスト黒田日銀総裁?

2017年03月28日

どうなるポスト黒田日銀総裁?


 やや気が早い話ですが、黒田日銀総裁の任期が約1年後の2018年4月8日に終了します。水面下ではすでにポスト黒田となる日銀総裁の椅子を巡る「駆け引き」が始まっていますが、その基本的構造を解説しておきます。

 ポイントが2つあり、1つ目は日銀総裁を巡る旧大蔵省と日銀プロパーの「争い」です。

 もともと日銀総裁は旧大蔵省OBと日銀OBが交互に就く「たすき掛け人事」でしたが、1997年に改正された日銀法で廃止され、速水優氏、福井俊彦氏、白川方明氏と3代続けて日銀OBが総裁となっていました。

 ところが旧大蔵省は武藤敏郎・元事務次官を副総裁に送り込み、そこから総裁に「内部昇格」させようとしましたが民主党(当時)の反対で国会承認されず、いったん2008年3月20日に副総裁に就任していた日銀OBの白川方明氏が同年4月9日に日銀総裁となりました。つまりここで旧大蔵省は日銀総裁の椅子奪回に失敗しています。

 2012年12月に自民党が政権に復帰して第2次安倍内閣になると、経済回復を最優先課題とする安倍首相の「意気込み」に乗じて、旧大蔵省OBの黒田東彦を「見事に」総裁に押し込みました。旧大蔵省は1998年3月に退任した松下康雄氏以来、久々に日銀総裁の椅子を奪回したわけです。

 「そんな大げさな」と思われるかもしれませんが、最上級天下り先(日銀総裁)を確保する官僚組織(旧大蔵省だけではありませんが)の執念はこんなものです。

 そして2013年4月8日まで任期のあった白川前総裁を同年3月20日に辞任させてまで、同日に黒田総裁を誕生させています。2013年3月20日に就任した黒田総裁の任期(5年)が2018年4月8日までと微妙にヅレているのは、こういった事情です。

 ところで黒田総裁の誕生には「理論武装」も必要でした。それが浜田宏一氏を中心としたリフレ派理論であり、日銀はどんどん資産を購入してマネタリーベースをどんどん拡大させれば経済が回復するというものでした。

 リフレ派からは浜田宏一氏のほかに旧大蔵省OBの本田悦朗氏が内閣官房参与となり、学者の岩田規久男氏が日銀副総裁となり、就任直後の黒田総裁が早くも2013年4月4日に「異次元」量的緩和を発表しています。

 ここで旧大蔵省OBの黒田総裁がもともとリフレ派だったというわけではなく、旧大蔵省がOBを日銀総裁の椅子につけるための「理論武装」がリフレ派であり、それが安倍首相の「意気込み」にもピッタリだったというだけです。

 ただ「異次元」量的緩和の導入直後は確かに市場心理を劇的に改善させたことは事実で「その時点」では決して間違った政策ではなかったはずです。ただ旧大蔵省の目的が「消費税率を当時の5%から10%に引き上げるためだけだった」ことがまもなく露呈します。

 そして2つ目のポイントは、金融政策の主導権を巡るリフレ派と日銀主流派の「争い」です。

 2013年4月の「異次元」量的緩和導入に続き、2014年10月に追加量的緩和、さらに2016年2月にはマイナス金利導入と、リフレ派によるカンフル注射が立て続けに打たれましたが、日本経済は全く回復しませんでした。

 そこで日銀内ではリフレ派が勢力を失い、金融政策の主導権を日銀主流派が取り戻し、そこで出てきたのが2016年9月の「総括的な検証」だったはずです。

 「総括的な検証」では、基本的にリフレ派の導入した金融政策の枠組みは残し、10年国債利回りをゼロ近辺に「釘付け」する政策だけが加えられました。これも大変に問題がある政策であるとは感じますが、「市場はすべて日銀がコントロールできる」と考える日銀主流派の特色がよく出ています。

 日銀主流派とはあまり顔が見えてきませんが、雨宮正佳・理事や加藤毅・企画局長(今月就任)といった日銀エリートのことです。

 リフレ派を代表する浜田宏一氏も遅ればせながらシムズ理論を持ちだして「目からウロコが落ちた」などと仰っていますが、もはやリフレ派に出番はないはずです。リフレ派で最も焼け太ったのがスイス大使に栄転された本田悦朗氏のようです。

 さて1年後に任期の切れる黒田総裁の後任は、この2つの「争い」を念頭に置いて考える必要があります。その時点ではまだ総裁任期が残っている安倍首相が旧大蔵省とは距離を置いているため、現時点では日銀プロパーの雨宮理事が「本命」と考えます。

 そこから旧大蔵省がどのように「巻き返すのか?」が注目されます。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:0 | TrackBack:0
■闇株的見方 » 経済 | 2017.03.28
関連記事

メルマガ「闇株新聞 プレミアム」のお知らせ

2017年03月26日

メルマガ「闇株新聞 プレミアム」のお知らせ


 予定通り3月27日(月曜日)の夕方に、配信します。

 予定内容です。


メインテーマ 1 久々に経済ニュースと各相場について解説

 2週間ほど経済ニュースや各相場についての解説をお休みしていましたが、復活します。

 世間では急に「トランプ相場の息切れ」と騒がれていますが、単なる期待感だけで盛り上がった分のほんの一部だけがはげ落ちているだけで、世界中の各相場に(とくに株式市場に)イベントに対する耐性が備わっているという「大前提」は変わりません。
 
 ただいくつか微修正すべきところは出始めています。例えば本誌はトランプ当選以降、世界的なインフレ加速を警戒していましたが、それほど心配がなくなっていると考え始めています。インフレが世界経済や株式市場にダメージを与える心配がなくなったという意味ではなく、インフレとなる可能性自体が弱まったという意味です。

 その辺も含めて久々に「気になった経済ニュース」や「各相場の位置関係や方向性」について解説します。もちろん「今年はバブル元年」です。


メインテーマ 2 株式市場における今後の「勝ち組「負け組」 2017年・冬版 その7

 今週は、内外のファンドが関わる企業の業績や株価について考えます。ファンドが関わるというと「モノ言う株主が現れる」から「ファンドが経営権まで握る」までいろいろな段階があります。経営陣が参画するMBOも資金の大半をファンドが出すため後者の一形態となります。

 現在は投資資金が世界中で溢れ返っているため、企業経営者と投資家の目線で見る投資採算が違ってきており、どうしても投資家(内外のファンド)が主導すると株価が一時的に上昇しますが、長い目で見るとどうなのでしょう?

 その辺をいくつかの事例を挙げて解説します。今シリーズにもすでに登場している東芝ですが、エフィッシモが8%超の株式を取得したようなので、このポイントに絞って再登場します。


お勧め「書籍」「映画」「絵画」コーナー

 「書籍」です。


今週の相場観

 主に今週の日本の各市場について注目ポイントなどを解説します。


質問コーナー

 できるだけすべてのご質問にお答えするつもりですが、類似のご質問は省略させて頂くことがあります。本日(3月26日)深夜まで受け付けています。


付録コーナー

 2012年10月に掲載した「南北朝時代と室町幕府」を大幅に加筆・修正してお届けしています。なぜここで「室町時代なのか?」は、なぜここで「バブルなのか?」にも通じるものがあります。室町時代がバブルだったという意味ではなく、どちらも最近までほとんど意識されておらず、たまにはそういうものを取り上げることも必要と考えるからです。

 今週も含めてあと2回で終わります。


ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから
インフォカート版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから

どちらからお申し込みいただいても次の月曜日から同じ内容のプレミアムメルマガを配信いたします。
インフォカート版は、お申し込みの月のバックナンバーも配信されます。

それから「闇株新聞」を、定刻の午前零時以前に「できあがり次第」メール配信しております。
今週はダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」をご紹介いたします。

20日間の無料お試し購読期間があります。
(無料お試し購読期間等や詳細につきましては、DAIAMOND PREMIUM MAILMAGAZINEのよくある質問ページをご覧ください。)
ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」はこちらから

※ダイヤモンド版とインフォカート版はどちらをお申し込みいただいても配信する記事の内容は同じです。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:0 | TrackBack:0
■未分類 | 2017.03.26
関連記事
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2017年03月 | 04月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム