Archive

闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

中国経済のどこが問題なのか?

2017年05月09日

中国経済のどこが問題なのか?


 中国人民銀行は本日(5月8日)、4月末の外貨準備が3兆300億ドルとなり、3か月連続で増加したと発表しました。ようやく中国からの外貨流出に歯止めがかかったようです。

 中国人民銀行は2005年7月に人民元の対ドルレートを1ドル=8.28元から緩やかに上昇させる為替政策に転じ、2014年1月に1ドル=6.05元の高値まで誘導しました。

 一方で中国の外貨準備は2005年の8000億ドルから増え続け、人民元が上昇を止めた半年後の2014年6月に3兆9900億ドルのピークとなりました。つまり中国の外貨準備は「人民元が対ドルで上昇している間に増え続けていた」ことになります。

 中国人民銀行は貿易黒字や海外からの投資に伴い流入する外貨(ドル)を一元的に買い入れて見返りの人民元を中国国内に放出し、中国経済はその拡大する国内流動性で未曽有の経済発展を遂げました。つまり中国経済は、ドルを裏付けとした人民元を国内で流通させる「実質的なドル本位制」なのです。

 その後の人民元は1ドル=6.2人民元を挟んだ動きでしたが、中国人民銀行は2015年8月に「突然」1ドル=6.45元まで下落させ、その後も中断を挟んで2016年12月には1ドル=6.95人民元となってしまいました。

 その間に中国の外貨準備は減り続け、人民元が安値となった直後の本年(2017年)1月には3兆ドルを割り込んでしまいました。つまり中国の外貨準備は「人民元が対ドルで下落している間に減り続けた」ことになります。

 そもそも中国が2015年8月に「突然」人民元を引き下げた理由は、低迷する中国経済を貿易主導で活性化させるためだったはずですが、予想以上の外貨流出・人民元安・外貨準備急減、さらには中国経済への不安拡大・上海株式の急落などを招いてしまい、世界の株式市場にも「少なからず」の混乱が広がりました。

 2016年の1月早々にも全く同じことが繰り返され、2月中旬には世界中のほとんどの株式市場が安値(日経平均は14952円、NYダウは15973ドル)となってしまいました。

 さすがに中国政府も2016年半ばから資本規制を強化し、500万ドル以上の海外M&Aを事実上凍結したこともあり、現在は1ドル=6.9人民元を挟んで落ち着いており、外貨流出(外貨準備の減少)にも歯止めがかかっているように見えます。

 さてそれで問題は解決しているのでしょうか?

 まず外貨流出規制は中国の国内資金を再び国内不動産に向けてしまい、上海など大都市を中心に「すさまじい」不動産価格の上昇となっています。これを見て「中国の不動産はバブルであり、いずれ弾けて中国経済は大混乱に陥る」と心配されていますが、本当の問題はこれではありません。

 もともと中国のGDPに占める消費の割合は38%くらいで、総資本形成(官民の投資のことです)が46%くらいあります。「くらい」としているのは中国の国内経済統計はあまり信用できず、正確な数字を拾い出しても意味がなく傾向だけ把握できれば十分だからです。

 ちなみに日本のGDPは消費が56%、総資本形成が23%くらい、米国のGDPは消費が68%、総資本形成が17%くらいで、中国の経済は日米に比べて圧倒的に官民の投資(総資本形成)が大きいことになります。

 いくら中国のGDPが6%台後半だといっても、もともと中国は計画経済であるため、どうしても採算性のよくわからない投資を積み上げて「辻褄を合わせている」ことになります。いくら投資が多くても、それが付加価値の増大につながる「真面目な投資」であればいいわけですが、どう見てもそうではなさそうです。

 さらにその投資資金の大部分は外部負債を積み上げて(つまり借金で)賄っています。2015年末における中国の負債総額は168兆元(3120兆円)もあり、その時点で中国GDPの249%もあります。さらに直近でもGDP増加分の2.5~3倍のペースで負債総額が積みあがっています。

 わかりやすく言うと最近の中国経済は地道に付加価値を積み上げているわけではなく、官民を挙げて不動産(だけではありませんが)投資にのめり込み、しかもその資金は安直に負債(借入れ)で賄っているだけとなります。

 そして曲がりなりにも中国経済の信用の裏付けになっている外貨(ドル)は、ここ2年ほどの間に1兆ドルも「逃げ出している」ことを忘れてはなりません。中国経済はここ2年ほどの間に想像以上に劣化していると考えるべきです。

 地道に外貨を稼げなくなり安直な投資(投機)に走るようになった中国経済は、人民元を多少下落させたところで「ちょっと前までの勢い」を取り戻すことはできません。

 人民元の下落はその「中国経済凋落の始まり」を象徴しているはずです。


ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから
インフォカート版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:1 | TrackBack:0
■闇株的見方 » 経済 | 2017.05.09
関連記事
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム