Archive

闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

ソフトバンクは大丈夫なのか?

2017年08月09日

ソフトバンクは大丈夫なのか?


 本誌は以前からソフトバンクについて否定的な意見が多すぎるとのご批判がありましたが、ここ2年ほどは否定的な記事をほとんど書いていないはずです。

 むしろ昨年6月の株主総会でアローラ副社長(当時)の首を切ったことや、サウジアラビアのムハンマド副皇太子(当時、現皇太子)を巻き込んで10兆円ファンドをまとめ上げたなどの孫社長の行動力は、素直に賞賛していたはずです。

 そのソフトバンクが8月7日に2017年4~6月期連結決算を発表しました。日本の報道ではその記者会見における孫社長の「スプリントを軸に米携帯再編は合意が近い」との発言をそのまま大きく伝えていますが、実は「その発言」も含めていくつか気になるポイントがあります。

 そこで久々に、日本の報道がほとんど指摘していないソフトバンクの問題点を取り上げ、表題の「ソフトバンクは大丈夫なのか?」との記事となります。

 まず孫社長の「その発言」からですが、これは7月4日付け「スプリントが米通信・メディアの再編に組み込まれる?」で書いたように、最大のポイントはスプリントの通信設備を米通信・メディアの勝ち組であるケーブルテレビ最大手のコムキャストと同2位のチャーター・コミュニケーションズの連合に提供し、スプリントがその大規模な通信・メディア再編の中に組み込まれる可能性か出てきたという「大変に夢のある記事」でした。

 実はその独占交渉期間が7月末までだったはずで、実際にスプリントが(孫社長が)チャーター・コミュニケーションズに買収交渉を持ち掛けた形跡もありましたが、結局のところ何の進展もなく白紙に戻ったようです。つまりスプリントを「高値で売却する」あるいはソフトバンクが米通信・メディア再編に「首を突っ込める」ほとんど唯一の可能性が消えてしまったことになります。

 つまり今回の記者会見で孫社長は、再びTモバイルとの経営統合に話を戻しているだけですが、そもそもスプリントは時価総額も契約者数もTモバイルを大きく下回っており、経営統合のイニシアティブが取れるはずがありません。

 また常にソフトバンクに好意的な日本の報道では、今頃になって何とスプリントが(あるいはソフトバンクが)チャーター・コミュニケーションズを買収する可能性まで記事にしていますが、最初からそんな話ではありません。ただスプリントの2017年4~6月期のセグメント利益が1319億円と、前年同期比2.9倍となり、ソフトバンク全体の収益をけん引するようになっているのは「さすが」です。

 さて順序が逆になりましたが2017年4~6月期におけるソフトバンクの連結決算は、売上げが2兆1860億円(前年同期比2.8%増)、営業利益が4792億円(同50%増)となっていますが、最終純利益が55億円(同98%減)しかありません。

 それについては前年同期にアリババの売却益を2042億円計上しており、今期は逆に2571億円のアリババ関連のデリバティブ損失を計上したからとしか説明されていません。ソフトバンクは2016年6月にアーム買収資金をねん出するため保有するアリババ株式を79億ドル(8600億円、アリババ全体の4%に相当)売却しています。

 このうち29億ドルは単純売却で、前年同期に計上した2042憶円の売却益となっています。問題は残る50億ドルで、当時のソフトバンクの説明ではこの50億ドルのアリババ株式を担保に資金を調達し、返済は現金かアリババ株式かのどちらかをソフトバンクが選ぶことになっていました。

 アリババ株はそこから上昇していますが、それならソフトバンクは資金を現金で返済して値上がりしたアリババ株式をそのまま保有することになるはずで、契約途中の今期に損失計上となるはずがありません。またソフトバンクはこの関連において最終損益は9億ドル(1000億円)の損失となる(だから今期の損失の大半は戻ってくる)と説明しているようですが、その9億ドルは50億ドルの調達期間(たしか3年)の支払金利のような気がします。ドル建ての仕組債なので年6%くらいの支払金利となるはずだからです。

 要するに今期に発生した2571億円の特別損失の説明になっていませんが、そこを指摘する日本の報道はありません。

 さらに「ドル箱」の国内通信事業のセグメント利益が2184億円と、前年同期比8.6%減となっています。これは規制に守られた儲け放題の国内携帯電話事業が、ようやく格安携帯などに侵食されはじめたからですが、ソフトバンクの積極的な海外投資を支えている国内携帯電話事業が稼ぐ豊富なキャッシュフローが減少に転じていることは、気に留めておく必要があります。

 さらに10兆円ファンドが5月20日にスタートしており、さっそく今期から連結対象に組み入れ1068億円の評価益(エヌビディアのようです)を計上しています。これは最初から指摘されているファンド出資者との典型的な利益相反となるはずですが、全く気にせず堂々とソフトバンク本体の連結収益に含めています。

 また3兆3000億円で買収したアーム事業も、今期の売り上げが470億円で69億円のセグメント損失となっています。まあこれから大変に大きくなる事業だそうなので、ここはあまり気にしないことにしますが、それでもいろいろな「気になるポイント」が山盛りとなっているソフトバンクの2017年4~6月期決算でした。

 引き続き目が離せなくなりました。


ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから
インフォカート版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:8 | TrackBack:0
■企業 | 2017.08.09
関連記事
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム