Archive

闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

ノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロ氏とは?

2017年10月06日

ノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロ氏とは?


 スウェーデン・アカデミーは日本時間本日(10月5日)午後8時過ぎ、本年のノーベル文学賞はカズオ・イシグロ氏が受賞したと発表しました。

 前評判にもほとんど上がっていませんでしたが、世界的にも評価の高い作家のひとりです。日本では村上春樹氏しかマークしていなかったマスコミや書店などは大慌てとなっています。

 日本でも「知る人ぞ知る」作家ですが、それではこのイシグロ氏とはどういう作家なのでしょう?

 カズオ・イシグロ(石黒一雄)氏は1954年に長崎市で生まれ、5歳の時に一家で英国に移住し、そのまま英国籍を取得しています。英国では二重国籍が認められていますが、日本では認められていないため、1982年に日本国籍を放棄しています。

 したがってイシグロ氏は日系イギリス人となります。何度か来日していますが日本語はほとんど話せず、また作風にも日本人らしいところはありません。また作品には日本がよく出てきますが、ご本人によると「想像の産物」だそうです。

 イシグロ氏の代表作は、何といっても1989年に出版されたThe Remains of the Day(邦題:日の名残り)で、英国文学界の最高峰とされるブッカー賞を受賞しています。また1993年にアンソニー・ホプキンス主演で映画化され、翌年のアカデミー作品賞候補にもなりました。本誌も映画は見ていますが、原作者が日系人であるとは全くわかりませんでした。

 2005年出版のNever Let Me Go(邦題:私を離さないで)も有名で、2010年に映画化されています。また2016年には日本のTBSテレビがドラマ化しています。

 イシグロ氏は大変に寡作の作家で、長編小説は2015年に出版されたThe Buried Giant(邦題:忘れられた巨人)まで入れて7作品しかありません。

 余談ですがノーベル賞の賞金は900万クローナ(1億2400万円)で、文学賞は複数受賞がないため、すべてイシグロ氏が受取ることになります。

 さて今年のノーベル賞は10月2日から順次発表されていますが、残念ながらここまで日本人の受賞はありません。そこへ日系のイシグロ氏が受賞したことになります。

 明日(10月6日)には平和賞、9日には経済学賞が発表されますが、平和賞は「政治イベント」でしかなく、経済学賞はそもそもノーベルの遺志ではなく1968年にスウェーデン国立銀行の創設300周年祝賀の一環として生まれたものであるため、本年のノーベル賞発表も「山場」をこえたことになります。

 ちなみに9日に発表されるノーベル経済学賞の候補に、プリンストン大学の清滝信宏教授の名前もあります。受賞となれば日本人初の経済学賞となります。

 これも余談ですが、日本ではノーベル賞の賞金は無税ですが、経済学賞の賞金だけは課税されるそうです。理由は、経済学賞だけ賞金を財団(ノーベル財団)ではなく企業(スウェーデンの国立銀行)が支払うからです。

 さて本日は、本誌もイシグロ氏受賞のニュースを聞いて大慌てで内容を差し替えて書き直したため、時間の関係もありやや短くなってしまいました。

 最後に、本日「ボツ」にした内容(表題)は「今回の衆議院選挙はまるで応仁の乱」でした。小池都知事の師匠である細川元首相がそう批判しており、文句なく名言だと考えましたが、日の目を見ることはないと思います。



ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから
インフォカート版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:6 | TrackBack:0
■闇株的見方 » 社会 | 2017.10.06
関連記事
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム