Archive

闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

FRB新議長にパウエル氏

2017年11月02日

FRB新議長にパウエル氏


 トランプ大統領は日本時間本日(11月2日)早朝、来年2月に任期の切れるイエレンFRB議長の後任にジェローム・パウエルFRB理事を指名すると米国メディアが一斉に報じています。

 もともとトランプ大統領は日本などアジア歴訪に出発する前に新議長を指名すると表明していたため、このまま今週末(11月3日)にも正式決定となるはずです。

 ジェローム・パウエル氏は64歳で、ブッシュ(父)政権時に財務次官(国内金融担当)を務め、その後はカーライル・グループの共同経営者となり、オバマ政権時の2012年からFRB理事となっています。選ばれれば議長としての任期は4年(何度でも再任可能)ですが、パウエル氏の理事としての任期は2028年まであります。

 「決め手」となったのは、パウエル氏は共和党主流派に近く、またその金融政策はハト派(利上げに慎重派)であり、米国経済や株式市場にも「やさしい」はずであるといったところでしょう。

 数日前からパウエル氏が最有力と伝えられていましたが、上昇を続ける米国株式市場にとっては「さらに好ましい」決定となるはずです(ただし11月1日の取引終了後のニュースです)。また為替市場ではドル安材料となるはずで、本日(11月2日)早朝の東京市場では1ドル=114円前後の取り引きとなっています。

 ところでパウエル氏が正式にFRB議長となるためには議会(上院だけ)の承認が必要です。しかしトランプ政権発足後に唯一指名したランダル・クオールズ副議長(銀行監督担当副議長も兼ねる)の承認には3か月もかかっており、トランプ政権と議会との数多い政治折衝の材料にも使われるはずで、承認には来年2月ギリギリまでかかるはずです。

 イエレン議長は在任中に継続的な利上げとFRBの保有資産縮小に「道筋」をつけており、理事としての任期は残りますがこのまま退任(理事も辞任)となるはずです。

 さてトランプ政権発足後、銀行規制担当も兼任していたタルーロ理事が4月に辞任しており(その後任がやっと議会承認されたクオールズ理事)、フィッシャー副議長(金融政策担当副議長)も10月に辞任しているため、ここでイエレン議長も退任(理事も辞任)となると、定員が7名であるFRB理事に4つの空席が残ってしまいます。

 残っているFRB理事を数えた方が早く、パウエル議長(議会承認されるとして)、クオールズ副議長(銀行監督担当副議長も兼ねる)と、明らかに民主党に近いラエル・ブレイナード理事(女性)しかいません。

 ブレイナード理事はもしヒラリーが大統領となっていれば有力な財務長官候補だったため、このブレイナード理事まで「嫌がらせ」で辞任してしまうと、FRB理事会そのものが形を成さなくなってしまいます。

 FOMCの投票メンバーは、FRB理事(本来は7名)とNY連銀を必ず含む地区連銀総裁か毎年交代で5名が加わるため、議長さえいれば開催できなくなるわけではありませんが、地区連銀総裁の方が多数となれば金融政策の行方が読みにくくなります。

 FRBそのものもユダヤ系銀行が株主ですが、地区連銀もそれぞれ地元資本が株主となっており、必ずしもFRBの意向が働くわけでもないからです。FRBは(トランプ大統領は)少なくともフィッシャー副議長(金融政策担当副議長)の後任は早急に決める必要があります。

 しかし仮にトランプ政権が、金融政策担当副議長も含めて空席理事を「早急に」指名したとしても、それぞれ議会承認が必要となり、その前に議会が主催する公聴会も開催されなければならず(すでに押している議会のスケジュール調整が結構大変なはずです)、来年2月時点でもかなりの空席が残ったままとなりそうです。

 さらに来年にFOMC投票メンバーとなる地区連銀総裁も、超ハト派のニール・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁などが抜け、全体的にはタカ派が多くなるはずです。

 この辺は総裁・副総裁や審議委員の顔ぶれがどうなろうとも、現行の超緩和的な金融政策が変更されるはずのない日銀とは「かなり」仕組みが違います。

 FRB議長にパウエル理事が指名されることは、とりあえず好ましい進展ではありますが、これでFRBの新体制が固まったとはいえず、来年2月ギリギリまで混乱が続くことになりそうです。


ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから
インフォカート版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:0 | TrackBack:0
■闇株的見方 » 経済 | 2017.11.02
関連記事
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム