Archive

闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

あまりにも未熟でモラルが低い仮想通貨取引所はどうすべきなのか?

2018年02月21日

あまりにも未熟でモラルが低い仮想通貨取引所はどうすべきなのか?


 1月26日に(当時の時価で)580億円分もの仮想通貨・NEMが消えてしまった(要するに誰かに盗まれた)事件から3週間以上が経過しました。

 2月13日から円資金の顧客への払い出しが再開されていますが、これはもともと顧客が預けていた取引に使わない円資金が払い出されているだけで、肝心の消えてしまったNEMへの円資金での返金はもちろん、そのほかの仮想通貨全般の取引も、移管も、払い戻しも止まったままです。

 そこにきて同じように大手の仮想通貨取引所・販売所であるZaifにおいても2月16日、何と21億ビットコイン(現時点のビットコインの総発行量は1680万ビットコインしかないはずですが)が価格ゼロで売りに出され、すかさずすべて(いくら買っても必要資金はゼロです)買い占めた個人投資家がユーチューブに登場しています。Zaifでも大半の仮想通貨の取引や、払い出しが止まったままになっているようです。

 こちらの方はコインチェックのように仮想通貨が外部に流出してしまったわけではなく、被害は限定的なものとなりそうです。またZaifはテックビューロが運営しており、そのテックビューロ自身も昨年10月にICOで100億円の資金調達に成功しています。

 この2つの事例だけで決めつけるつもりは全くありませんが、どうも拡大する仮想通貨全体は、「できるだけ手っ取り早く大儲けしてしまおう」と考える集団でしかなく、顧客の資産を想定外のリスクから守らなければならないという「最低限のモラル」ももちあわせていない若造(失礼!)の集まりであるとしか思えません。

 すべてではないもののかなりの取引所が、自社と顧客の仮想通貨を(顧客ビジネスを行うにあたり)最低限必要な分別管理もしていないような気がします。

 さらに仮想通貨取引所との看板を掲げていたとしても、実際に取引所で売買されるほど流動性がある仮想通貨はビットコインくらいで、残る仮想通貨は取引所が販売所も兼ねており、流動性の少ない仮想通貨は取引所が自ら保有する仮想通貨を顧客に(手数料をたっぷり乗せて)販売しているようです。

 つまり取引所部門と自己売買部門が「同居」していることになり、日本に限らず世界の証券会社では絶対に許されません。

 ところが昨年後半から仮想通貨全般の価格が急上昇したため、(本来はタダ同然の価格で仕入れた仮想通貨をすべて販売してしまったあとも)そんな高値でも買ってくれる顧客がいるので「つい」手持ちのない仮想通貨でも高値で販売したところ、そこから価格がもっと上昇して二進も三進も(にっちもさっちも)行かなくなっていたと考えます。

 これは2014年6月に発覚したマウントゴックス事件でも、フランス人の元社長が当時1~2ドルだった顧客のビットコインを「くすねて」いたところ、その価格が1000ドルをこえたため破綻しただけです。外部への流出もあったようですが、それがすべてではないはずです。

 このような状態はコインチェックだけではなく、同じような状態となっている仮想通貨取引所・販売所があるはずです。金融庁は現時点で16の仮想通貨取引所と販売所を登録していますが、コインチェックを含む16の取引所・販売所は登録前の「みなし取引業者」としたままです。

 金融庁も人数が限られているため、登録済みも含めて32もの取引所・販売所をすべて立ち入り検査することができず、かといって放置しておくこともできず、とくに「みなし取引業者」から問題が噴き出て来ないよう、祈るように待っているはずです。

 日本以外のほとんどの先進国では、仮想通貨そのものは禁止していませんが、取引所やICOなど問題が起こりそうなところだけを規制しています。ICOとは、日本において同じことを金融市場で行えば明らかに犯罪となるものの、仮想通貨で行えば(すぐに法定通貨と交換できます)全く問題がないため、一般投資家が大損する前に禁止してしまうべきです。

 日本において仮想通貨とは、この辺を含めて丁寧な顧客保護に努めなければ、どこかでもっと大問題が起こってしまうはずです。


ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから
インフォカート版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:1 | TrackBack:0
■闇株的見方 » 経済 | 2018.02.21
関連記事

メルマガ「闇株新聞 プレミアム」のお知らせ

2018年02月18日

メルマガ「闇株新聞 プレミアム」のお知らせ


 2月19日(月曜日)の夕方に、予定通り配信します。

 予定内容です。


メインテーマ 1 株式市場が回復し始めたと思ったら、今度は「円高」がきた

 先週(2月12~16日)、米国の長期金利高やドル安が収まらないまま米国をはじめ世界の株式市場が回復し始めたと思えば、今度は一時1ドル=105円台の「円高」となりました。一応は年初に「今年前半は円高」と予想しておきましたが、その時点で考えた理由と実際との違いを検証しておく必要もあります。

 ちょうど日銀総裁に黒田氏が再任されそうな(衆参両院の議会承認が必要です)タイミングに合わせた円高進行ですが、再任となった舞台裏もできるだけ明らかにしておきます。

 またロシアゲート疑惑捜査も最終段階に入っていますが、その落としどころも予想しておきます。ただ全体的には久しぶりに日本の話題が多くなりそうです。


メインテーマ 2 株式市場における今後の「勝ち組」「負け組」 2018年・春版 その2

先週書き残した楽天からですが、その前に先週書いた富士フイルムにも早速「続き」がありましたので、そこも付け加えておきます。

 あとはリクエスト頂いていたヤマトHDの予定です。今回は最初からリクエストを受け付けていますので、質問コーナーにどしどしお寄せください。


お勧め「書籍」「映画」「絵画」

 まだ決めていません。


今週の相場観

 今週の株式・為替・国債・商品など各市場の動きについて考えます。


質問コーナー

 できるだけすべてのご質問にお答えするつもりです。本日(2月18日)深夜まで受け付けています。


ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから
インフォカート版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから

どちらからお申し込みいただいても次の月曜日から同じ内容のプレミアムメルマガを配信いたします。
インフォカート版は、お申し込みの月のバックナンバーも配信されます。

それから「闇株新聞」を、定刻の午前零時以前に「できあがり次第」メール配信しております。
今週はダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」をご紹介いたします。

20日間の無料お試し購読期間があります。
(無料お試し購読期間等や詳細につきましては、DAIAMOND PREMIUM MAILMAGAZINEのよくある質問ページをご覧ください。)
ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」はこちらから

※ダイヤモンド版とインフォカート版はどちらをお申し込みいただいても配信する記事の内容は同じです。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:0 | TrackBack:0
■未分類 | 2018.02.18
関連記事
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2018年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム