闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

証券取引等監視委員会・特別調査課

2014年01月22日

証券取引等監視委員会・特別調査課


 まず昨日の「小野田寛郎・元少尉と陸軍中野学校」で、1つ書き忘れていました。

 小野田氏の死去は中国でも報道されていますが、大変に意外なことに小野田氏に対する敬意や称賛のコメントが多く寄せられているそうです。中国にとって小野田氏は「日本軍国主義の象徴」のはずですが、それでも(一部かもしれませんが)称賛の声が出ています。

 これは今後の中国(だけではありませんが)への対応の、重大なヒントになります。

 「中国人でも本物の日本人は認める」のです。

 現在の日本の政治家や官僚は、「本物」とは認められていないのでしょう。

 さて本日の話題です。

 最近、闇株新聞は株式市場の記事が少ないとのご指摘をよくいただきます。たぶん本誌に期待されている記事とは、株式市場や上場会社を舞台にした「事件」のことだと思います。

 もちろん株式市場や上場会社の「事件予備軍」は数多くあり、本誌が認識しているものだけでも結構あります。

 しかし株式市場や上場会社の「事件」とは、必ず証券取引等監視委員会(以下「監視委員会」)が調査することになっており、監視委員会が取り上げて「事件化」しなければ、その前の段階で本誌が記事にしても単なる「ゴシップ記事」となってしまいます。

 いつも書くのですが、監視委員会は悪質な順番に事件化してくれるわけではありません。 

 その監視委員会とは、市場分析審査課、証券検査課、取引調査課、開示検査課、特別調査課にわかれて監視していますが、この中で最も「事件」に関わるところが犯則事件の刑事告発を行う特別調査課です。

 ところが特別調査課が刑事告発する事例は年々減少しており、平成25年度(平成25年4~12月現在)は「何と2件」だけです。

 その2件とは、4月の「イー・アクセス社員による内部者取引(つまりインサイダー取引)事件」と7月の「セントラル総合開発株式会社株券の相場操縦事件」です。

 その前年の平成24年度は7件でしたが、その大半が取引業者を定期検査する証券検査課が「たまたまみつけてきた」AIJ投資顧問とアイティーエム証券に関するものでした。

 また平成23年度の終わりにはオリンパス事件を刑事告発していますが、これもたまたま英国のFTがウッドフォード社長(当時)のタレコミを記事にしたので、動かざるを得なくなったものです。

 つまりここのところ特別調査課が独自に事件化したものが「非常に少ない」のですが、特別調査課は104人もいます(監視委員会全体では400人)。

 特別調査課とは、本来は開示検査課が行うIRや有価証券報告書の虚偽記載や、取引調査課が行うインサイダー取引や相場操縦などから、「時に悪質なもの」を取り上げ刑事事件化するところです。

 このように書くと「刑事事件になるほど悪質な経済事件が少なくなっているのは、株式市場にとって好ましいことではないか?」と思われるのですが、さきほども書いた通りに監視委員会とは(特に特別調査課は)、悪質な順番に摘発してくれるわけではなく、いろいろな事情から控えめに活動しているのでしょう。

 したがって本誌が、「事件」について書く機会がほとんどなかっただけです。別に翼をもがれたわけではありませんので、ご安心ください。

 ところで、いろいろな状況から今年は監視委員会の特別調査課が大活躍しそうな気がしています。急に悪質な事件が増えるのではなく、監視委員会あるいは特別調査課の事情が少し変化し始めているからです。

 当然に本誌の取り上げる「事件」も増えてくるはずです。

 楽しみに待っていてください。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:2 | TrackBack:0
無料メルマガ配信(不定期)
↓↓↓
メルマガ購読・解除
 
関連記事
コメント
悪質な順番に立件はされないがオリンパスの様に告発をされたら動かざるを得ないのであれば闇株新聞のやるべきことは一つしかないと思います。当局が動くように不正を告発するべき、その為の「闇」「株」新聞でしょう。

ゴシップと言うのは根拠もなくまたソース自体も疑わしい内容だと思いますよ。簡単に言うと面白おかしく書いた嘘だと思います。
事件化されないからゴシップだと認めているんであればそもそもそのソース自体の根拠が曖昧なんじゃないですか?
例えばリストラされたりした元社員からの証言など。

事件化された後に実は私たちは半年前からこのネタを掴んでいましたなんてそんな記事に値打ちはありませんよね?
事件化される前に記事にするべき。

当局の体質を言い訳するなら闇なんて付けずに「株新聞」でいいんじゃないですか。

逆でしょう。当局が動かないからメディアが動く。それでこそ民主主義。
不公正ファイナンスの疑わしいライツ・オファリングの動向に注視していくらしいですね
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2017年03月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム