闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

ソニー・ゴールドマン・オリンパス

2014年01月29日

ソニー・ゴールドマン・オリンパス


 別に「連想ゲーム」ではありませんが、最後まで読んでください。

 1月27日にMoody’sが、ソニーの発行体格付けと長期シニア無担保社債格付けをBaa3からBa1に引き下げ、要するに投機的あるいはジャンク債格付けとなりました。S&Pはまだ投資適格のBBBですがアウトルックは「ネガティブ」で、Fitchではすでに投機的のBBマイナスとなっています。

 ソニーといえば2012年12月に1500億円の新株予約権付社債(転換価格957円)を発行したのですが、その75%の1125億円をゴールドマン・サックスが一旦販売したヘッジファンドから買い戻してリパッケージしています。

 その仕組みは改めて繰り返しませんが、ゴールドマン(の組成したSPC)が提出した大量保有報告書および変更報告書を辿っていくと、ゴールドマンは資金負担を肩代わりしたヘッジファンドから年間4%ほどの「金利」を徴収しています。

 2013年5月28日にヘッジファンドに売り戻した単価が89.96(株価で860.96円)、同年11月28日は91.98(株価で880.26円)なので、その単価差は年率4%(額面に対して)、途中償還までの3年間で12%にもなるはずです。この単価差はもちろん全額がゴールドマンの収益となります。

 それに対してゴールドマンのコストはこの1125億円の調達金利だけで、これは全額「ゴールドマンに都合のよいときだけ利用される」三井住友銀行が「超プライムレート」で提供しているはずです。変動金利だと思うので年利0.5%、3年間で1.5%程度でしょう。円LIBORが突如上昇すれば別ですが、そんな心配はいりません。

 つまりどう考えてもゴールドマンの利益は年間3.5%、途中償還までの3年間で10.5%となります。当初の残高が1125億円であり、昨年末の時点で572億円に半減しているので収益の絶対額を計算するのは難しいのですが、50億円以上にはなるはずです。

 もちろんこれはその後のソニー株価の上昇は一切関係なく、逆にソニー株価が低迷していれば転換が遅れるため、かえってゴールドマンの収益は大きくなります。

 それではそのゴールドマンの収益50億円はどこから出てきたのでしょう? それは「公募増資だと増資インサイダーなどイメージが悪いので、御社(ソニー)にふさわしくないですよ」とでもゴールドマンに囁かれて、まんまと新株予約権付社債にしてしまったからです。

 実際に新株予約権だけを有償で発行して、行使されるまでは三井住友銀行から同じ「超プライムレート」で資金を調達していれば、ソニーに(発行手数料以外に)その50億円が残っていたのです。

 ゴールドマンとはそれほど油断も隙もない会社で、ソニーとは(だから格下げされたとはいいませんが)それほど「おおらかな」会社なのです。

 そのゴールドマンのことで、今でも不思議に思っていることがあります。

 それは2011年10月14日にオリンパスのウッドフォード社長(当時)が解任され事件化していくのですが、実はその前日の10月13日にゴールドマンは自己勘定でオリンパスの株を83万株も空売りしていたことです。

 これはその後も全く問題にならなかったのですが、ゴールドマンのオリンパス株の空売りはピークで194万株になり、同年11月9日にほとんど買い戻して22億円の利益を上げていたはずです。ゴールドマンはどうしてウッドフォードの解任を知ったのでしょう?

 ウッドフォードは1000万ポンド(当時の為替で12.4億円、現在の為替なら17億円)の退職金をせしめて、誰からも非難されずに帰国しました。

 オリンパス事件は、もうすっかり「終わったもの」として忘れ去られています。

 オリンパス事件で「指南役」とされた何人かの裁判が「ひっそりと」始まっています。誰も注目していませんが、いろいろと「興味ある事実」が明らかになりつつあります。

 その中には今まで決して表に出ていなかったウッドフォードや、ゴールドマンなど外資系金融機関の「トンでもない事実」もたくさんあります。

 やはりオリンパス事件とは、その「ほんの1部」が事件化しただけで、その闇はもっともっと深いのです。

 その辺りをまた明らかにする機会が出てきたようです。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:12 | TrackBack:0
無料メルマガ配信(不定期)
↓↓↓
メルマガ購読・解除
 
関連記事
コメント
1月11日付"ゆりか"様
1、ゆりか様へ  あなた様の言説は、無用の長物と心得たし。現代世界において、凡そこの世において、原発問題について、「良いとも  悪いとも」言わない、「反対でも、賛成でもない」とは、コメントを書く資格無し。つまり自らの立場を明快にしないで、どんな論理展開をしても説得力を持たないのです。暇を見て、脳神経外科を受診し、「シナプスの配線に異常がないか」と精密検査をしてもらっては、いかがかな。2、闇株新聞殿・・・1月29日付記事、興味深く面白く読ませていだきました。ありがとうございます。ツマラヌ人間が、自分の知力・能力を棚に上げ、貴誌にケチを付け悪罵を投げつけるが弱い犬の遠吠えの如し。さらには、そのようなコメントを堂々とアップする闇株の度量の深さに拍手喝采。3、ひとつ提案です。画面上に「記事一覧」があるように、日付順の「コメント一覧」を作ることは、出来ないものなのでしょうか? パソコン音痴の私には、技術的なことは皆目不明、悪しからず。
うーん
「興味ある事実」と「トンでもない事実」の内容に全く
述べられず記事になってません。
がっかりです。
ぜひ闇を明らかにして下さい。
期待しています!
非常に面白く、毎日読んでます。
続編期待してます。
胴元の胴元GS
オリンパス事件では日経CNBCでもキャスターが暴落直前にゴールドマンの貸し株集めを報じていました。一瞬空売りを連想ましたが、料率が上がっていたでしょうね。規制はかかってはいませんでしたので報道後でも間に合いましたね。当然GSは一人相撲で勝ってしまいました。売り長者の方のコメントお願いします。ウッドフォードが証拠をそろえてGSにタレこんだともっぱらの噂でしたね。SECならこんなミエミエは見逃さないでしょうに、日本では治外法権です。まだある闇を聞いてみたい。ソニーにはどなたか闇株氏を推薦してあげてください。
またオリンパスネタですか。
ウッドフォード元社長がネタをリークして退職金と外資からの報酬を受け取ったとします。ではそれをスクープしたFACTAはどうなるんですか?彼らは利用されたのか、それとも一枚噛んでいるのか?

闇株新聞はFACTAのスクープのネタがどこから持ち込まれたか調べてはいかがですか?社長自らが告発をするなんてインサイダー情報は100%勝てる相場になる。

FACTAはJトラストの質問状にもオリンパス事件のスクープを自慢していましたね。それがそもそもインサイダーに利用されたか、またはインサイダーの発信源となればFACTAの存在意義にもかかわると思います。

普通に想像力は巡らせればFACTAも告発の裏で不正をする事は簡単だと思います。
しかし、闇株新聞はそういう点には触れず、FACTAに対して企業の不正を告発するすばらしい情報機関のように扱っていますね。

まぁこれも無視されると思いますが。
大きな勘違いをしているアホがいるようだ。
ここは掲示板ではなくて、闇株新聞のコメント欄。
ここで他のコメンテータの悪口書いてどうするの?
ここでは闇株新聞へのコメントを書きましょうね、坊や。
FACTAには公開質問状をどうぞ
阿部さんは格の違いで一般的に不正をするとは誰からも思われていません。そうでないと事件です。普通のタブロイド誌はそう思われているでしょう。闇株新聞は名前からして素晴しい情報機関とは誰も思わないでしょう。しかし阿部さんは闇株新聞を激励していましたよ。微妙な領域をお互い棲み分けてということでしょう。この件は阿部さん本人に聞きましょうね。いかんせんコメントの内容が、なんとゆうか、うーん。
公開質問状?
あれだけ大騒ぎさせておいて、あのスクープ記者らは何をやっているのか?FBIターゲットの取材はこれから!?
このままだとオリンパス事件の映画化で喜劇役者は以下略。。
>真の愛国者 ゆりか さん

記事の最初に連想ゲームと書いたのは闇株新聞さんです。その連想ゲームでFACTAのネタ元に触れないのはちょっと手心が加えられたと感じるでしょ。

ウッドフォード氏はインサイダーをしていたかもしれない。ただしFACTAはしていません。これじゃあ納得いかないでしょ。
最初から根拠がない想像なんだからFACTAに対してもそういう不正の想像は普通に考えをめぐらせれば誰もが思う事でしょ。それをしないなんて。

他紙の記者の批判ではありませんよ。闇株新聞さんに対しての批判です。読めばわかるでしょ。
会社乗っ取り
事件発生から二年たった今、冷静にあの頃を振り返ってみるとオリンパス事件とは  "ウッドフォード元社長の株価を人質に会社乗っ取り" だったように思える。
CEOの解任を確信した元社長からリーク情報を得たGSインターナショナル社(本社ロンドン)は解任前日にも関わらず拙速に空売りに走った。
英国騎士と英国籍のGS インターナショナル社という組合せは解り易すぎる。
捜査当局も報道も、最初からこの構図に気が付いていたからアレほどまでにウッドフォードの動向にまとわり付いていたのではないだろうか。
あの報道スタンスは内部告発をした英雄の追っかけなどではなく、いつ馬脚を現すであろう犯罪者を追いかけるものだった。
焦点は元社長の身柄拘束はいつか?
ところがウッドフォードは社長に返り咲く夢こそ絶たれたものの訴追されることは無かった。
敗戦国が戦勝国のナイト様を訴追することがいかに難しいかということだろうか。
はたまた戦勝国のGS本社が立ちふさがったのであろうか?
オリンパス社が騒動の初期にウッドフォードに対する役員報酬の支払いをストップした理由は "重大な非行行為" があったからだとコメントしていた。
その後、オリ社と元社長は金銭的に和解して、そのことはうやむやとなった。
"重大な非行行為" とはいったいなんのことだったのだろう?
米投資会社が保有するソニー全株を売却
 アメリカの投資会社「サードポイントLLC」が、ソニーへの経営提案が受け入られなかったことなどから、保有していたソニーの全株式を売却したことを明らかにした。
サードポイントは、ソニーがパソコン事業から撤退したことや、2015年にテレビ事業の収益が改善する見通しであることを評価した上で、これまでのソニーへの投資で20%の利益を得たとしている。
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2017年03月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム